稲垣、草なぎ、香取主演映画『クソ野郎と美しき世界』2週間限定上映

PopCherry
元SMAPのメンバー3人での映画公開!2週間のみの上映内容まとめ
『クソ野郎と美しき世界』2週間のみの上映
稲垣、草なぎ、香取の元SMAPメンバーが主演

草なぎツイッターには

大量のギャラリーたちとのショット
似顔絵のボード
劇場においてあるスタンプとのショット
盛岡にて
大勢の観客と草なぎ

稲垣、草なぎ、香取、40代の意思表示──『クソ野郎と美しき世界』映画レビュー

ジャニーズ事務所退所後、初の映画作品を語る稲垣・草なぎ・香取
稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が主演する映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日に公開された。
稲垣、草なぎ、香取、40代の意思表示──『クソ野郎と美しき世界』映画レビュー(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

SMAP解散からはじめての映画

稲垣吾郎は同作についてクランクイン前の2月に話を聞いた時、「新しいスタートを切った僕たちの1発目の作品になるので、わかりやすく3人のキャラクターを反映した上で、これから僕たちがやっていきたい活動を意思表示していけたらと思います」と語っていた。
記者は2月から各エピソードの現場取材を行ない、公開初日に映画を観た。今のかれら3人の持ち味が詰まった作品だった。それは、40代になって新たなスタートを切ったかれらがこれから心血を注いで、良い味を出していきそうな側面である。
稲垣、草なぎ、香取、40代の意思表示──『クソ野郎と美しき世界』映画レビュー(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

左から映画主演の香取、稲垣、草なぎ

稲垣の場合はいかにも天才ピアニストらしいコミカルな、そしてどこか突き放したような飄々とした演技が光っていたし、本人役で出演した香取は、劇中に自身の絵画作品20点以上を提供、本人が「普段にいちばん近い」と語るボソボソとした口調や相手と話すときの伏し目がちな視線がリアルで、香取のナイーブな一面がよく出ていた。傷つけあいながらも決して離れない草なぎ剛と尾野真千子の演技も必見もののすばらしさだ。草なぎの演技者としての懐の深さがあらためて印象に残った。エピソードごと20分ほどの限られた短い時間の中で、それぞれのキャラの濃さに驚く。
稲垣、草なぎ、香取、40代の意思表示──『クソ野郎と美しき世界』映画レビュー(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

映画舞台挨拶をする出演者

映画公開初日の夜には、二子玉川の109シネマズで3人と4人の監督が集う舞台挨拶が行われた。映画は4月20日までの公開2週間で15万人の来場を目指すという。1日ごとに累積動員数を映画の公式ホームページで発表していくそうで、初日の来場者数は3万4855人、2日目までの累計は6万1176人だった。15万人と言わず、もっと多くの人に観てもらいたい作品だと思った。

『クソ野郎と美しき世界』
4月6日(金)から20日(金)までの2週間限定公開作品。全国86(野郎)舘の映画館にて上映中。
稲垣、草なぎ、香取、40代の意思表示──『クソ野郎と美しき世界』映画レビュー(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

4月6日、「新しい地図」の映画「クソ野郎と美しき世界」の公開初日舞台あいさつに二子玉川の映画館「109シネマズ」へ足を運んだ。監督4人と稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の主演3人が登壇してトークを行うのだが、それが各地に中継されるという試みだ。
その日、監督やキャストたちは各地の映画館で舞台挨拶してそこに集結。7日以降も手分けして各地の映画館で舞台あいさつを行うという。かなり熱のこもった取り組みだが、ファンとの触れ合いの場を作るという目的もあるのだろう。舞台挨拶の行われる映画館はチケットがほとんど完売だという。
「新しい地図」の映画「クソ野郎と美しき世界」初日舞台あいさつとファンたちの熱気(篠田博之) – 個人 – Yahoo!ニュース

動員数が映画公式サイトにアップされている。4月7日現在で観客動員数61176人

https://matome.naver.jp/odai/2152319808561371001
2018年04月17日