海の色の違い「なぜ青や緑に見えるの?」

にゃあああああん
海の色の違い、なぜ黒っぽかったり青やエメラルドグリーンと色んな色に見えるんでしょうか?南国の海が綺麗な理由

海の色について
どうして、ハワイやグアムなどリゾート地の海はエメラルドグリーンの透き通った色なのに、日本の多くの海は濃い青なのですか?
海の色について どうして、ハワイやグアムなどリゾート地の海はエメラ | 教えて!goo

理由は二つです。

・南の海は北の海より酸素と二酸化炭素が少ないから

南の海は当然ですが、海の温度が高いです。ちょっと理科の知識になりますが、温度が低いほうが酸素などの気体は多く取り込むことができるようになります。

ですので、北の冷たい海のほうが酸素などの栄養分が多くてプランクトンが豊富になり、南の海はプランクントンが少なくなります。

・陸から遠い

地図を見てみると分かると思いますが、基本的にグアムから南側は陸地そのものが少なくなります。ですので、陸地の川から栄養分を供給されることが少なくなり、プランクトンが少なくなります。

オホーツク海なんて、恐ろしく条件が良い(寒くて陸地が海を囲んでいる)ので、そこから流れてくる親潮は栄養分が豊富で魚が多い、だから日本近海は魚が多いということになります。

ということで、南の海はプランクトンが少なく、エメラルドグリーンの海になるわけです。
海の色について どうして、ハワイやグアムなどリゾート地の海はエメラ | 教えて!goo

エメラルドグリーンの海は「プランクトンの少ない海」です。南国の海、ハワイ・グアム・モルディブなどは日本に比べてプランクトンが少ない海なので、エメラルドグリーンに見えます。沖縄も本州に比べれば少ないですが、グアムなどの南国に比べれば多めなので、グリーンよりも青に見えることも多くあります。

その違いのうえで、基本的に海は赤い光を吸収して青い光だけ反射させます。海が深くなればなるほど、光を反射しなくなるので、青から藍色の海の色になっていきます。

水深が浅く、プランクトンが少なく、下がサンゴなどで白いときれいなエメラルドグリーンになりますが、水質が悪いと濁った色になっていきます。
海の色について どうして、ハワイやグアムなどリゾート地の海はエメラ | 教えて!goo

https://matome.naver.jp/odai/2151998421428027801
2018年03月02日