妊婦さん必見!妊娠中でもディズニーランドを楽しめるテクニック!

yuichi11
妊娠中でもディズニーランドを楽しみたい方必見。

妊婦さんでもディズニーランドを楽しみたい!

妊娠中はつわりや体の変化などで心も体もボロボロになりやすい時期。こんなときは好きなことをやってリフレッシュしたいからと、ディズニーランドに行きたい!
そう思う人も多いのではないでしょうか。

でも・・・体調にだけは気を付けて

妊娠中は様々なトラブルが起こるリスクも多くあります。
これを読んでディズニーランドに行こうと思ったあなたも、体調にだけは気を付けて無理のない範囲で楽しむようにしてください。

持ちものリスト

母子手帳・マタニティマーク
帽子
日焼け止め
小さなイス(パレード待ちに)
歩きやすい靴
できればパンツスタイルのほうが動きやすい
水分補給用の水筒
レジャーシート
気候によっては上着・ひざ掛け・毛布など
冬場はカイロ
スプレータイプの日焼け止め
妊婦さんも楽しめる!ディズニーリゾートはこう回ろう | プレママLabo

基本はショーやパレードの鑑賞

妊婦さんは座ってゆっくり見ることのできるショーやパレードの鑑賞がおすすめです。
ショーの中には抽選制のものもありますので、公式情報をチェックしてください。

ゲストアシスタンスカードを利用しよう

ゲストアシスタンスカードは、疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。
カードには利用される方のお名前とグループ人数、その方に合わせたお手伝いの内容(ベビーカーのままご案内/ご希望の席にご案内/待ち時間経過後にご案内)が記載されます。
東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト

ゲストアシスタンスカードは、ディズニーに来園した当日メインストリート・ハウス(入場してすぐ左折する)でもらえます。
【超お得】ゲストアシスタンスカード!妊娠8ヶ月でディズニー! | 妊婦力

使い方はとても簡単

ゲストアシスタンスカードはアトラクションの前に立っているスタッフさんに見せます。
すると、見せたときのアトラクションの待ち時間を確認してゲストアシスタンスカードに記入してくれます。
つまり、見せたときのアトラクションの待ち時間例えば60分なら、60分後の時間を記入され、60分後に再びそのアトラクションに訪れゲストアシスタンスカードを見せると、ファストパスの人と同様の列に並びすぐにアトラクションを楽しめます。
【超お得】ゲストアシスタンスカード!妊娠8ヶ月でディズニー! | 妊婦力

ただし、ディズニーランド内で使えるものは「ミッキーの家とミートミッキー」「キャンプウッドチャック」の2か所のみです。それ以外の施設では使えないので注意しましょう。

妊婦さんが乗れないアトラクション

●ビッグサンダー・マウンテン
●スペース・マウンテン
●スプラッシュ・マウンテン
●ガジェットのゴーコースター
●スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

当然ですが絶叫系のアトラクションは妊婦さん禁止です。
これは我慢するしかありません。

それ以外のアトラクションはなんでも楽しめるが、自己責任で!

禁止されていないアトラクションでもバーがお腹にあたることや、想像よりもアトラクションが揺れることがあります。また緊急時には通路や階段で移動を余儀なくされることも。最後は自己責任で楽しむようにしてください。

おすすめのアトラクション

フィルハーマジック

3D眼鏡をかけて、ディズニーの名作の世界に紛れ込んでいくというストーリー。映画館のような椅子に座っての鑑賞なので妊婦さんでも安心して楽しめる。

イッツ・ア・スモールワールド

かわいい人形がたくさん登場するアトラクション。童心に返ることができるアトラクションです。

ウエスタンリバー鉄道

アメリカ西部の開拓時代にタイムスリップ!

蒸気船マークトゥウェイン号

蒸気船に乗ってアメリカ西部の河を旅するアトラクション。

カントリーベアジャンボリー

かわいい熊たちの演奏会。

買い物は空いてる午前中に!

ディズニーリゾート限定販売のベビーグッズなどを買うのがお勧めですが、夕方~夜は多くのゲストで店内が混雑して危険です。ゆっくりと買い物できる午前中のうちに購入してロッカーに入れておくことをおすすめします。

https://matome.naver.jp/odai/2151929769444609001
2018年02月22日