肌のトラブルを多く引き起こす乾燥肌 その原因と対処法とは?

egawomsiete
しわやニキビ、痒みを生じさせるなど非常に厄介な肌のトラブルを引き起こすのが乾燥肌です。そんな乾燥肌の予防や対策には、睡眠や食事、入浴などの生活習慣や、衣類などのチェック が大事なポイントです。

■乾燥肌とは

乾燥肌とは、角質細胞間脂質が減少したり、皮脂の分泌量が減ってしまうことによって起こる肌トラブルです。肌が水分を含む量を示す水分含有量が低下している状態になり、肌の潤いがなくなったり、カサカサした状態になってしまいます。このような肌になってしまうと肌に柔軟性がなくなり、皮膚がもろくなってひどい場合、ポロポロとめくれることもあります。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510303

■肌が乾燥する主な「原因」

ストレスが原因にもなることは驚きです

・冬の乾燥した空気や暖房

肌は外気の影響を受けやすいため、季節が変わると肌トラブルが起こることも。特に空気が乾燥する冬は、いつもは健康な肌でもカサカサの状態になりやすくなっています。室内のエアコンも、乾燥を引き起こす原因に。
「乾燥肌」の原因って?おすすめ対策とは? | Lidea(リディア)

・過労やストレス

過労やストレスは、自律神経の失調を招きます。それにより血行が悪くなったり、腸の働きが低下したりして、肌のトラブルを引き起こします。また、ホルモンのバランスも崩れるため、ターンオーバー(肌の代謝サイクル)にも影響をおよぼします。
「乾燥肌」の原因って?おすすめ対策とは? | Lidea(リディア)


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510503

・偏った食生活による栄養不足

偏った食生活も、乾燥肌の1つの原因と考えられています。肌に良い「必須脂肪酸」や「カロテン(ビタミンA前駆体)」などの栄養素が不足することも、肌トラブルの原因となります。
「乾燥肌」の原因って?おすすめ対策とは? | Lidea(リディア)

・入浴

入浴後20〜30分たつと、肌は入浴前より乾いた「過乾燥」状態になってしまいます。入浴後の過乾燥には、入浴時の大きなリスク「洗うリスク」と「つかるリスク」が関係しています。
「乾燥肌」の原因って?おすすめ対策とは? | Lidea(リディア)


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510603

●男性の乾燥肌の原因

男性の感想肌の原因は、スキンケア不足です。洗顔後、化粧水だけを軽くつけるだけではいけません。化粧水は蒸発しますので、きちんと乳液やクリームで肌にふたをし、化粧水を肌に閉じ込めることが大切です。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

剃刀を使うたびに肌は傷つき乾燥します。なぜなら、剃刀をあてる度に角質層まで一緒に削ってしまうからです。少しでも肌への負担を減らすためには、切れ味の良い剃刀を使い、優しく肌を滑らせるようにしましょう。あわせて、低刺激なノンアルコールのシェービングフォームなどを使うことが大切です。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510703

●乾燥肌の原因が病気の場合

1年中肌が乾燥してかゆみがある場合は、病気である可能性があります。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

・アトピー性皮膚炎

激しい肌の乾燥によりかゆみが常に発生し。皮膚をかくことで肌が厚くなり、症状が進むと色素沈着を起こし肌が黒ずむこともあります。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

・甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が低下することにより甲状腺のホルモンが不足して、発症します。肌の乾燥が激しくなり、かゆみがとまらなくなるだけではなく、身体の代謝が悪くなり、睡眠や記憶障害、精神機能の低下、抜け毛など重度の症状に悩まされます。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

●春に肌が乾燥する理由

・ストレス

春は周りの環境が変わることで、知らずにストレスを感じ、そのために起こる血流不良が肌の乾燥を引き起こします。ストレスは自律神経に作用し、緊張による交感神経が優位になります。そのため末端まで血液が行き渡りにくくなり、結果、肌に栄養が十分に行き渡らず代謝が低下し、肌がゴワゴワして水分が肌に入りにくくなり、乾燥しやすくなります。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

・紫外線

春に強くなる紫外線は、メラニン細胞を刺激してシミなどを引き起こすほかに、紫外線から守ろうとして角層が厚くなる肌の働きを起こします。そして血行が悪くなり、肌のターンオーバーがうまくいかないことで肌が乾燥し、紫外線の影響によるターンオーバーの崩れが起こって、さらに乾燥が進みます。
乾燥肌の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510803

■肌への対策

•入浴時にはナイロンタオルやブラシでこするのを避ける
強くこすると一時的に気持ち良く感じるが、皮膚表面を傷つけ、かゆみを悪化させる。

•入浴時のお湯の温度はぬるめに
熱刺激はかゆみを増す原因となる。42℃以上の高温は避け、ぬるめのお湯につかる。

•入浴後は早めに保湿成分の入ったクリームやローションを塗る
入浴後はすぐに皮膚が乾燥し始める。体を拭いたらなるべく早く保湿剤を塗る。
症例図鑑「乾燥肌」|プロに教わる。自分で治す。-ヒフノコトサイト

衣類は、チクチク・ゴワゴワしない素材を選ぶ
体を締めつけすぎないサイズを選び、化繊など肌を刺激する素材を避ける。

•掻き壊さない
かゆくても出来るだけ「掻かない」ことを念頭に。爪は短く切っておく。
症例図鑑「乾燥肌」|プロに教わる。自分で治す。-ヒフノコトサイト

■顔の乾燥のケア方法

顔の肌が乾燥する原因は、さまざまなことが考えられます。
●加齢
●紫外線によるダメージ
●湿度や気温の変化
●生活習慣(睡眠時間・食生活)
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

乾燥肌の対策や予防として、生活習慣の見直しが重要

化粧水でのケア方法

乾燥した肌に水分を与える化粧水は、乾燥肌のケアになくてはならないものです。そのため、クリームや乳液で油分を補う前に、化粧水で水分を補うケアを行いましょう。

化粧水は肌が少しひんやりする程度の量をなじませるとよいでしょう。また、肌になじむまでには少し時間がかかるものの、化粧水が肌になじんでからクリームや乳液をつけるのが、肌の乾燥を防ぐのに効果的です。化粧水は温めると肌になじみやすくなるといわれているため、化粧水を手のひらで温めてから顔になじませ、手のひらに化粧水がつかなくなる程度に時間をおいてから油分を補うのが理想的です。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

クリームでのケア方法

化粧水で水分を補うだけではなく、クリームなどの油分を肌に補うことも重要です。クリームは、人差し指の第一関節くらいまでの量を手のひら2つ分の面積にぬるのが適量といわれています。自分の肌に合わせて加減しながら、過不足のないように使うようにしましょう。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510103

・肌の乾燥対策

しっかり睡眠をとる

就寝からの3時間 で深く眠り、しっかり成長ホルモンを分泌して肌を回復させるには、以下のようなことを実行するとよいといわれています。
●就寝する頃には血糖値が下がっている状態にする
●寝る1時間ほど前に身体を温め、眠る頃に体温が下がるようにする
●寝る前の1時間は脳を覚醒させるようなことをしない

つまり、以下のようなことに注意すると、就寝時間が遅かったり、不規則でも、成長ホルモンをしっかり分泌して肌を回復させることができます。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

●就寝前2時間、どんなに悪くとも1時間は食べ物を口にしない
●寝る2時間以内に食べ物を口にしたら、軽い運動をするなどして、血糖値を下げる
●寝る1時間前に入浴をするなどして身体を温め、寝る前には体温が戻っている(下がっている)ようにする
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

刺激の少ない衣服や寝具を選ぶ

ウールなどの刺激の強い繊維の衣服を着用する場合は、コットンの肌着を着て直接肌に触れないようにしましょう。また、枕カバーやタオルケット、掛布団カバーは顔や首まわりの皮膚に触れます。寝ている間にこすれたり、刺激を感じて掻いてしまうといったことがないよう、肌触りのよいものを選びましょう。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

乾燥から肌を守る

角質層が健全でれば、空気が乾燥しても、肌自体の水分保持力で乗り切れます。しかし、すでに角質層が損なわれてしまっている乾燥肌の場合、水分を保持する力が弱いため、空気の乾燥は大きなダメージとなりえます。以下のような点に注意しましょう。
●スキンケアでしっかり肌を乾燥から守る
●お部屋の広さに合った加湿器を使い、湿度を保つ
●エアコンの設定温度を高くしすぎない
●コタツや電気毛布はなるべく使わない
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学


https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501/2151607614757510203

乾燥を予防する食べ物をとる

タンパク質

厚生労働省の『国民健康・栄養調査』によると、日本人の1日の摂取カロリーは減少傾向にあり、それと同時にタンパク質の摂取量も減少しています。そのため、良質なタンパク質を意識的にとることが大切です。

良質なタンパク質とは、肉や魚、乳、卵、大豆などのことを指しています。朝食に焼き魚や冷ややっこ、ゆで卵などをつけたりして、良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

ビタミン

肌の代謝にかかわるビタミンとして、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどがあげられます。それぞれ、体内での主な働きや、多く含まれている食品をご紹介します。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

ビタミンA
粘膜に働くことで免疫機能を保ったり、肌の健康を維持したりすることに役立っており、不足すると肌や粘膜の乾燥につながります。うなぎやチーズ、卵、緑黄色野菜などに多く含まれています。

ビタミンB
群ビタミンB群は複数ありますが、特にビタミンB2とB6が肌や粘膜の健康を守ることに役立っています。不足すると湿疹や口内炎、口角炎などの肌トラブルにつながります。ビタミンB2は卵や納豆、乳、葉物の野菜に多く、ビタミンB6はかつおやまぐろ、肉、バナナなどに多く含まれています。

ビタミンC
美肌といえばビタミンCを思い浮かべる人も多いかもしれません。ビタミンCは、肌の弾力を維持したり保湿に役立ったりするコラーゲンの生成に必要となります。不足することで免疫力の低下などを招き、深刻になると壊血病などを招く場合もあります。柑橘系の果物、野菜やイモ類に多く含まれています。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

ビタミンE
ビタミンEはその抗酸化作用により、細胞を酸化から守ってくれる役割があります。ナッツ類や西洋カボチャ、アボカドなどに多く含まれています。
ミネラル

ミネラルの中でも、特に亜鉛は健全な肌を育てるために重要だと考えられます。亜鉛は、細胞の生まれ変わりの際に必要とされる酵素の成分となるため、新陳代謝の中で非常に重要な役割を果たします。口の中にあって味を感じるための器官「味蕾(みらい)」は新陳代謝が活発であることから、亜鉛不足の影響を受けやすいと考えられています。牡蠣やうなぎに特に多く含まれるほか、肉の赤身などにも含まれています。
【医師監修】顔の乾燥のケア方法と肌の乾燥対策 | スキンケア大学

https://matome.naver.jp/odai/2151580551234094501
2018年01月16日