ホントに呪詛だったの?お由羅騒動について—西郷どん

おあつおあつおあつ
お由羅騒動(おゆらそうどう)は、江戸時代末期(幕末)に薩摩藩(鹿児島藩)で起こったお家騒動。別名は高崎崩れ、嘉永朋党事件。藩主・島津斉興の後継者として側室の子・島津久光を藩主にしようとする一派と嫡子・島津斉彬の藩主襲封を願う家臣の対立によって起こされた。

お由羅騒動とは

お由羅騒動(おゆらそうどう)は、江戸時代末期(幕末)に薩摩藩(鹿児島藩)で起こったお家騒動。別名は高崎崩れ、嘉永朋党事件。
お由羅騒動とは – Weblio辞書

江戸末期、薩摩藩主の襲封をめぐり、藩主島津斉興なりおきの長男斉彬なりあきら擁立派と妾由良の子久光擁立派が争った御家騒動。斉彬派が多数処罰されたが、西郷隆盛・大久保利通らの尽力、老中阿部正弘の手による斉興の引退により、斉彬が襲封。高崎崩れ。
お由良騒動(オユラソウドウ)とは – コトバンク

仙巌園から見た桜島

お由羅の方

事件の名前になったお由羅の方は、江戸の町娘(三田の八百屋、舟宿、大工など多数の説がある)から島津斉興の側室となった人物である
お由羅騒動 – Wikipedia

江戸の薩摩藩邸へ奉公に出ていたところ、藩主・斉興に見初められて側室になりました。
由羅(お由羅の方)と、お由羅騒動をスッキリ解説! 薩摩内乱の真相とは – BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

島津斉興

参勤交代のたびに同行させられていたそうですから、斉興の気に入りようがわかります
由羅(お由羅の方)と、お由羅騒動をスッキリ解説! 薩摩内乱の真相とは – BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

身分の低さから正式な後室(二人目の正室)扱いはされなかったものの、お由羅の方は家中で「御国御前」と呼ばれ、実質的には正室同然に扱われたとか
由羅(お由羅の方)と、お由羅騒動をスッキリ解説! 薩摩内乱の真相とは – BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

騒動の発端

斉興はお由羅をとても愛していて彼女との子供である久光を藩主の座につけようと考えていたのである。
End Of Edo ~幕末~ –   お由羅騒動

島津久光

これはただお由羅が望んだだけのことではなく、祖父・重豪の影響が強い斉彬を嫌っていた斉興や家老・調所広郷などの重臣達の方が久光を後継者にと望んでいたとされる。
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

島津重豪

藩主の斉興が、祖父の代からの重鎮・調所広郷(ずしょひろさと)とともに幕政改革を断行して、約20年かかって、何とか借金を返し
幕末・島津の「お由羅騒動」: 今日は何の日?徒然日記

調所広郷

重豪同様の「蘭癖大名」と見られていた斉彬がこの頃ようやく黒字化した薩摩藩の財政を再び悪化させるのではと恐れていたのである。
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

斉彬派の反発

それに反発したのが斉彬派だ。
彼らは斉彬が藩主になることを強く望んでいた。
End Of Edo ~幕末~ –   お由羅騒動

斉彬の早期の家督相続を希望していた勢力もある。壮年の斉彬にいつまで経っても家督相続せず倹約ばかりを強いる斉興へ反発を感じる若手下級武士や、斉彬を高く評価する阿部正弘である
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

斉彬は薩摩藩世子という立場のまま40歳となったが、この頃には嫡子が元服すれば早々に藩主位を譲って隠居するのが習慣であり、この事態は異常であった
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

島津斉彬

斉彬は多数の子女を設けていたもののその多くが幼少の内に死亡しており、生き残っていたのは女子3人だけ
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

斉彬の子女のうちの何人かが次々と亡くなるという事態が起こり、「これは、お由羅の方が斉彬の子供たちに呪いをかけたからだ」との噂が立ちます。
幕末・島津の「お由羅騒動」: 今日は何の日?徒然日記

お由羅及びその取り巻きの重臣らの暗殺を謀議した
お由羅騒動 – Wikipedia

計画は未遂に終わるが…

この計画は直前で漏れた。内部からの裏切り者にあったのだ。
暗殺計画を知った斉興は激怒する。
実行犯を捕らえて切腹させると直接は暗殺計画に携わっていない斉彬派にたいしても遠島や謹慎といった処分を次々と課した。斉彬派に対する弾圧を始めたのである。
End Of Edo ~幕末~ –   お由羅騒動

斉彬派の処分

斉彬派約50名に蟄居・遠島などの処分が下された。その際に、これを恥じて自殺したものも多い。
お由羅騒動 – お由羅騒動の概要 – Weblio辞書

お由羅騒動に連座し、切腹して果てた赤山靱負
薩摩の両雄「西郷と大久保」

西郷は父から赤山が切腹の際に着用していた血染めの肌着を形見として受け取ると、その夜はそれを抱いて泣き通し、非業の内に死んだ赤山の志を継ぐことを決意したと伝えられています。
薩摩の両雄「西郷と大久保」

西郷隆盛

大久保の父は罷免され遠島になり、本人も免職、謹慎となり非常に困窮した。
これを西郷家が援助して助けた。
End Of Edo ~幕末~ –   お由羅騒動

中心人物の名にちなんでお由羅騒動あるいは高崎崩れというが,幕末のけわしい時局が生んだ政争であった。
高崎崩れ(たかさきくずれ)とは – コトバンク

西郷どん!
林真理子氏
ただでさえ複雑な幕末で、様々なことに関わっている西郷を描くのは挑戦でしたが、最後まで書ききってやっと理解できました。国が生まれ変わるときには死ぬ者がいる、それをわかっていたのが西郷なんです。未来はどれだけましな世の中になっているんだろうと思って死んでいったのに、この後いくつもの戦争を迎え、彼らが目指していた理想の国家に結局たどり着けなかったと思うと申し訳ない、切ない気持ちになる。いま西郷隆盛を描いた意味は、そういうことなんだと思います。
https://matome.naver.jp/odai/2151564145663574701
2018年01月19日