英語多読100万語のためのオススメ本

こにゃんたさん
英語の4技能のひとつ「読む」どうせ読むならおもしろい本、外国人が小さいころから読んでいる本を読んでみたい!

中1から英語を学び始めて中3でTOEIC850点!

中1から英語を学び始めて中3でTOEIC850点!

ABCから英語を学び始めた中学生が、海外留学もせず、ビジネス英語教材も使わずに、わずか3年足らずで TOEIC テストで850点をとった――としたら、その中学生がどんなふうに英語の勉強をしていたのか、知りたいと思いませんか?

それは「英語多読」にあった!

やさしい英語をたくさん読んで、使える英語を身につける「英語多読法」は、辞書を引きながらペーパーバックを読む従来の多読とは異なり、勉強でありながら、小学生から大人まで、誰もが楽しみながら続けられます。

多読三原則

「辞書は引かない」「わからないところはとばす」「つまらなければやめる」
多読三原則とは – 英語多読|多読・TADOKUの知りたいことすべて

1. 辞書は引かない

英和辞典は使いません。知っているかもしれない文法知識も使わないことにしましょう。そして、できるだけ英語を日本語に訳したり分析したりしないで、英語を英語のまま読みます。

2. 分からないところは飛ばす

辞書は使わないのですから、当然分からないところが出てきます。そこは、単語だろうと文であろうと、前後から推理することさえしないで、単に飛ばして先に進みます。そう、分からないところは無かったことにしましょう。

3. 合わないと思ったら投げる

1. 2の原則で楽しく読めない本だったら止めて、楽しめそうな次の本に移ります。

Oxford Reading Tree (ORT)
Kipper の家族を中心に、シリーズ前半はイギリスの日常を描いたほのぼのとしたストーリー、後半は「マジック・キー」を使って時空を超える冒険物語です。

★個人的感想★
さずがイギリスの英語教育本!単語、文法もしっかり考えて作られているな、と感じました。イギリスの学校の教科書がわりとして使われることも多いそうです。(イギリスは日本のように検定教科書がないので、国語教師が自由に本を教科書として選び、その後校長などの許可を得て授業で使用)イチオシは写真の犬のフロッピー!彼が家族にいろいろないざこざを起こし、物語が展開していきます。

ホームページに登録すると本のいくつかを無料で聞くことができます。

penguin young readers

ペンギンヤングリーダーズ
アメリカのペンギン社が出している本です。子供向けは歴史や動物の生活、簡単な物語が書かれています。
アメリカの歴史が多く、使われている英語もアメリカ英語です。

★個人的感想★
レベル1でも関係代名詞がでてきたりして、レベルとか単語はあくまでも目安というかんじです。アメリカ英語で、リンカーンやsitting bull, jack appleseedなどアメリカの開拓時代の話なども多めです。動物シリーズは大人でもへぇそうなんだ、と新たに知ることが多くためになります。

Nate The Greatシリーズ
探偵ネイト君がみんなの問題を解決していくシリーズ。問題解決には必ずパンケーキを食べるし、ママンへの置手紙も忘れない!

★個人的感想★
ダンディなネイト君が問題を解決していきます。簡単な関係代名詞が使われているくらいで、難しい単語等はありません。犬や猫たちも大活躍。

Magic Tree Houseシリーズ
ジャックとアニーがみつけたツリーハウスはマジックツリーハウスだった!ハウスの中へ入ってみるとそこにはたくさんの本が!そしてその本のなかへ旅することに!!

★個人的感想★
このシリーズを全部読めば30万語に達してしまうというかなりお得な本です。日本語訳も販売されているので、英語に行き詰ったら日本語と照らし合わせてみるのもいいかもしれません。いろいろな国、時代にワープするので幅の広い単語が学べます。中世の日本にも来て、忍者マスターの教え(笑)を請うなど、なんだかなぁというのもありますが・・・Fact Trackersという歴史や出来事のおっと詳しいいきさつが書かれた本も同時に出ており、こちらは英語が難しめです。

エルマーの冒険シリーズ(3冊)
日本ではエルマーの冒険として知られているシリーズ。野良猫を助けたところかわいそうなドラゴンの話を聞かされ、助けに行くことに。

★個人的感想★
物語は全部で3冊、日本語訳もあります。英語がわかりにくくても絵があるのでそれを頼りに予想しましょう。ドラゴンがとてもハデ。メルヘンでありながら、どこか人間社会を風刺しているところがありますね。

Marvin Redpostシリーズ
Louis Sachar氏の本で、より短く、より簡単な本です。
Holesもオススメだが長く、英語も難しめ
英語の多読に慣れてから挑戦したほうがよいと思います。いきなりこれに挑戦すると挫折しがちです。読むなら日本語バージョンを先に読むなどして工夫しましょう。
チャーリーとチョコレート工場
映画にもなったチャーリーとチョコレート工場。原作者は児童文学で有名なロアルドダール氏

★個人的感想★
さきに映画を見たので話の内容がわかりやすかった。英語はちょっぴろむずかしめ。造語が多いので難しいこともある。

くまのパディントンシリーズ
イギリスで知らない人はいないクマのパディントンです。映画も進行中!ダークペルーから密入国したくまのパディントンが引き起こすはちゃめちゃ生活!

★個人的感想★
イギリス英語です。
I wouldn’t mind a cuppa. 紅茶をいただきます
などの台詞がしょっちゅう出てくるなどイギリスだなぁ、と思います。

ムーミンシリーズ
みなさんご存知ムーミンの英語本。英語はかなり簡単で、難しい構文は出てきません。副詞が大量にでてきますが、副詞はわからなかったらどんどんとばしましょう。

★個人的感想★
ムーミンパパが元船乗りだったこともあって、船の用語が時々出てきます。

セオドアブーンシリーズ
法廷ミステリ作家ジョン・グレシャムが自動向けに書いた法廷児童ミステリ(?)です。英語は比較的簡単で、法廷に関する英語も前後の文脈からわかるので、辞書がなくてもだいじょうぶ。

★個人的感想★
アメリカの移民問題や、いじめの問題、児童虐待などにも焦点があたっており、児童向けとはいえ考えさせられる本です。英語でビジネスする人はこれぐらいの本はすんなり読めないといけないかもしれません。日本語訳もあります。

オズの魔法使いシリーズ
おなじみオズの魔法使い。実は15冊くらい続く長い物語だってこと知ってました?

★個人的感想★
英語はとっても簡単。ライオン、ブリキ、かかしらとともに結構冒険をしています。

不思議の国のアリス
ディズニーの話でおなじみの不思議の国のアリス。英語はちょっと難しめで、不条理の部分が英語初心者には訳しにくく、意味が文脈からとれにくいです。
★個人的感想★
物語の内容は知っているので、わからないところはどんどん飛ばしでしまいましょう
クマのぷーさん
あの有名スケーターも大好きプーさんです。プーさん英語は簡単。挿絵を多く、文章が少ないので読みきった達成感だ得られやすい本
★個人的感想★
なんといっても挿絵がいいですね~トラの子はティガーのはずなんですが、英語だとティガーとタイガーでスペルが同じなのでどっちなんだろうとようっと悩みます。
シャーロットの贈り物
クモのシャーロットの起こした奇跡の物語。映画にもなりました。
★個人的感想★
英語は簡単。動物や動物小屋にまつわる英語のちしきが増やせます。
ウォーターホース
これも映画になった作品。
★個人的感想★
イギリス英語ですが、読みやすいです。ネス湖のネッシーのもとネタがこれなのかな?
ベイブ
これも映画になりました。牧羊犬と一緒に育ったために、自分も牧羊犬だと思い込んだブタのお話。
★個人的感想★
英語は簡単。物語を知っていればとくに難しいと感じる部分はないでしょう。
小公女
小公女セーラのお話。

★個人的感想★
セーラを思い出しながら読みました。

wonder
今度映画が公開される「ワンダー」です。顔に生まれつきの障害がある少年のお話。
★個人的感想★
英語は少年の一人称で語られるので、こどもの使う英語といった感じです。アメリカの子供はこれくらいの語彙を扱うんだなぁと思います。
秘密の花園
実は小公女と作者が同じなのです。
★個人的感想★
小公女が読めた人は読めるでしょう。小公女も秘密の花園も昔はアニメがあったので、それを見た世代は懐かしく読めるはず。
トムは真夜中の庭で
イギリス英語な上に、時間の流れを英語で捕らえるのが難しいかもしれません。すばらしい日本語訳があるのでそれとつき合わせながら読んでもおもしろいかもしれません。
★個人的感想★
日本語で物語を読んだことがあるのですんなり読めました。
ドリトル先生シリーズ
みんな大好きドリトル先生だよ!
★個人的感想★
小さいころに読んだ日本語バージョンのドリトル先生をおもいだしながら読みました。英語は簡単。
かりぐらしのアリエッティ
英語ではBorrowersという題(借りる人)です。
★個人的感想★
わからなくなったら映画を思い出す!日本語にあたる!

無料の英語朗読で本を読んでみる?

https://matome.naver.jp/odai/2151326216076281801
2018年07月02日