知って損なし!「帰省・Uターンラッシュ」を回避する対策まとめ

uwajiman
2017年-2018年の年末年始の帰省・Uターンラッシュを回避するための対策とハマった時の対応をまとめています。

◆年末年始の帰省・Uターン ラッシュが間近に

公共交通機関は激混み、高速道路は大渋滞です!
一般的な会社の年末年始休みは…12月30日~1月3日、仕事始めが…1月4日

2017年から2018年にかけての年末年始のカレンダーを見てみると、5連休となる会社がほとんどではないでしょうか。
https://sourinn.com/2443.html

◆ 17年-18年の高速道路の混雑予想は?

ひどい時は50kmの渋滞になることも
ピークにハマると移動だけで朝から夜遅くまで潰れてしまう事も….

17年の帰省ラッシュのピークは29日と30日の2日間で高速道路の混雑は、意外ですが朝6時から7時にかけてが渋滞ピークとなるみたいです。
https://sourinn.com/2443.html

18年のUターンラッシュは、休みが終わる1日前の夕方は高速道路が一番混む時間帯ですが、今回は休みが集中型ということもあり、渋滞のピークは1月3日の午後となるでしょう。渋滞は2日午後から始まり最終日3日の2日間は続くみたいです。
https://sourinn.com/2443.html

◆ 17年-18年の公共交通機関の混雑予想は?

ピークの日は乗車率180%越え!!
180%越えってそんな乗れるものなのかな?長距離ずっと立ち移動は苦痛ですよね。

17年の帰省は、午前中の早い時間帯に行ってゆっくりする方が多いのでピークは休みスタートの29日午前中になる見込みです。

18年のUターンラッシュピークは3日午前中となります。休みをギリギリまで満喫したいという方が多いので3日の午前中にピークを迎えるでしょう。
https://sourinn.com/2443.html

◆帰省・Uターンラッシュを回避する方法(高速道編)

早朝出発はやっぱり鉄板!
ピーク日の渋滞はどうしても必ず発生してしまいます。回避するには早朝・深夜移動がベターです。

やっぱり早い時間帯の移動がおすすめです。距離にもよりますが、深夜1時くらいから朝6時にかけて移動するのがベストです。

アプリを活用して役立つリアルタイムの道路交通情報を確認しよう!

◆帰省・Uターンラッシュを回避する方法(公共交通機関編)

必ず早め早めに予約してくべき
公共交通機関は事前の準備がとても大事

やっぱり始発は最強!新幹線は始発駅に並んで、1〜2本待っていれば、ほぼ確実に座れます。一番後ろのベストな席も確保できますよ。
https://sourinn.com/2443.html

始発でも少し早めに駅に行こう。年末の改札前は5時30分前から待機している人たちがいます。改札オープンは5時30分。当日券の販売開始も同じ時間です。
新幹線の自由席 混雑回避の乗り方!座席ゲットのため私がする3つの方法

前日までに切符の購入しよう!みどりの窓口は長蛇の列なんてことも。なので、切符は必ず前日までに購入しておきましょう。
https://sourinn.com/2443.html

◆もしも帰省・Uターンラッシュにハマった時は(高速道路編)

渋滞にハマった時のたまに
帰路で100%渋滞にハマらない保証はありません。その時のために準備はしっかりしておこう!

混んでても一般道に下りないほうがいい!渋滞している高速道路に沿った、下の一般道路は9割が混んでおり、渋滞していても、高速道路を下りない方が一般道路より2倍以上速いんです。
【学者が分析】高速道路の渋滞、左車線の方が早く着く理由【音声あり】

渋滞中は左車線を走ると、目的地に早く着く。実は渋滞は追い越し車線から始まっており、追い越し車線のほうが速いと判断し、多くの車が車線変更するため。一番左の走行車線を走るのが良いとのこと
【学者が分析】高速道路の渋滞、左車線の方が早く着く理由【音声あり】

渋滞のときは車間距離を開けよう。渋滞の主な原因は「ブレーキの連鎖」変に間を詰めて無理をするよりも「車間距離約40m」ほど余裕を持って運転した方が、トータルでは早く目的地に到着できます。
【学者が分析】高速道路の渋滞、左車線の方が早く着く理由【音声あり】

渋滞に備えてしっかり準備を!ガソリンは満タンにしておく。食べ物と飲み物を多めに用意しておく。寒さ対策をする。ウエットティシュは必需品!
https://meikaij.com/events/2015-2016-nenmatunensi/

◆もしも帰省・Uターンラッシュにハマった時は(公共交通機関編)

ラッシュ時の豆知識
ちょっとした知識でピーク時も座れるチャンスがあるかも!?

長蛇の列になっている場合はあえてそれに乗らず、次の便に乗るようにしよう!座れる確率が上がりますよ。

各駅停車の新幹線を狙おう!「ひかり」や「こだま」は少し時間はかかりますが、各比較的空いています。
https://sourinn.com/2443.html

自由席は2号車に乗ろう!1号車の自由席は65席、2号車は100席、3号車は85席。由席を狙うのであれば、2号車に並びましょう! 席が多い方がチャンスも増えます。
https://sourinn.com/2443.html

行き先に注意して新幹線を選ぼう!例えば東京から新大阪へ行く場合は博多行きに乗るとその分乗客も増えるため、新大阪行きに乗るように行き先に注意しよう!

◆まとめ

何より準備がとても大切
たとえラッシュにハマっても渋滞中の事故だけには気をつけましょう。

2017年~2018年の年末年始の休みは12月29日 or 30日から1月3日までの5・6日間が一般的なようです。年末の帰省ラッシュのピークと年始のUターンラッシュのピークは早朝や深夜の時間帯に運転して渋滞を避けたいですね。備えあれば憂いなしですので、しっかり計画を立てて、2018年はいいスタートダッシュしましょう!

https://matome.naver.jp/odai/2151326056375510601
2017年12月24日