2018年iPhoneX後継機となるiPhone X Plusの発売日・デザイン・新機能などの情報

happylife_sunshine
2018年iPhone X Plusが登場!そのiPhone X Plusに関する最新情報をまとめています。

2018年、iPhone X Plusが登場!

iPhone Xの大型スクリーン版「iPhone X Plus」のコンセプトデザインを、デザイナーのマーティン・ハジェク氏が公開しました。
iPhone Xの大画面版「iPhone X Plus」のコンセプトデザイン – iPhone Mania

2018年のiPhoneは、「今年の初代 iPhone Xと同サイズの後継モデル」「Xと同じ縦横比で6.5インチ級の iPhone X Plus (仮)」そして「Xと同じオールスクリーン(+ノッチ)のスタイルを採用しつつ、液晶ディスプレイでサイズ中間の6.1インチモデル」の3種類になるかもしれません。
2018年は6.5インチの『iPhone X Plus』追加、安価な6インチ液晶モデルも増えて3機種編成?(KGIアナリスト予測) – Engadget 日本版

iPhone X Plusのデザイン

今年9月に発売が噂されるiPhone Xの後継モデルに関するレポートを発表した。それによると今年の新モデルは5.8インチのiPhone X、6.1インチの廉価版iPhone X、6.5インチの大型版iPhone X Plusになるという。
9月発売ほぼ確定の「新iPhone X」 著名アナリストが3機種を解説(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

今回の新モデルの最大の目玉になりそうなのが、iPhone X Plusに搭載が噂されるトリプルカメラだ。
9月発売ほぼ確定の「新iPhone X」 著名アナリストが3機種を解説(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

Benjamin Geskin@VenyaGeskin1

iPhone X Plusのスペック

第2世代のiPhone Xと、「iPhone X Plus」と仮に呼ばれる6.5インチの大型バージョンは、それぞれ4GBのRAMを搭載するとのこと。
2018年型iPhone XにはRAMが4GB搭載?バッテリーも増量されるとのうわさ (Engadget 日本版) – Yahoo!ニュース

3モデルとも、「iPhone X」と同様にTrueDepthカメラ搭載でディスプレイに“切り欠き”のあるフルスクリーン設計になる
2018年の次期iPhoneは「iPhone X Plus」(仮)を含む3モデル構成に──KGI予測 – ITmedia NEWS

廉価版iPhone Xはディスプレイに高価なOLEDではなく、より安価なLCDパネルを搭載することで価格を引き下げる。また、ディスプレイの3D Touchは廃止され、背面のカメラはシングル仕様になる。
9月発売ほぼ確定の「新iPhone X」 著名アナリストが3機種を解説(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

iPhone Xと同じA11 Bionicチップを搭載するものの、システムメモリの容量は4〜6GBに増量されるのではないか
「iPhone X Plus」を2018年に発表? | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

iPhone X と同じオールスクリーンのスタイルを踏襲しつつ、XやX Plus(仮)とは違い液晶ディスプレイを採用。
2018年は6.5インチの『iPhone X Plus』追加、安価な6インチ液晶モデルも増えて3機種編成?(KGIアナリスト予測) – Engadget 日本版

バッテリー容量が現行のiPhone Xよりも増えるとの見方を示しています。
2018年型iPhone XにはRAMが4GB搭載?バッテリーも増量されるとのうわさ (Engadget 日本版) – Yahoo!ニュース

iPhone X Plusの発表時期・価格

今回の3モデルは9月に発表され9月中に発売になると述べている。このスケジュールを前提にすると、6.1インチの廉価版iPhone Xの製造は遅延気味になり、初期の台数は限定される可能性がある。
9月発売ほぼ確定の「新iPhone X」 著名アナリストが3機種を解説(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

iPhone X Plusの発表は2018年で、最も安いモデルで1,099ドル(日本円で約124,000円)になると予想しています。
「iPhone X Plus」を2018年に発表? | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

ホームボタンが廃された代わりに3DセンシングによりFace IDやアニ文字も利用可能、超薄型の0.5mmベゼルでほぼ全面スクリーンという、iPhone Xと似た仕様。そして700~800ドル(約77000円~88000円)とiPhone Xよりも低価格になる
2018年型iPhone XにはRAMが4GB搭載?バッテリーも増量されるとのうわさ (Engadget 日本版) – Yahoo!ニュース

関連記事

https://matome.naver.jp/odai/2151177300966180601
2018年07月06日