◯◯年問題はここにも・・・太陽光発電にせまる2019年問題

glhrmocampo
いろいろな分野で起きることがある「◯◯年問題」太陽光発電に関しては2019年に大きな転換期になるようで2019年問題と言われています。

後2年で起きる太陽光の2019年問題

太陽光発電のビジネスモデルである売電。
その今の売電制度が始まって2019年で10年ですが、10年が契約年数の場合があります。

太陽光発電で作った電気が2019年から売電できなくなるという問題がクローズアップされている。関係者の間では「太陽光発電の2019年問題」といわれる。
太陽光発電の売電ができなくなる? 「太陽光発電の2019年問題」とは | ZUU online

「2019年問題」とは、2009年11月に始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」による太陽光発電設備(10kw未満)の設置後10年間の固定買取価格の保証期間、それを満了した人が出てくるという問題です。
2019年問題|蓄電池バンク

2019年は、2009年に開始された「太陽光発電の余剰電力買取制度」から10年経過し、「10年間の買取義務保証期間」が終了する設備が出始める年です。
これをその発生年である2019年を取って「2019年問題」と呼んでいます。
いまさら聞けない!太陽光発電における「2019年問題」とは? – エコめがねエネルギーBLOG

太陽光の買取制度とは?

2009年以前にも売電はありましたが・・・
2009年以前に売電の制度はありましたが、とりあえず売れるという程度で投資としてのメリットはほぼありませんでした。

1992年頃には売電制度が始まり、日本で太陽光発電が普及されていきました。この頃はまだ余剰買い取りのみだった為、自宅の屋根に設置し家庭用の太陽光発電として余った電力を売電するという流れがほとんどでした。
売電制度の始まり

住宅用太陽光では24円/kWhだった2009年までの買い取り価格は、買取制度実施後に2倍の48円/kWhになりました。投資を十分回収し、利益が出る金額です。そしてこれを契機に、日本の太陽光発電システム設置件数は跳ね上がります。
2019年問題|蓄電池バンク

ポイントになった2009年と2012年
2009年に現在の制度が適用された単価で売電がスタート。
2012年には固定買取制度の期間が確定。
2009年から10年間または20年と確定しました。

2009年11月1日、太陽光発電の余剰電力買取開始(電力会社ごとに買取単価設定)
2012年7月1日、対象を太陽光発電以外の再生可能エネルギーにも拡げ、余剰電力買取制から全量買取制に制度を変更(全国一律の回収単価)
固定価格買い取り制度 – Wikipedia

2012年7月1日から『固定価格買取制度』という設置後の一定期間(余剰は10年間、全量は20年間)は設置した時の価格で買い取りをするという制度が設けられました。
固定価格買取制度の始まり

10年経ったらどうなる?

再度交渉での契約になりますが、同等の単価で買い取ってくれることはまずないでしょう。

設置した時の買い取り価格で売電期間が10年間保証され、その後は固定買取期間が終了に近づいた頃に発電事業者と電気事業者との合意で価格を決めることとなります。
余剰買い取りのメリット

肝心の10年後の売電価格は正式にはまだ決められていません。
10年後の売電価格は、売電期間の売電価格よりも下がるとされており、経済産業省の資料では、11円/kWhとしています。
10年後は売電価格が未定!?11年目以降の太陽光発電にメリットはあるのか【ソーラーパートナーズ】

安くなったらどういった方法がある?

基本的には安くても売るか自宅での使用に注力するかという感じになります。
10年の間に元をとっておくと安心。

設備設置者として考えられる選択肢は3通りある。一つは、売電をせず、自家消費だけで太陽光発電を利用する(その場合、送電線に流れた太陽光発電電力は無駄になる)。2番目は、相対取引で買電してくれる電力会社を探す。(電力の全面自由化で、買電義務終了を機に買電を中止する電力会社が現れることも予想される。
原子力発電事故賠償などで経営の厳しい東京電力や太陽光発電の受け入れ余力の小さい九州電力などはその範疇に入るとみられる)。3番目は、蓄電池によって余剰電力を蓄え、夜間などに利用する―の方法である。
太陽光発電の売電ができなくなる? 「太陽光発電の2019年問題」とは | ZUU online

蓄電池は、電気を蓄えることができ、充電することにより繰り返し使える電池のことです。
しくみとしては、充電池と同じです。コンセントから電気を蓄え使用するかたち、太陽光発電システムと連携することにより、太陽光発電によって創られた電気を蓄え使用するかたちなどがあります。貯めた電気を必要なときに使うことができるので、万が一の停電時にも電気を使用できます。
蓄電池とは

https://matome.naver.jp/odai/2151115822633785001
2017年11月20日