【立山黒部アルペンルート】日本一が集まり過ぎている件【まとめ】

tateyama-kurobe
立山黒部アルペンルートとは、北アルプスを貫き、富山と長野を結ぶ山岳観光ルートです。春に見られる絶景「雪の大谷」や特別天然記念物「雷鳥」などが有名ですが、立山黒部アルペンルートにはまだあまり知られていない「日本一」がたくさんあるのです。

①日本一高い雪壁「雪の大谷」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749195820403
世界でも類を見ない絶景
毎年20メートル近い積雪がある「大谷」の道路を除雪してできる光景。
4月~5月中旬あたりが見ごろとなる。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295820603
「雪の大谷」は室堂ターミナルのすぐ近くで、およそ500mの区間を歩くことが出来る。
※期間限定

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295820503

②日本一の高さを誇る「黒部ダム」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295820803
日本一の高さ「黒部ダム」
全長492m、高さ186mの日本一巨大なダムは、人工物とは思えないほどのスケール感。6月下旬から10月中旬までは観光放水が行われ、毎秒10トン以上の水が放水されます。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295820903
新設「レインボーテラス」

放水がより間近で見られるレインボーテラスがおすすめ。2016年に新設されました。

運が良ければハートに見える放水が見られるかも…?


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821003
黒部ダムが舞台
黒部ダムが舞台のアニメ「クロムクロ」
こんなに巨大な黒部ダムなのですから巨大ロボットが発掘されても不思議ではありませんね。他にも黒部ダムが舞台の映画「黒部の太陽」や「大怪獣激闘ガメラ対バルゴン」ロケ地が黒部ダムの「ホワイトアウト」などがあります。

③日本で一番多く立山に生息している「雷鳥」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821103
立山に住む、氷河時代の生き残り
国の特別天然記念物「雷鳥(ライチョウ)」
室堂平周辺には、約280羽(平成23年調べ)のライチョウが生息しています。高山に生きる鳥で、「立山」は中部山岳の中でも生息数が多いところです。霊山立山では、昔から「神の使い」として大切にされてきました。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821203
ハイマツの茂みから顔をのぞかせる
5~6月は、なわばりを見渡すために見晴らしの良い岩や木の上で1日中見張りをしています。みくりが池周辺の岩などは、絶好のウォッチングポイントです。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821303
冬の雷鳥
夏は褐色・冬は純白と季節によって羽毛の色が変化するのが特徴です。
オスは目の上に赤い肉冠があり、メスにはありません。
他には鳴き声にもオスとメスで特徴が現れ、オスは「ガァァォォー」と、カエルのようなしわがれ声で鳴き、メスは「クックックッ」と鳴きます。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821403
雷鳥親子
7月上旬から下旬にヒナは誕生します。
これと同時に、オスはなわばりを守ることをやめます。メスはしばらくの間ヒナと行動をともにし、エサ場に連れて行ってやったり、 体温を保つため時々おなかの下に入れてあたためてやります。

④日本一高所にある天然温泉「みくりが池温泉」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821503
標高2,410mの秘湯

室堂ターミナルから少し足を伸ばし、みくりが池方向へ散策すること約15分。
立山を望む絶景の中に、この「みくりが池温泉」はあります。
源泉は地獄谷にあり、無加水・無加温、男女別の展望内湯が一つずつ。
白く濁る硫黄の香りの100%掛け流しのお湯が、1日の疲れを温かく癒してくれます。
【公式】みくりが池温泉:日本一高所の天然温泉


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821703
絶景の温泉
露天風呂はありませんが、内湯からは雲上の絶景を眺めることが出来ます。

⑤日本一の落差を誇る「称名滝(しょうみょうだき」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295821903
日本一の大滝
称名滝バス停から歩いて30分の場所に落差350mの
4段の滝が姿を表します。
国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選に選定されています。映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台の一つです。

立山連峰から集められた雪解け水が、落差350mを一気に流れ落ちる大迫力。滝見台園地までたどり着けば、白煙のような水しぶきと轟音に圧倒されます。アルペンルートでは、立山高原バスの車窓から見ることができ、展望ポイントでは停車してくれます。
日本一読本。 | ここだけにしかない立山 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822003
幻の滝「ハンノキ滝」
春の雪解け時や大雨の後など、水量の多い時にだけ見ることのできる幻の滝です。
※別名「阿吽(あうん)の滝」「ネハンの滝」

⑥日本一長いワンスパン式ロープウェイ「立山ロープウェイ」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822103
空飛ぶ展望台
およそ7分間の乗車で、360℃どこを見ても絶景を堪能できます。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824103
ワンスパン式とは?

中間に支柱が一本もないロープウェイのこと。

駅までの距離1.7Kmを、ワイヤーだけで結んでいます。

支えるワイヤーの太さも日本一
ロープウェイを支えるワイヤーの直径は54mmと、ワイヤーの太さも日本最大級!大観峰側にある巨大な原動滑車で一気に巻き上げています。

大観峰と黒部平を結ぶ立山ロープウェイ。景観と環境保全の観点から大観峰と黒部平の間に一本も支柱がなく、動く展望台として360度の大パノラマを楽しむことができます。大きく取られた窓から、西には大斜面の大観峰、東には後立山連峰の絶景が広がります。
のりもの大図鑑 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822303
見事な「三段紅葉」
標高2316mの大観峰は後立山連峰を背景に、黒部湖やタンボ平を一望できます。大観峰駅と黒部平駅をつなぐロープウェイは視界を遮る支柱がなく、眼下に広がる鮮やかな紅葉はまるで一枚の絵のようです。高山に雪、中間に紅葉、山麓に緑という「三段紅葉」をロープウェイで移動しながら楽しめるのもこのエリアの醍醐味です。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824203
標高差が生み出す季節の境界線

黒部平駅と大観峰駅の高低差は488m

ゆっくりと山を降りてくる冬を楽しむことが出来る。


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824703

雪が深く積もる時期は、まるで水墨画のような落ち着きのある絶景を楽しむことが出来ます。

季節により、その表情をガラッと変えるロープウェイ。その絶景は、人生で一度は見ておきたい景色。

⑦日本一歴史を持つ山小屋「立山室堂」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822503
日本最古の山小屋「立山室堂」
江戸時代中期に建設された日本最古の木造山小屋で、国の重要文化財にも指定されています。1980年代までは、宿泊施設として実際に使用されていました。(現在は、新しい山荘が隣接地に建設)30cm近い太さの柱は、美女平の原生林で伐採されたものらしいのですが、運搬方法などは謎に包まれています。屋内では立山信仰に関するパネルや出土品が展示されています。

ここを拠点にどれだけの人が立山に登ったのだろうか。雄山登山をされる方はぜひ、ご覧ください。
立山室堂|観光スポット|とやま観光ナビ

上野教授は、七年十二月にユネスコの世界遺産に登録された平村の相倉と菅沼の合掌集落で、登録に必要な文化財などのリストアップに携わった。「立山は他の霊山に比べ、室堂小屋や雄山神社峰本社、前立社殿など、信仰にかかわる建造物や文化財がきちんと保存されている」と言い、文化財と自然が一体となった立山は、世界遺産に匹敵する価値を持っていると強調した。
hyousi

⑧日本唯一の氷河「立山氷河」

氷河を抱く山「立山連峰」
御前沢雪渓は、雄山の山頂から眼下に眺めることができます。
真夏でも真っ白な御前沢雪渓の残雪の下に、日本で初めて確認された氷河があります。

氷河とは、「重力によって長期間にわたり連続して流動する雪氷体(雪や氷の塊)」と定義されています。長らく、氷河はロシア・カムチャッカ半島以南の東南アジアには存在しないとされ、日本には氷河がないといわれてきました。しかし、立山連峰には厚い氷体をもつ万年雪があることが知られていました。そこで、立山連峰の大規模な万年雪の中に氷河が存在しないかの確認調査が2009年から2011年にわたり行われました。注目したのは、立山雄山東面の御前沢雪渓、剱岳東面の三ノ窓雪渓と小窓雪渓の3か所。氷の厚さをアイスレーダーで測定しGPSで動きを調べたところ、立山連峰の氷体は30m以上と分厚いことがわかりました。また、ゆっくりですが確実に動いていることも観測されました。これにより、2012年4月に、雄山東面の御前沢雪渓、剱岳東面の三ノ窓雪渓と小窓雪渓の3か所が現存する氷河であることが学術的に認められました。
日本初の氷河が確認された立山連峰 ラムサール条約湿地帯 | ここだけにしかない立山 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート

⑨日本一高所にある鉄道駅「室堂ターミナル」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822803
星に一番近い鉄道駅

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823003

標高2450mの日本最高所にある鉄道駅。室堂と大観峰を結ぶ立山トンネルトロリーバスは、昭和四十六年の開業時はディーゼルエンジンのバスでしたが、環境保全と排気ガス抑制の観点から平成8年にトロリーバス化。これにより、室堂は日本最高所の鉄道駅となりました。アルペンルート内でも最大の規模があり、レストランや喫茶店、展望テラスなど充実した設備があります。
日本一読本。 | ここだけにしかない立山 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824503
星の雫(ミルク味)
星にちなんだこのお土産は、室堂ターミナルで不動の人気1位のお菓子。
香ばしいアーモンドを、口溶けの良いやわらかいミルクパウダーでコーティングしてあり、口に入れるとやさしい味わいと香ばしさがたまらず、一度食べると何度も食べたくなる味です。他にきなこ味などもあります。

⑩日本一高所にあるリゾートホテル「ホテル立山」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295822903
星に一番近いリゾートホテル
ホテル立山は立山黒部アルペンルートの中心地、「標高2,450メートル」室堂平に位置する日本最高所のリゾートホテルです。
アルピニストしか見ることのできなかった3,000メートル級の山々を間近に見ることができます。トレッキング、スターウォッチング、御来光バススペシャルプランなど大自然を満喫することができます。
中部山岳国立公園・特別保護地区内にあり、建物の位置・外観は、自然環境保護のため周囲の景観を阻害しないよう、厳しい規制の中で建設されたホテルです。

標高2450mにある日本最高所のリゾートホテル。
室堂ターミナルに直結しており、散策ルートなどへのアクセスも抜群。
3000m級の雄大な山々の間近にあり、
高原散策やスライド上映、星空鑑賞会、ご来光ツアーなど
大自然を満喫できるイベントなども開催されます。
日本一読本。 | ここだけにしかない立山 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824603
オリジナル地ビール「星の空」

日本名水百選「立山玉殿(たまどの)の湧水」 を使用した、アルペンルート限定の地ビール。

吟味された「麦芽」と「ホップ」を使用しており、フルーティーな味わいが特徴の”ORIGINAL”と、
ローストした麦芽の香ばしさとまろやかなコクが特徴の”BLACK”があります。

⑪日本唯一の乗り物「トンネルトロリーバス」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823103
国内で唯一トンネルトロリーバスに乗れる場所
トロリーバスは、バスと呼ばれていますが正式名称は「無軌条電車」。電力で走り、しかも一般道を走ることはなく、電車線のあるところしか走らないことから、法律上も電車に分類されています。

立山の主峰、雄山(3003m)の直下を貫通している立山トンネルを走るトロリーバス。最大の特徴は、石油燃料ではなく、電車線から電力の供給を受けて走る点です。電気で走ることで、トンネル内に排気ガスが滞留することを防ぎ、自然環境保全にも役だっています。トンネル中央の雄山山頂直下付近で、上下線のバスがすれ違います。
のりもの大図鑑 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823203

このトンネルは黒部ダム建設時に資材搬送用トンネルとして掘削されました。途中、映画「黒部の太陽」でも描かれた黒部ダム最難工事である破砕帯があります。クリーンな電気エネルギーだから長いトンネル内も排気ガスの影響を受けない、トンネルの急勾配にも強いのが特徴。国内でトロリーバスが運行しているのは、アルペンルート内の関電トンネルと立山トンネルだけです。
のりもの大図鑑 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート

⑫日本一高所にあるラムサール条約湿地帯「弥陀ヶ原(みだがはら)・大日平」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823303
どこまでも広がる湿原
弥陀ヶ原高原は、標高1600m~2100m、南北2Km、東西4kmにわたり広がる高原の大湿原。この弥陀ヶ原を含む「立山弥陀ヶ原・大日平」が、貴重な湿原の自然を認められラムサール条約に登録されました。ラムサール条約は、湿原やそこに生息する動植物の保全を目的とした国際条約です。標高2000mを越える地点での登録は国内初。「立山弥陀ヶ原・大日平」は、日本で最も高所にあるラムサール条約登録地です。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823403
初心者に優しい木道コース

散策路は木道で整備されているので、山を歩きなれてない人でも気楽に散策を楽しめる。

夏には可憐な高山植物に秋は鮮やかな紅葉、冬~春にかけてはあたり一面に広がる大雪原を楽しめる。


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823503
美しい雲海
弥陀ヶ原は雲海出現率50%の雲海多発スポット。
特に夕陽に染まる雲海が美しい。
広域な湿原は遮蔽物も少ないため、一面に広がる雲海を楽しむことが出来る。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823603
富山平野の夜景
弥陀ヶ原からは素晴らしい夜景も見ることが出来る。キラキラと光る富山平野はまるで宝石箱の中ような美しさ。

⑬日本一巨大な岩盤「悪城(あくしろ)の壁」

人を寄り付けない砦のような岩壁

立山駅から称名滝に向かう途中にある、溶結凝灰岩の壮大な岸壁です。約8キロメートルにわたって切り立った壁が続く称名峡谷は、立山火山の大噴火でできた溶岩の大地が称名川に深く削られてつくられました。なかでも「悪城の壁」は高度差約500mで一枚岩盤としては日本一。悪城の壁のにも、「悪王城」や「千仞のヤグラ」などの呼び名もあり、近づくことのできない難攻不落の城に例えられ、このような名がつけられました。

映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台の一つです。

⑭日本で唯一の全線地下式「黒部ケーブルカー」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823803
豪雪地帯だからこその知恵
標高差約400m、最大勾配31度の急斜面を走るケーブルカーです。自然保護と雪害防止から、日本で唯一の全線地下式ケーブルカーとなっています。立山ケーブルカーと同じ、つるべ式ケーブルカーで、トンネルの中間地点で2台のケーブルカーがすれ違うようになっています。

ケーブルカーには動力が組み込まれていないので、運転は黒部平で行っているんだ。車両には運転手は乗車しないけど、代わりに安全監視を行う車掌がいるんだ。
のりもの大図鑑 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート

⑮日本一高所を巡航する遊覧船「黒部湖遊覧船ガルベ」


https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295823903
アルペンクルーズ
立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒部大谷の雄大さを気軽に満喫することができる遊覧船です。平均標高1,448mの黒部湖を約30分かけて周遊する黒部湖遊覧船ガルベは、日本最高所で航行している遊覧船です。ガルベという名は、黒部の語源ともなったアイヌから由来します。

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701/2151149749295824003
初夏に残る残雪に爽やかな新緑、色鮮やかな紅葉など、季節を通した楽しみがあります。

ゆっくりと楽しむ事ができるシート席と、涼しい風を受けながら楽しめるデッキがあります。デッキは黒部湖の撮影スポットにもなっています。
のりもの大図鑑 | 楽しみ方ナビゲート | 立山黒部アルペンルート

ガルベは最高標位1,448mの黒部湖を30分かけて一周しています。エメラルドグリーンに輝く湖面から一望する黒部峡谷の雄大な景色を眺めながらのアルペンクルーズは大人気です。夏でも涼しく快適なクルーズで日常を忘れて、大自然の景観を存分に満喫してください。春には新緑、夏には青い空の下に残雪残る山々、秋には真っ赤に染まった紅葉、11月ころには一足早い雪景色も楽しめますよ。
黒部ダム湖上遊覧船 ガルベに乗ろう!|黒部ダムオフィシャルサイト

https://matome.naver.jp/odai/2151088156255697701
2017年11月24日