スター・ウォーズ テレビドラマ版は、エピソード3と4の間を繋ぐストーリー?

tamakodayo

ライアン・ジョンソン監督が「スター・ウォーズ」シリーズの新三部作映画の監督、脚本をすると同時に、テレビドラマ版も製作することが決定しました。

ディズニー・カンパニーのCEOであるボブ・アイガー氏が四半期収益発表の際に「スター・ウォーズ」シリーズのテレビドラマ版が2019年の年末に、ディズニー独自のストリーミング・サービスでストリーミング開始すると明言しました。


https://matome.naver.jp/odai/2151042395398425701/2151042533998638903

気になるストーリーは?

ファンの注目はジョージ・ルーカス自らが企画した実写ドラマ「スター・ウォーズ アンダーワールド」だ。

同作は、「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」のあいだの時代を舞台に、都市惑星コルサントの地下社会を描くクライムドラマで、かつてプロデューサーのリック・マッカラムは宇宙を舞台にした「ゴッドファーザー」と説明していた。ルーカスは100話分もの脚本を用意していたといわれるが、実現に至らないまま、ルーカスフィルムをウォルト・ディズニーに売却している。

http://eiga.com/news/20160201/9/

多分これをTVドラマ化するのではないかと思われます。

スター・ウォーズ アンダーワールド

ジェダイ聖堂に、囚われのジェダイ騎士の生き残りがいるという噂を聞きつけたフェラス・オリンは、真偽を確かめるべくトレヴァー・フルームと共に潜入するが、それは審問官マローラムの罠だった。
しかもそこへ暗黒卿ダース・ヴェイダーまでも現れる。
辛うじて聖堂を脱した二人は、オビ=ワンの旧友デクスターを訪ねるのだが・・・。


https://matome.naver.jp/odai/2151042395398425701/2151042534098639603

「スター・ウォーズ アンダーワールド」は、エピソード3と4の間を繋ぐストーリーです。
いわゆる関連作品ではなく、公式の作品です。

そのため、映画版の同シリーズに登場する脇役や、新キャラクターを軸にストーリーが展開するものと思われていましたが、その後、さまざまな関連メディアで空白期間の実情が描かれることになったため、裏社会に焦点を当てることになったのだそうです。

「密輸人やギャング、賞金稼ぎといったならず者や、ウォール街のブローカータイプがたくさん出てくる。ルークやスカイウォーカーとはまるで関係がない」とマッカラム氏は言います。

https://ameblo.jp/kdcoltd/entry-11286389433.html

ルーカス本人はと言うと、新3部作の時代を描くコミック
「Star Wars: Republic」の作家に、
同書でジェダイの騎士Quinlan Vosを殺さないように指示したほか、
若き日のレイア姫や賞金稼ぎのボバ・フェットを題材にした
小説企画をボツにしたりしているそうです。
そのため、これらのキャラクターが実写ドラマで
中軸を担うのではないか?と言われています。

クインラン・ヴォス


https://matome.naver.jp/odai/2151042395398425701/2151042533998639403

銀河共和国のジェダイ・マスター。インナー・リムの惑星、キフー出身のキファーの男性。クローン戦争ではクローン・トルーパーを率いる将軍として戦った。ソルメのパダワンで、アイラ・セキュラのマスター。

髪は長く、ドレッドヘアで、顔の両頬に黄色いバンドをつけていた。ヴォスは先天的にフォースの能力に恵まれ、生物以外からでもフォースを使ってその”記憶を読む”ことができるという、特殊技能を持っていた。

http://ja.starwars.wikia.com/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%B9/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BA

https://matome.naver.jp/odai/2151042395398425701
2017年11月12日