仕事のできる人は使っている送信取消機能・添付漏れ防止などGmailの便利な機能

totallink
メール取消が可能になる!
あ、やってしまったとメールを誤って送ってしまうのを防ぐ機能として送信取消の機能があります。
あらかじめ設定しておくことでこの機能が使えます。

Gmail でメールを送信した後、メッセージの内容や送信する宛先の間違いなどに気付いた場合、送信取り消し機能が役立ちます。メールを送信した直後に数秒ほど[取消]のリンクが表示されますので、クリックして送信したメールを取り消すことが可能です。
Gmail 画面右上の[オプション(ギアマーク)]-[メール設定]をクリックし、メール設定画面の[全般]タブを表示します。
「送信取り消し」項目の[送信取り消し機能を有効にする]にチェックをいれ、取り消しが可能な時間を 5〜30秒の間から選択し、画面下部の[変更を保存]をクリックします。
送信したメールを取り消す | Gmail の使い方

添付忘れを防ぐ機能がある。
資料を添付して送信する際に添付漏れがありますよね
この添付漏れを防ぐ機能が存在します。
本文内に添付というキーワードが存在している場合に添付がなければ警告してくれる機能です。
こちらもあらかじめ設定が必要です。

設定方法はGmail「設定」→「全般」タブの中程にある「送信取消機能を有効にする」にチェックを入れるだけ。取消までの時間は5秒、10秒、20秒、30秒から選べます。
【Gmail活用術】ファイルの添付忘れを阻止!ビジネスで便利なワザ3選|エンジョイ!マガジン

★(このまま送信しますか?って)教えてくれる

添付します
添付いたします
添付しました
添付いたしました
添付する
添付したXXXXXなど

★教えてくれず 送信実行される

添付しておくります
添付致します(漢字がつづく)
てんぷします(ひらがな)
添付をします(助詞がつづく)
添付ファイル(句がつづく)  など
添付いたしかねます … ちゃんと送信されます
添付していますので参照ください

タイトルに「添付します」といったフレーズを入れてもアラートは表示されません。
添付忘れ?アラート(警告) うっかり送信取り消し機能 GMailを使う理由 – もと桜ヶ丘 いま三鷹 MCDST + SITA + ICTマスター の つれづれ

Gmailのメールにメモを付ける『Gmail Notes』
受信したメールに追加でメモを残したいってことありますよね、Gmailでは拡張機能でメモを残せる機能が存在します。
こちらは外部拡張機能の追加をする事で利用できるようになります。

Gmail には標準でメールにメモを付ける機能はありません。しかし Chrome ブラウザの拡張機能『Simple Gmail Notes』を使用することで、難しい設定なしにメモを付けることが可能となります。
まずは拡張機能を下記ページから追加してください。
>Simple Gmail Notes 拡張機能のページへ
https://chrome.google.com/webstore/detail/simple-gmail-notes/jfjkcbkgjohminidbpendlodpfacgmlm
特に設定は不要です。Gmail にアクセスをして、試しにどれか受信メールを開いてみてください。するとメール本文の上にメモ欄が表示されます
最初はメモ欄上に表示されている「log in」から Google アカウントでログインをしてください。「Simple Gmail Notes が次の許可をリクエストしています」と表示されたら許可します。
ログインができたらメモ欄をクリックしてテキストを入力してみてください。保存ボタンはありませんが、自動で入力内容が保存されます。

Gmailにキーボードショトカットが存在していた
仕事の効率を大きく上げるキーボードショートカットですが、Gmailでも存在していた。
キーボートショートカットは初期ではオフになっているので、オンに設定しておくことで利用できるようになります。

1. キーボードショートカットを有効化
Gmail 画面右上の[オプション(ギアマーク)]-[メール設定]をクリックしてメール設定画面を表示し、[全般]タブの「キーボードショートカット:」項目にて[キーボードショートカットを ON ]を選択後、[変更を保存]をクリックします。
Gmail のキーボードショートカット | Gmail の使い方

私がよく使うキーボードショートカット

Ctrl + Enterメッセージを送信
c      新規メッセージを作成
/      検索
f      転送
仕事が爆速になる!Gmailで使えるショートカットキーまとめ | ミライFAN [ミライファン]

他にも沢山のキーボードショートカットが用意されています。

https://matome.naver.jp/odai/2150785253042814001
2017年10月16日