幕末から明治維新・日本近代化に貢献した【トーマス・ブレーク・グラバー】とは

radeantos

トーマス・ブレーク・グラバーとは

日本人でいえば、安田善次郎、福沢諭吉、渋沢栄一らとほぼ同年令。
「金は後でいい」に好感 艦船、武器売買で巨利 トーマス・グラバー(上) | THE PAGE(ザ・ページ)

グラバーは

グラバーは流暢な日本語を操り、薩摩藩の依頼で外国船輸入の斡旋にかかわったことから、薩摩(鹿児島)、長州(山口)土佐(高知)などの西南雄藩への船舶、武器、黒色火薬などの密貿易を行なった。
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー——世界文化遺産の布石は150年前に始まる – 原野 城治

長崎へは

安政6年(1859)

安政6年(1859)、開港後1年の長崎に、香港を拠点にする英国のジャージン・マセソン商会の代理人として着任
vol.01 トマス・グラバー (上) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

産業近代化事業推進者となった一人のスコットランド人
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

主な事業

日本の生糸、茶、陶漆器などを輸出し、木綿、砂糖、武器、弾薬などを輸入した。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

日本近代化に貢献

具体的には

グラバーが持ち込んだ西洋からの最新技術と呼びこまれた技術者・専門家によって、日本の造船、製鉄、石炭産業分野の近代化は急速に加速した。
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

様々な活動を行った

明治の国際交流に貢献

在日外国人社会における人望は絶大で、鹿鳴館の名誉セクレタリーにも推され、明治日本の国際交流に貢献した。
vol.02 トマス・グラバー (下) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

「長州ファイブ」とは

5人は、初代首相の伊藤博文、初代外相の井上馨、日本工業の祖といわれる山尾庸三、造幣局長となった遠藤謹助、鉄道庁長官となった井上勝で、英国では“長州ファイブ”と呼ばれている。
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

グラバーの尽力で密かに英国に留学した伊藤博文は、明治政府の高官となってからもグラバーと接触を保ち、私的に意見を求めることもあったという。
vol.02 トマス・グラバー (下) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

武器商人でもあった

幕末の志士たちの討幕に賛同し、渡英や訪欧を手助けすることで、日本の近代化に大きく貢献しました。
「金は後でいい」に好感 艦船、武器売買で巨利 トーマス・グラバー(上) | THE PAGE(ザ・ページ)

幕末の混乱の中、欧米の貿易商人たちと競うようにして、西南雄藩(ゆうはん)に艦船・武器・弾薬の類を売り込み、1860年代半ばには長崎の外国商館の最大手となりました。
「金は後でいい」に好感 艦船、武器売買で巨利 トーマス・グラバー(上) | THE PAGE(ザ・ページ)

坂本龍馬とも取引をしていた


Tripadvisor 坂本龍馬銅像

トーマス・グラバーといえば、明治維新の立役者、坂本龍馬が立ち上げた日本初の商社「亀山社中」とも取引していた。
鉄道トリビア (374) 長崎市に「我が国鉄道発祥の地」という記念碑がある | マイナビニュース

グラバー邸は

このため、一部には「死の商人」との悪評も立った。
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

しかし、

グラバーが肩入れした西南雄藩は怒涛の勢い討幕の兵を進め鳥羽伏見の戦いで一気に勝敗を決してしまう。
vol.01 トマス・グラバー (上) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

グラバーの思惑はずれて大規模内戦なし。グラバー商会は見越(みこし)で仕入れた大量の武器や艦船を抱え込む。おまけに時代変革の混乱の中で雄藩への掛売りの回収は滞り、明治3年(1870)、資金繰りに窮して倒産するはめに。
vol.01 トマス・グラバー (上) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

高島炭坑

小菅修船場跡、高島炭坑などはグラバーが設立や建設にかかわった
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

慶応4年、肥前(ひぜん)藩から経営を委託された高島炭坑にイギリスの最新の採炭機械を導入し、本格的な採掘を開始した。
vol.01 トマス・グラバー (上) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

だがまたしても

このとき、

このとき救いの手を差し伸べたのが、後に三菱商会となる九十九商会を経営していた岩崎弥太郎だった。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

1880年代後半、豊富な経験や人脈を買われて三菱財閥の幹部社員となったグラバー
グラバーへの手紙 奥日光を愛した人に|下野新聞「SOON」

グラバーは、高島炭坑を手放した後も三菱商会で顧問として、対外的な交流や仕事のアドバイスを続けていた。
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー | nippon.com

ジャパン・ブルワリー設立

1885(明治18)年、株式会社が設立されると、グラバー自身は重役に就任し、ジャパン・ブルワリーの経営に積極的に参画した。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

1888(明治21)年には、国産初のドイツ風ラガービールが醸成され「麒麟ビール」の名で明治屋から売り出された。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

現在のキリンビール

ジャパン・ブルワリーは、後に「麒麟麦酒」と改名される。三菱グループの宴会は「キリンビール」に限るという伝説は今に残っている。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

勲2等旭日重光章を受賞

明治41年にグラバーは、明治維新に功績があったとして、外国人としては破格の勲二等旭日章を贈られた。
vol.02 トマス・グラバー (下) – 三菱の人ゆかりの人 – 三菱人物伝 – 三菱の歴史 – 三菱グループについて – 三菱 mitsubishi.com

実は

長崎を鉄道発祥の地とした

グラバー邸と大浦天主堂を巡るルートの途中にある「我が国鉄道発祥の地」
鉄道トリビア (374) 長崎市に「我が国鉄道発祥の地」という記念碑がある | マイナビニュース

人を乗せて営業可能な鉄道の設置はグラバーの試運転が初めてだった。
鉄道トリビア (374) 長崎市に「我が国鉄道発祥の地」という記念碑がある | マイナビニュース

南西の海岸沿いに約600mの線路を敷き、英国製機関車「アイアン・デューク(鉄の公爵)号」を走らせた。距離は約400mという説もある。
鉄道トリビア (374) 長崎市に「我が国鉄道発祥の地」という記念碑がある | マイナビニュース

最期は東京の自宅

明治44年12月16日、グラバーは東京・麻布富士見町の自宅で、73歳の生涯を閉じた。
【連載】 今、歴史から元気をもらおう(32)~岩崎弥太郎とトーマス・グラバー:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

https://matome.naver.jp/odai/2150695464394702301
2017年10月03日