反モンサント・GMO(遺伝子組み換え作物)の動きが世界に広まっている!!

feelthebernjapan
モンサント・GMOへの反対運動の動きが世界に広まっているそうです。モンサントって何!?GMOって何!?っていう方もいらっしゃると思うので合わせて情報収集してまとめておきます。時々、遺伝子組み換え食品を推奨している人を見かけますが、金の亡者にしか見えない。

反モンサント社、反GMOの動きが世界に広がっています。

ハンガリー政府って。。。。ひょっとして。。アイスランド政府と同様に、グローバル・エリートと戦っているのでしょうか?テロリストが紛れ込んでいる難民を拒否したり、GMOを使用禁止しています。日本政府もハンガリーのように強い態度に出ないと、グローバル・エリートにやられてしまいます。

世界中で反GMO、反モンサントの動きが急速に広がることを願っています。

第一、ダサ過ぎでしょう、シオニスト支配の米グローバル企業が作るモノなんて。。。
彼らが所有するハリウッドもダサッ過ぎて笑っちゃいますが。。。彼らが売るモノはみな人間や生き物に有害であり環境汚染の原因となっています。
つくづく、世界のカビ団子3兄弟は良く似ているなあと感心します。
カビ団子3兄弟とは、偽ユダヤのハザール人、偽漢民族の中国人、エベンキ族の南北朝鮮人のことですが。。。彼らが作るモノはゲテモノであり、ガラクタです。食品にしても、工業製品にしても。。。
一体日本の誰が彼らが作ったモノを買ってあげたいと思うのでしょうか?
反モンサント社、反GMOの動きが世界に広がっています。 : 日本や世界や宇宙の動向

勝利!ハンガリーでモンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシ畑が破壊される

アノニマスがモンサント社HPをダウン モンサント関連ニュース

ハンガリーではモンサント社の種のGMOコーンの畑1000エーカーを全部、焼却したと政府担当官が発表しています。

ハンガリーの農家が語るモンサントの削除法
「GMO作物を燃やしちまって、永遠に禁止にしちまったのよ。
アメリカがしているのと反対のことをしたらいいんだよ」

http://www.naturalcuresnotmedicine.com/2013/05/hungary-destroys-all-monsanto-gmo-corn.html

今年の一月には、ロシアがアメリカからのGMOコーン(NK603)の輸入を停止しています。
理由は「ガンを引き起こす可能性があるから」
国民を守るのに、これ以上の理由は必要ありません。

http://www.naturalcuresnotmedicine.com/2013/05/russia-suspends-import-of-american-gmo.html
アノニマスがモンサント社HPをダウン モンサント関連ニュース|世界の裏側ニュース

はあ~っ、モンサント社製の胡瓜を食べたら。。。股間の毛がみな抜けました。

これぞ、遺伝子組み換え野菜の恐ろしさです。今日は胡瓜のお話しです。味の比較をするために遺伝子組み換え胡瓜を今年の3月から食べ続けた人たちの股間から毛が抜け落ちました!
どのようなホルモン作用があったのでしょうか。人工的な野菜を食べることで、このような突拍子もない副作用が起きることが明らかになりました。
日本では遺伝子組み換え穀物や野菜の栽培を禁止しているとのことですが、輸入穀物や野菜が遺伝子組み換えでないことを示す証拠はあるのでしょうか。また、加工品には遺伝子組み換え食品が使われている可能性もあります。日本のおせんべいには中国のカドミウム米が使われている物もありますから、加工品に変身したなら、誰も遺伝子組み換え食品が使われているかどうかなど確認しようがありません。
日本政府はきちんと検査を行っているのでしょうか。日本の研究機関は、もっと遺伝子組み換え食品に関する実験を行ってもらいたいものです。
日本には、偏狭マスコミにより、世界中からの情報があまり入ってきませんし、報道もされません。
はあ~っ、モンサント社製の胡瓜を食べたら。。。股間の毛がみな抜けました。 : 日本や世界や宇宙の動向

カリフォルニアでモンサント社に対する集団訴訟!

モンサントといえば、
知る人ぞ知る遺伝子組み換え食品の元凶企業である。
一代限りのハイブリット種子の大元締め。
種子の支配ひいては食料支配。
遺伝子組み換えは、
農薬のマーケティング支配。
否、人口削減の一環とも言われている・・・?!

そのモンサントが、総スカンを食らっているようである。

それは2013年頃から感づいていたが、

その傾向が顕著になってきている。
カリフォルニアでモンサント社に対する集団訴訟! – 飄(つむじ風)

さらに、ひいては人口削減の片棒を担いでいるという観測もある。

少なくとも、

食料支配を通じて、

世界支配戦略の一端を担っていると見る向きもある。

こういう世界企業が総スカンを食らって行くことは当然である。

何の権原で支配される必要があるのか?

世界支配計画とは、

特定の国がそうするというのではなく、

国際金融資本グループの企業支配である。

TPPもその目的がある。
カリフォルニアでモンサント社に対する集団訴訟! – 飄(つむじ風)

遺伝子組み換えの基礎知識 | サルでもわかる遺伝子組み換え

日本での状況 | Alter Trade Japan

世界で一番遺伝子組み換え食品を食べているのは日本人!市場に出回る危険な遺伝子組み換え作物の実態

関連動画

関連DVD

関連書籍

関連まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2150632858552059501
2017年09月25日