祖先はWatson自然言語処理ができる Apache UIMA

twcritique
DOC

UIMAは分析・体系化などを通じて非構造化データから構造的なデータへの橋渡しの役目を果たします。例えばテキストデータの場合、言語判定、単語抽出、正規化、関係性認識などの分析を経て、構造化された検索のインデックスを作成するといった利用がされています。

↓の画像のように、人の名前っぽいところが抜き出せている事が分かります。

https://matome.naver.jp/odai/2150561457695388401
2019年07月10日