『8年越しの花嫁』も…切ない系のラブソングはbacknumberで間違いない!!

korikori2
佐藤健&土屋太鳳のW主演で話題の映画『8年越しの花嫁』の主題歌がback numberの新曲「瞬き」に決定。切ない系のラブストーリーにback numberの主題歌って・・・もう絶対間違いない組み合わせじゃないですか!?

☆映画『8年越しの花嫁』で主題歌を担当するback number

back number:映画「8年越しの花嫁」の主題歌担当 W主演の佐藤健&土屋太鳳が絶賛 mantan-web.jp/article/201709… pic.twitter.com/AKRXTWSTtO

土屋太鳳さんと佐藤健さんがダブル主演する映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督、12月16日公開)
back number:映画「8年越しの花嫁」の主題歌担当 W主演の佐藤健&土屋太鳳が絶賛 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

人気バンド「back number」が新曲「瞬き」を本作のために書き下ろした
佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」予告編公開!主題歌はback numberの新曲 : 映画ニュース – 映画.com

back numberの皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございます。映画を見た後、そんな目線でこの曲を聞いてみてください
佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」予告編公開!主題歌はback numberの新曲 : 映画ニュース – 映画.com

主演・佐藤健さんのコメント。

私は人としても女性としても、そしてもちろん女優としても本当に未熟者だと思うけれど、この歌に出合って、聞いて、歌詞を読んだあの朝の瞬間、この歌の中には愛情の正体があるんだって分かりました。
佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」予告編公開!主題歌はback numberの新曲 : 映画ニュース – 映画.com

主演・土屋太鳳さんのコメント。

原作は奇跡の実話

『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』
結婚式を3ヵ月後に控えた尚志と麻衣。幸せな二人を襲ったのは、麻衣の原因不明の病だった―。心肺停止、長い昏睡状態。6年をかけて徐々に意識を取り戻した麻衣は当初、目の前にいる男性が結婚を約束した相手だと気づくことができずにいる。麻衣の身に起こった奇跡、そしてその回復を信じ、支え続けた尚志の献身的な純愛。家族、命、愛の意味を教えてくれる、実際に起きた感動の物語。

「麻衣を待ち続けた尚志は、地方に住む普通の無名の人で、彼はスーパースターで決してないのだけど、だからこそ、麻衣を待ち続けたという一点だけで、彼は既にスーパースターなのだ。無名の普通の人こそ、スーパースター。そういう思いがビンビン伝わってきて『瞬き』はまた大好きな楽曲の一つになった。back numberの皆さん、ありがとうございました!」
佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」予告編公開!主題歌はback numberの新曲 : 映画ニュース – 映画.com

瀬々監督も大絶賛!!

「奇跡、運命、と聞くとひとまず、やたらキラキラしていて触れないくらい美しいものをイメージしてしまいますが、本当はもっと泥臭くて汗臭くて実はもっとそばにあるものなのかもしれないなと思いました。なので楽曲としても、なるべく体温を感じる音と血の流れを感じる言葉で構築された力強いものになるよう心掛けました」
back number:映画「8年越しの花嫁」の主題歌担当 W主演の佐藤健&土屋太鳳が絶賛 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

back number・清水依与吏さんのコメント。

☆「切ない系のラブソング」ならback numberで間違いない!!

back number
3人組ロックバンド。
2004年に結成。2011年にメジャーデビュー。
メンバーはボーカル・ギター担当の清水依与吏、ベース・コーラス担当の小島和也、ドラムス担当の栗原寿。

若者を中心に絶大な人気を誇るロックバンド・back number。彼らの魅力はキャッチーなメロディと、男女問わず虜にしてしまう情感あふれる歌詞にある。
清水依与吏「back numberの曲は歌詞だけ見ても、僕たちの思いが伝わるはずだと自負しています」 – エキサイトニュース(1/2)

ラブソングを書く時は、あまり私情を挟まないようにしています。そのほうが、いろんなシチュエーションをイメージできますから。
清水依与吏「back numberの曲は歌詞だけ見ても、僕たちの思いが伝わるはずだと自負しています」 – エキサイトニュース(2/2)

back numberの作詞を手がけるボーカル・清水依与吏さんのコメント。

「メロディと合わせて楽しんでいただきたいのはもちろんですが、歌詞だけでも自分たちの思いがしっかり伝わるように書いていると自負しています」
清水依与吏「back numberの曲は歌詞だけ見ても、僕たちの思いが伝わるはずだと自負しています」 – エキサイトニュース(2/2)

ラブソングの名手・槇原敬之も絶賛

槇原敬之もback numberの歌詞を大絶賛!!

「切ない系の曲はback numberに全部まかせようと思う。前も言ったよね!」
【エンタがビタミン♪】槇原敬之、平井堅ら“ラブソングマスター”が「天才的」と絶賛する楽曲 | Techinsight(テックインサイト)

槇原敬之さんの「後はまかせた!」宣言。

数々の名作を生み出してきた大先輩の槇原敬之さんも太鼓判を押すback numberの「切ない系ラブソング」。
『8年越しの花嫁』以外にもback numberの主題歌が涙と感動を添えまくっているラブストーリー作品をご紹介します。

☆映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
2016年12月17日公開。
原作:七月隆文
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
主題歌:back number「ハッピーエンド」
出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子 ほか

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。
Amazon | ぼくは明日、昨日のきみとデートする DVD通常版 | 映画

二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。
「わたし、あなたに隠していることがある…」
初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。
Amazon | ぼくは明日、昨日のきみとデートする DVD通常版 | 映画

主題歌はback numberの「ハッピーエンド」

「別れの場面で、ほんとは悲しいのに強がって笑顔で笑って終わらせようとするそんな女の子の悲しい別れの歌です」
福士蒼汰×小松菜奈「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌はback number新曲! : 映画ニュース – 映画.com

back numberのコメント。

「物語と歌詞もリンクしていて、とても心に残りました。しっとりとしたバラードですが、前向きにもなれて、この作品にぴったりだと思います」
福士蒼汰×小松菜奈「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌はback number新曲! : 映画ニュース – 映画.com

主演・福士蒼汰のコメント。

こんな悲しい曲に“ハッピーエンド”というタイトルをつけるのも、とても清水依与吏らしいと思う。《あなたを好きなままで消えてゆく》と、言われる側、つまり主人公の相手側から見ればハッピーエンドなのだと取ることもできるし、恋愛をして、ひとつの終わりを迎えて、これほどまでに胸が痛いということは、ここでの主人公にとってもハッピーエンドと言えるのかもしれない。
【10リスト】私たちの心を揺らしたback numberの名歌詞10 (2017/05/01) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

☆ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』

『5→9〜私に恋したお坊さん〜』
2015年10月12日から12月14日までフジテレビ系月曜21時枠にて放送された。
原作:相原実貴『5時から9時まで』
脚本:小山正太、根本ノンジ
主題歌:back number「クリスマスソング」
出演:石原さとみ、山下智久、田中圭、古川雄輝、高梨臨、紗栄子、小野武彦、加賀まりこ、山下智久 ほか

英会話教室「ELA」の講師・桜庭潤子。ある日、母・恵子の策略で見合いをすることになった潤子は高級料亭へ。彼女を待っていたのは、以前葬儀で粗相をした僧侶・星川高嶺で…。
Amazon | 5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~ Blu-ray BOX -TVドラマ

主題歌はback numberの「クリスマスソング」

「切ない歌詞に泣きそうになる」「まっすぐな気持ちに感動した」
イマドキ10代が選ぶクリスマスソング1位はback number、4位にヒャダイン、8位には「ラブライブ!」μ’sも – music.jpニュース

「イマドキ10代が選ぶ!2016年イチオシのクリスマスソング TOP10」で1位を獲得!!

“クリスマスソング”とかはほんとに迷いながら作りましたし、すごくつらかったです。作っていく中で『ほんとにこれ、俺なのかなあ』っていうふうに思った時もあったし。
【インタビュー】back numberのソングライティングの秘密が丸裸にーー清水依与吏、「恋の20曲」を語る (2016/12/28)

back number・清水さんのコメント。

だけど今、聴いてみると、もうこれは完全に俺でしかないので。嬉しいような悲しいようなというか。じゃあ、カッコつけちゃいけないのかって思うこともあるし、カッコつけさせてくれよって思うところもある
【インタビュー】back numberのソングライティングの秘密が丸裸にーー清水依与吏、「恋の20曲」を語る (2016/12/28) 邦楽ニュース

☆映画『オオカミ少女と黒王子』

『オオカミ少女と黒王子』
2016年5月28日公開
原作:八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」
監督:廣木隆一
脚本:まなべゆきこ
主題歌:back number「僕の名前を」
出演:二階堂ふみ、山﨑賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒 ほか

高校に入学したばかりの篠原エリカは恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。恋愛経験豊富な友達にその存在を疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を見せて、その場をしのごうとする。
オオカミ少女と黒王子をAmazonビデオ-プライム・ビデオで

ところが、その彼は同じ学校に通う、学校イチのイケメン“王子”佐田恭也だった!事情を打ち明けると、彼氏のふりをしてくれることになった恭也。しかし、彼が出した条件はエリカの“絶対服従”。ドSな恭也にふりまわされるうちに、ウソから始まった2人の関係が発展して・・・?
オオカミ少女と黒王子をAmazonビデオ-プライム・ビデオで

主題歌はback numberの「僕の名前を」

“僕の名前を”とかで、やっと『恋の始まり、楽しいぜ、ベイベー!』みたいなのもバカなふりして歌えるようになってきて。
【インタビュー】back numberのソングライティングの秘密が丸裸にーー清水依与吏、「恋の20曲」を語る (2016/12/28)

“僕の名前を”を出した時は、映画(『オオカミ少女と黒王子』)も10代向けの映画で、その中のなるべくまっすぐなラブソングを書こうと思って、たぶん今までにないくらいポジティブなものだと思ったんですけど、聴いた人たちからは『なんて悲しいんだ』とすごく言われて『ああ~』って思ったんですよ(笑)。自分では全然切なくないなあと思ったんですけど
【インタビュー】back numberのソングライティングの秘密が丸裸にーー清水依与吏、「恋の20曲」を語る (2016/12/28)

ご本人にそんな意図はなくても、なぜか切なくなってしまう(?)back numberのラブソング。
これからもいろんなドラマや映画の主題歌として、作品を盛り上げまくってほしいですね!!

▽参考サイト

https://matome.naver.jp/odai/2150554353459623701
2017年09月16日