「バナナヘッド」ってどういう意味?果物を使った慣用句 -英語版-

kat_and
英語には、果物を使った慣用句が、とてもたくさんあります。国ごとにフルーツに対するイメージって、実は大きく違っているのかも? 知って役立つ(?)イディオムを、ピックアップして紹介しましょう。

果物が含まれる慣用句!英語とフルーツの関係

【ブドウ】grapeを使った英語イディオム

ブドウはワインの材料。
そのため、英語の慣用句では、「grape=酒」ということも多いです。

in the grip of the grape
「in the grip of~」は、良くないものの虜になってしまっている状態を指します。

酔っぱらい

belt the grape
こちらでも、grapeはやはり「お酒」です

べろんべろんに酔っている

sour grapes
「酸っぱいブドウ」のイソップ童話から来ています。

負け惜しみ

【リンゴ】appleを使った英語イディオム

神話や伝承にもたびたび登場する、歴史ある果物・リンゴ。
フルーツの代名詞としても使われることがあります。

the apple of one’s eye

お気に入りの人

rotten apple
the rotten apple injures its neighbor(腐ったひとつの林檎が、周囲にも悪影響を与える)から

腐ったヤツ、堕落した人

sure as little apples
as sure as God made little green apples(神は青いリンゴを作らなかった、そのくらい確かに)から

間違いなく

The apple of discord
トロイア戦争の原因となった、金色の林檎から

争いの種

upset the apple cart
台無しにする

polish apples

ゴマをする

【バナナ】banana使った英語イディオム

バナナは、「バカ」や「変」といった、嘲笑的なイメージで使われやすいです。
身近なフルーツである分、英語圏では、否定的な慣用句にも多用されているのかもしれません。

banana head

バカもの

go bananas

狂っている

banana oil

戯言

banana skin

恥ずかしい失敗

【モモ】peach使った英語イディオム

甘くて瑞々しいフルーツであるモモ。
ピンクで丸いルックスも相まって、英語圏では、人を褒める慣用句として使われやすいです。

peach

素敵な人

peaches and cream

血色が良い

【サクランボ】cherryを使った英語イディオム

サクランボは、小さくて赤く、ラッキーなフルーツとして使われることが多いです。
慣用句としても、ポジティブなものばかりですね。

the cherry on the cake

予想外の幸運

cherry pick

良いものを選び取る

another bite at the cherry

二度目のチャンス

a bowl of cherries

とても楽しいこと

【レモン】lemonを使った英語イディオム

アメリカの慣用句は、レモンをネガティブなイメージで使うものがかなり多いです。
これは、レモンの皮が厚く、とても酸っぱいフルーツだからと言われています。

lemon

ポンコツ(車)

do me a lemon

「冗談でしょ?」

suck a lemon
go suck a lemon とも

失せろ

lemon
She is lemon(彼女はイヤなやつ)

嫌な奴

【オレンジ】orangeを使った英語イディオム

squeezed orange
絞ったあとのオレンジは苦いから

用済みのもの

go gathering orange blossoms
オレンジの花は、花嫁の純潔を象徴していることから

婚活、お見合い

squeeze an orange

良いとこどり(甘い汁を吸う)

【ナシ】pearを使った英語イディオム

英語圏におけるナシは、大抵「洋ナシ」です。
慣用句もそこからとられています。
和ナシはあまりメジャーではない果物ですね。

pear shaped

メタボ体型

go pear shaped

計画が失敗する

https://matome.naver.jp/odai/2150427616302809701
2017年09月02日