ミニ四駆 提灯・ヒクオ・ノリオ マスダンパー改造の種類

neraiwosadamerunda

マスダンパーとは?

衝撃で上下動する錘を取り付ける事でマシン着地時の衝撃を吸収し安定させる
2006年ごろにダンガンレーサーのメタルスキッドローラーを流用する形で開発され
立体コースの多くなった近年のミニ四駆レースの必須アイテムとなった

GP.392 マスダンパーセット
定価388円
スタンダードなタイプのマスダンパー
ウェイトが回転するので外側に配置するとレギュ違反になるので注意

提灯

FRPやカーボンプレートを井のように組んで、プレート全体を上下させる可動ダンパー
ボディの上に乗せる形でセットする

ボディ提灯

提灯とボディを接続して連動させている

ヒクオ

提灯の位置を低くし、ボディと接続させて、プレートとボディを一緒に連動させる

フロントヒクオ

フロントを可動させるタイプも

ノリオ

ヒクオよりも更に低く、シャフトよりも低い位置に提灯を設置し
ボディの下で可動させる

東北ダンパー

リアバンパーに作ったダンパーでリアブレーキを叩くタイプ

https://matome.naver.jp/odai/2150183440155826001
2017年08月04日