【漫画】青春をテーマにしたBL(ボーイズラブ)の電子書籍あらすじまとめ【最新】

マヌルネコ
青春を題材にしたBL(ボーイズラブ)の電子書籍まとめです。

BL(ボーイズラブとは)

ボーイズラブ(和製英語)とは、日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのことで、1990年代中盤~後半に使われるようになった言葉である。元々は「耽美」・「JUNE」の言い換え語だったようである。のちにBL(ビーエル)と略されるようになった。作家、編集者のほとんどは女性、読者の大多数も女性
で、ゲイの男性向けの作品とはおおむね別れている。それほど確固とした概念ではなく、ボーイズラブとそれ以外のジャンルを明確に分けることはむずかしい。

青春をテーマにしたBL(ボーイズラブ)の電子書籍一覧


https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393903
君は夏のなか
男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=23708-121455950-001-001

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393203
ふたりの特別授業
宇田川は人に嫌われるのが怖くて、必要以上に明るく振る舞っていた。だが課題で近寄りがたい雰囲気の渡部と組むことになり、話しかけたところ「お前みたいなやつ、大ッ嫌い」と言われてしまう。ショックだったものの、やがて率直な物言いをする渡部といるのが心地良く感じ始める。彼に好かれたいと思い、素直な気持ちを伝えた宇田川。いつしか渡部は、大切な「本当の友達」となっていたが……。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27449-120901750-001-001

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393303
好きだけど理不尽
「親友だと思ってた奴が、童貞じゃなかった……」 幼なじみで親友の秋広の発言に、笑介は青天の霹靂級のショックを受ける!!! そりゃもう高校生だし、そんなお年頃ではあるけど…。 「いつ? 誰と? なんで~??」 置いてきぼりにされて焦る笑介は、実は秋広が顔良し・頭良し・性格良しで 女子にモテモテな事に気付くのだった。 その気持ちはいつの間にか、どうしようもないイライラに変わっていき―――…。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27547-120320233-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393403
ハートのトートロジー
頭はいいけど変わり者で堅物なクラスメイトの月川に告白された春名。どうやって断ろうかと悩んでいるうちに、月川が事故に遭って記憶を失い、なんと性格までも180度変わってしまう! 「いい人」になった月川が、自分のことを忘れてくれてホッとしたはずなのに、なんだか胸がモヤモヤして……?
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27449-120896332-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393503
ファイナル・インプレッション
僕がまだ何も知らなかった頃、大好きだったヒロくん。幼い恋心を伝えたのを最後に、彼は遠くへ引っ越してしまった。 それから時は過ぎ、再びこの町に戻ってきたヒロくんは、すっかり性格が悪くなっていて…。 僕をからかい、オモチャにし始めた。幻滅した僕は、ヒロくんを嫌いになる。でも、最悪の恋には、まだ続きがあった…。 「ファイナル・インプレッション」(#1~#4)
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27547-120327125-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393603
最後の三月
大人気のBL作品を、エピソードごとに分冊化して、お求めやすい価格でお届けします! いいかげんでお調子者で、誰にでもいいツラしてヘラヘラしてる。こんなヤツ・康平に振り回されてる自分・晴行。動揺したら……気持ちを悟られたら、ダメだ……。「ぐるぐるトランキライザー」「あなたに届く声」を収録。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27547-121416749-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393703
夏揺らぐキミをおう
クラスのムードメーカー的存在の武田と、優等生の榊。一度も喋ったことがない二人だったが、武田は榊が泣いているところを偶然目撃してしまう。クラスメイトの意外な一面に驚きつつも、それが誰にむけた涙だったのか気になりだしてしまい――。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27449-120901749-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028393803
群青のすべて
【気づけばそれは】 中1から高2までずっと同じクラスだった牧原快(まきはらかい)と水代漣(みずしろれん)。 でも高校生活最後の1年で別々のクラスへ。変わりなく流れていく日常に、小さな波紋が生まれて…それはいつしか隠していた気持ちを芽吹かせる。 言いたくて、言えなくて。心のずっとずっと深いところにいた気持ちが出した答えは… 男子高校生の声にならない恋と青春の軌跡。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=23708-120899870-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394003
片恋オペラ
惚れっぽくて、いつも誰かに恋している芥。幼馴染みである青は、そんな芥に10年越しの片想いをしている。ずっとずっとそばで見守り、そして、彼の恋が叶う可能性は、すべて密かに潰してきた。失恋した芥は泣いて、自分の元に甘えに来るから。(いつかこの健気な想いを、疼く欲望を思い知らせてやる)そう思っていた青だけれど……?
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27449-120907905-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394103
純潔ドロップ
文化部長の春日部は、テニス部エースで運動部長の三郷が大嫌い。上級生を上級生とも思わない態度は生意気だし、かつて自分がいた校内の「王子」ポジションを、彼に奪われたのだ。しかしある日、三郷が童貞だと知った春日部は自分のことを棚に上げ、からかうつもりでキスを仕掛けた。すると三郷は、思いがけずMで可愛い反応!S心をくすぐられ、行為はエスカレートするけれど……!?
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=27449-120901747-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394203
恋が聞こえる
引っ込み思案な高校生・秋吉は、人気者の同級生・清良に秘かな想いを寄せていた。口下手で友達も少ない男の自分に告白されても困るはずだと告白すら出来ずにいた秋吉だったが、「清良くんの声が聞こえなければ諦められるのに…」と願ったばかりに、本当に清良の声が聞こえなくなってしまい――。不器用な男子高校生のセンシティブラブストーリー。電子限定おまけ付き!
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=20623-120912216-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394303
キライの恋人
「俺、おまえのことキライなのかな」 二人でいるときにだけ感じる居心地の悪さを持てあまし、クラスメイトの鳩宿にそんな呟きをもらしてしまった百々地。どこか傷ついた顔をした鳩宿に罪悪感を覚えたものの、鳩宿から返ってきたのは「だったら付き合って」という思いもよらない一言だった。やまない胸騒ぎを抱えたまま、なぜか恋人として付き合うことになった二人だが…。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=20623-120780506-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394403
アイスクリームライン
夏海光太は、打ちこんでいたサーフィンを辞めてから、楽しいけど変わり映えのしない毎日を送っていた。そんなある日、クラスメイトの優等生・尾栗満から誕生日プレゼントをもらう。満のことを意識するようになる光太。満の気持ちはわからないまま…。夏がくるたびに二人の距離は縮まり、いつしかお互いが特別な存在にかわっていく──。
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=23708-120598115-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394503
ふたりぼっちで恋を
学年一位の秀才・岸龍介は、そのプライドの高さから十七年間友達のいない「ぼっち」だった。そこで「高校生活最後の年ぐらいは友達を作ろう!」と意気込むが、周りはすでにグループができており、完全に流れに乗り遅れてしまう。なんとか同じ境遇のクラスメイトがいないか探した龍介は、さみしくひとりで便所飯うぃしていた「ぼっち」の森高真人を発見し…!?
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=20623-120780510-001-001&trc_cd=PC5049

https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601/2150158278028394603
GLOW!
「アンラッキー世界大会があったら、多分優勝…」子どものころからなにかにつけて不運に愛される、森咲亜季。高校に入学してからもそれは絶賛継続中!!先輩の赤羽と徳永にハメられ、園芸部に強制入部。さらに、その園芸部とは仮の姿…正体はなんと闇金部!!教師も手を焼くキケンなイケメン先輩に囲まれて不運満喫な高校生活…だけど、いつしか芽生える不思議な気持ち
https://book.oricon.co.jp/php/book/BookTop.php?book=23708-120722266-001-001&trc_cd=PC5049
https://matome.naver.jp/odai/2150158143627965601
2017年09月26日