【心霊ちょっといい話】 心強い存在

Ghostail
数ある洒落にならない怖い話の中でも心霊系にまつわる感動する作品を紹介します。今回の作品は『心強い存在』です。

『心強い存在』


https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536566003

俺は家庭に恵まれず・・・・とは言っても殆どが親父の所為だけどね。
心の拠り所だったばあちゃんも病死してからは、転落人生まっしぐら
そんなある時に「守護霊が視える」人と知り合った事で
俺の最高の味方の存在を知る事になった。


https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536565903
【このお話の特徴】
基本的には心霊や不思議な話ですが
通常の怖い話の様に怖い怪異の話ではなく
感動する話や切ない話の事です。

https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536566103

霊感なんて皆無のオレだけど、まあちょっとした不思議な体験。

まぁオレまだ若いけど、人生にっていうか家庭に恵まれなくてさ。

いい兄妹はいるんだけど(因みにオレは長男)親に恵まれてなくて、

母親はとっくに出てったし二番目の母親もオレが中学2年の時に
出ていきやがってさ。

因みにソン時、腹違いの弟がいたんだよ。

オレ男の兄弟初めてだからテンションMAXだったよ。

野球が好きだからある程度大きくなったらキャッチボールとかしてぇなぁ、って感じで。

まぁ叶わない夢になっちゃったけどね。

んでまぁ、最悪なのは親父。オレが小ちゃいときからDVがすげぇの。

酷いときには妹にまで手出しやがる。

その度にオレが食い止めるんだが、更なる謎の怒りがオレに向くわけ。

今、思い出すだけでもイライラしてくわ。ホント。

しかも会社クビになってやがんのオレが中学3年の時に。

そしたら何思ったかしんねぇけど、
色んなトコに借金してバイク屋始めたんだよ。

まぁオレもバイク好きだから悪くは思わなかったけどね。

でもまぁ長続きしなかった。商人気質でもないしな。あの馬鹿は。

つか毎日、家にいて店に行かねぇんだもん。そら潰れるわ。

しかも去年の夏にパクられやがった。警察に。

兄妹だけで生活なんてできないから、祖父母のトコに行ったんだよ。

オレもまだ高校生だしね。


https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536566303

そしたら同じ時期にばぁちゃん胃がんになっちゃった。

その時は手術すれば治るなんて言って胃の摘出手術受けたんだけどね。

因みに手術後に摘出した胃を見せてくるんだよ。医者が。

まぁオレ自称グロマスターだけど、生はやっぱきつかったよ。

気持ち悪!ってなったもん。

いやまぁそれはどうでもいいだけど、再発しちゃったのよ。

その年の12月頃だったかなぁ。

日ごとに衰えてくばぁちゃん見るのはホントに辛かったよ。

省いてたけどオレかなりばぁちゃん子だったんだよ。

んで今年の三月に逝っちまった。

まぁ信じてない奴が大半だろうけど、
一応信じてる奴のタメに言っておこう。神様なんていねぇよ。


https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536566203

まぁそこからちょっとやさぐれちゃってさ。

学校なんて行く気無くして、自主退学したんだ。

まぁ学校行かなくても友達とは遊ぶっつうんで、バイトを新しく始めたんだな。

O阪のK橋の立ち飲みバーで。

バーテンなんかしてると色んな人に色んな話を聞けるんだよ。

中には守護霊が見えるなんて人も居るわけ。

オレ、オカ板来てるけど霊の存在なんてホントは信じてなかったんだよ。

でも、その考えは変わった。

ちょっとした好奇心で、守護霊が見えるって人に

「じゃぁボクの守護霊見て下さい」

なんて軽く言ってみたらその人ポロポロ涙流すんだ。

「どうしました?」って聞いたら

「苦労したんやねぇ・・・」だって。

びっくりして(゜Д゜)ポカーンってしてたら

「おばぁさんに聞いた」って言い出した。

続けて

「おばぁさんは、ホンマに今キミの事を心配に思てる。
学業の事も将来の事も」

って言ったんだ。

「どこに見えますか?!」

ってオレが聞いたら、黙ってオレの後ろを指差した。

バって後ろ向いて、ここにばぁちゃん居てるんか。

って思ったら涙止まらなかったよ。

そしたらマスターが気きかせてくれて、はや引きさせてもらった。

いつもは始発で帰るのにその日は終電で帰ったよ。


https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901/2150139209536566403

電車に乗り込んで座席に座ったんだ。気がついたら家。

リビングの入り口に立ってるんだ。

真ん中にコタツがあるんだけど、
ばぁちゃんがテレビの方向いて座ってる。

「ばぁ!」って叫んだらばぁちゃんがこっち向いて、

生きてた時と同じ笑い顔で「がんばりや。」って優しく言った。

そこで目が覚めた。電車で寝てたんだな。コレが。

さっき店であんな事言われたから見た夢かな?

って一瞬思ったけど、ばぁちゃんがオレを励ましてくれたんだって今は思いたい。

とりあえず、じぃちゃんまだ生きてるし、
じぃちゃんと妹を大切にしながら生きてこうと思う。

来年には高校生やり直すよ。通信か単位制で。

ホントは九月に入学できたんだけどそれだと奨学金でないから。来年受ける。

ばぁちゃんが、いつでも後ろに居るとおもったら心強いしね。

長文の上、文才なくてごめんなさい。工房が偉そうに言ってスイマセン。

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

https://matome.naver.jp/odai/2150139185936480901
2017年07月30日