寿命を延す…誤嚥性肺炎の対策「喉や舌」を鍛える

a8o
誤嚥性肺炎関連の高齢者死亡要因70%占めるデーターも。そこで誤嚥性肺炎の対策や予防により70%寿命を延ばすことに、喉の老化も鍛えることによって飲み込みミスなどを少しでも防ぐ事ができるようです。

最近「むせる」

あやの@aya03no15

なんか最近 よく自分の唾液でムセる…加齢か…嚥下機能の低下か…

yumichamu@ky0029

最近嚥下機能が落ちてるのか、よくムセる。やばいな

bird@holly_nats

@numakko_uni それはよくある!!何だろうね、これ?えっぇぇ?と自分で焦るw しかも私はよくムセるから尚更www ろ、ろう、ろうか・・・?

誤嚥性肺炎 死亡原因

高齢者の月別死亡率は、冬に高く夏に低い。しかし、がん、心疾患に次いで日本人の死亡原因第3位となる肺炎については季節に関係がない。
死に直結する「誤嚥性肺炎」の予防法(1)|ニフティニュース

理由は、死亡する9割以上が高齢者という誤嚥性肺炎が多いためだ。
死に直結する「誤嚥性肺炎」の予防法(1)|ニフティニュース

肺炎は高齢者になるほど死亡率の高い病気で、死亡者の9割以上が65歳以上ですが、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関連しているといわれています。
誤嚥性肺炎は高齢者の肺炎の70%以上が関連しています

有名人も誤嚥性肺炎多く亡くなっている

4月に亡くなった歌手のペギー葉山(83=享年、以下同=)や元横綱で相撲協会理事長を務めた佐田の山(79)
中村勘三郎、山城新伍も… 増加する「誤嚥性肺炎」の原因とは | デイリー新潮

5月15日には劇団四季で活躍した日下武史(86)も肺炎で亡くなっている。
中村勘三郎、山城新伍も… 増加する「誤嚥性肺炎」の原因とは | デイリー新潮

昨年は野球解説者の豊田泰光(81)や役者の根津甚八(69)、さらに遡れば、山城新伍(70)もそうだ。あまりの多さに愕然とするほかない。
中村勘三郎、山城新伍も… 増加する「誤嚥性肺炎」の原因とは | デイリー新潮

誤嚥性肺炎は食事の時より寝ている時が危ない

高齢者のかかる肺炎は、誤嚥性肺炎が多いと考えられています。飲食物の誤嚥による誤嚥性肺炎が起こる
誤嚥性肺炎とは|介護・嚥下にお悩みの方のために|バランス株式会社

口の中(咽頭や喉頭)の粘膜に細菌の巣(コロニー)ができていて、細菌を含んだ唾液などの分泌物を誤嚥
誤嚥性肺炎とは|介護・嚥下にお悩みの方のために|バランス株式会社

夜間睡眠中、胃食道逆流により胃内容物を誤嚥する。
誤嚥性肺炎とは|介護・嚥下にお悩みの方のために|バランス株式会社

誤嚥症状

誤嚥の最も多い症状は、食事中の激しいむせと咳、さらにそれが原因で呼吸困難に陥るものです。
誤嚥とは 原因・症状・対策 | 介護の無料相談&ハウツー「安心介護」

顔が紅潮したり、場合によってはチアノーゼが見られたりすることもあるでしょう。重篤なケースでは咳も出ず、窒息してそのまま意識を失うこともあります。
誤嚥とは 原因・症状・対策 | 介護の無料相談&ハウツー「安心介護」

原因や要因

・脳の病気

高齢者肺炎が治りづらいのは、脳血管障害による嚥下機能低下の存在がある

加齢とともに咳反射や嚥下反射の低下が起き、高齢者は肺炎に罹患しやすいと長い間考えられてきました。
症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

しかし、ADL(日常生活動作)の高い人のみを対象に20~80歳後半までの各年代で咳反射と嚥下反射を調べたところ、加齢による変化は認められませんでした。
症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

一方で、肺炎既往のある高齢者では、咳・嚥下反射ともに低下していました。つまり、加齢以外の因子が重要であると考えられます。
症状に気付きにくい誤嚥性肺炎!重症化する前に治療を! | いしゃまち

・食道癌などの食道の病気

口内炎・扁桃腺炎・咽頭炎などの口腔、咽頭の病気
食道炎・食道の奇形・食道癌などの食道の病気
肺炎の原因にもなる誤嚥!その原因と予防法について | いしゃまち

・加齢によるもの

老化により咀嚼する機能や嚥下する機能が低下し、また集中力などが落ちる為に、誤嚥が起こりやすくなります。
肺炎の原因にもなる誤嚥!その原因と予防法について | いしゃまち

誤嚥をしてしまったのに咳で吐き出すことができなくなることがあるようです。
【医師監修】誤嚥性肺炎の予防とは | ヘルスケア大学

対策や予防

・食事の姿勢

上向きでは飲み込みにくく、また気道のふたが閉まる前に食物が滑り落ちて誤嚥する危険性があります。
嚥下障害と誤嚥性肺炎|高齢者|予防|体操|食事

椅子でもベッド上でも、前屈みで食事することが大切です。
嚥下障害と誤嚥性肺炎|高齢者|予防|体操|食事

・首や口・舌のトレーニング

首や口・舌の周辺の緊張をとり、リラックスさせることで、飲み込む時の筋肉運動をスムーズにすることができます。
嚥下(えんげ)障害の予防は日常のトレーニングで | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

首のトレーニングは、肩の力を抜いて、首をゆっくり前後・左右に動かし、首筋をしっかり伸ばすようにします。口のトレーニングは、ほおをふくらませたり、へこませたりを繰り返します。
嚥下(えんげ)障害の予防は日常のトレーニングで | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

・会話

嚥下機能は使わないと退化してしまうので意識し訓練することが大切ですが、日常生活の中で声を出して意識的に会話することも嚥下機能の回復となります。
加齢による嚥下機能の低下も、肺炎のリスクのひとつです- ワクチン・予防接種について – ファイザー

・口腔ケア

口の中の細菌を減らすことで発症リスクが減らせます。
誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策 | 介護の無料相談&ハウツー「安心介護」

正しい歯磨きのほか、特に高齢者は嚥下反射をよくするために歯茎のマッサージを行うのも効果的です。
誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策 | 介護の無料相談&ハウツー「安心介護」

https://matome.naver.jp/odai/2150131403202706701
2017年07月29日