殺処分予定のトイプードルも!?警察犬に小型犬がいるって知ってた?

furu3104
こんにちは、自称愛犬家のサムです。警察犬と言えば大型犬をイメージする人がほとんどだと思います。しかし、現在ではなんとプードルなど小型犬も警察犬として活躍しているのです。そんな小型警察犬をサムが紹介したいと思います。

警察犬と言えば・・・

いきなりですが、皆さん「警察犬」を頭に思い浮かべてみてください。

おそらく・・・

このように、シェパードなどの大型犬を思い浮かべた人がほとんどだと思います。

実際、日本の警察犬協会が警察犬として指定しているのは

・シェパード
・ボクサー
・ドーベルマン
・ゴールデンレトリバー
・ラブラドールレトリーバー
・コリー
・エアデールテリア

の7種で、全て大型犬になります。

「委託警察犬」とは?

しかし、警察犬には警察が訓練をして飼育や管理している「直轄警察犬」の他にも一般の人が訓練し飼育や管理もしている「委託警察犬」というワンちゃん達もいるのです。

(現在では、直轄警察犬よりも委託警察犬の方がはるかに数が多いそうですよ。)

この委託警察犬は毎年警察が審査会を行なって、委託する犬を選んでいるのですが、委託警察犬の場合、犬種は問わないケースもあるのです。

そういったなか審査会を見事合格したワンちゃん達のなかには小型犬もいるのです。

警察犬のチワワ!?

2011年には約3.5キロの世界最小警察犬のチワワの警察犬が誕生して世界中でも注目を集めたそうです。

僕も、最初は「えっ?チワワが警察犬?」って思ったのですが、チワワって好奇心もあって小さいのに勇敢な一面もあるので、意外と警察犬に向いているのかもしれませんね。

日本で最初の2匹のプードル警察犬「カリン」と「フーガ」

トイプードルの「フーガ」と「カリン」は普通に一般の家庭でペットとして飼われていたのですが、しつけのために訓練に預けていたところ、そこの訓練士に才能を見出されて警察犬になるための訓練を始め審査会で合格したそうです。

そして2012年に委託警察犬として災害場所での捜索などで活躍して、その後は広報犬としても大活躍したそうです。

殺処分される予定だったトイプードルが警察犬に

生まれて間もなく、飼育放棄され殺処分されるところだったのを現在の飼い主に引き取られ「アンズ」と名付けられたそうです。

アンズはその新しい飼い主さんのところで飼われていたシェパードと仲良くなり、シェパードの訓練にアンズも付き合ってみたら才能があることが分かり、訓練を重ねた結果、見事審査会に合格して警察犬となったそうです。

ちなみに、飼育放棄した元飼い主は「飼育の本通りに動いてくれないから殺処分してほしい」って動物指導センターに連れてきたらしいですよ。何てヤツだ・・・

ミニチュアダックスフンドも警察犬に

2013年にはミニチュアダックスフンドが始めて警察犬になりました。このミニチュアダックスフンドは3回目の審査で合格したそうです。

2014年、2015年も別の2頭のミニチュアダックスフンドが合格して警察犬となったそうです。

今後も小型犬の警察犬が増えていく?

小型犬が警察犬として活躍していることを初めて知ったという人もたくさんいると思います。

現時点では、まだまだ珍しいケースみたいですが、災害場所で大型犬も行けないような狭い場所の捜索など小型犬ならではの利点もありますし、警察犬として活躍する小型犬が今後もっと増えていくかもしれませんね。

個人的には、「アンズ」のように殺処分されてしまう予定の犬が警察犬を目指せるようなシステムが出来て欲しいなって思います。

https://matome.naver.jp/odai/2149928254560397601
2017年08月05日