【名曲】BUMP OF CHICKENのアルバムを振り返る

フリードッグ
BUMP OF CHICKENのこれまでのアルバムをまとめました。初期の頃の動画はなくなっているものが多いですが最新のものは消えていないので、是非、見てください!
FLAME VEIN(+1)
1999年3月18日発売

1. ガラスのブルース
2. くだらない唄
3. アルエ
4. リトルブレイバー
5. ノーヒットノーラン
6. とっておきの唄
7. ナイフ
8. バトルクライ

BUMP OF CHICKENのインディーズ1枚目のアルバム。1999年3月18日にハイラインレコーズから発売され、メジャーデビュー後の2004年4月28日には再発盤がトイズファクトリーから発売された。
FLAME VEIN – Wikipedia

再発盤には、廃盤となっている1枚目のシングル「LAMP」のカップリング曲「バトルクライ」が足されており、タイトルを『FLAME VEIN +1』として発売している。なお、インディーズ盤の帯には「情熱は約束を守る」というキャッチコピーが書かれていた。
FLAME VEIN – Wikipedia

すべての曲のレコーディングを2日で終わらせた。
FLAME VEIN – Wikipedia

バンドとして初期の音源(1996年頃に出来た「ガラスのブルース」以降)が収録されている(隠しトラックには更に古い「DANNY」が収録)。
FLAME VEIN – Wikipedia

代表曲

http://www.youtube.com/watch?v=bnlstlAfdJU

アルエ

/レビュー

まず、詞がいいです。曲のために、語感のいい単語を並べて詞を書いたって感じではなくて、日常の中で感じるような飾らない気持ちを歌に込めてて、共感できるようなものばかりです。各曲の主人公たちの素朴な気持ちに親近感がわきますよ!ヒットチャートの上位を独占してる曲たちは覚えやすくていいけどすぐに飽きるなぁ…そんなあなたにおすすめです
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, 藤原基央 : FLAME VEIN – ミュージック

今のような複雑(個人的な言い方)な歌詞の曲ではなく
純粋に物語っているような感じがします。でも純粋だからこそ、今のバンプとは違う、「グッ」と来るものがあるし。やっぱりバンプらしく温かく厳しく優しい曲がいっぱい入っていると思います。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, 藤原基央 : FLAME VEIN – ミュージック

THE LIVING DEAD
2000年3月25日発売
1. Opening
2. グングニル
3. ベストピクチャー
4. 続・くだらない唄
5. ランプ
6. K
7. リリィ
8. Ever lasting lie
9. グロリアスレボリューション
10. Ending

BUMP OF CHICKENのインディーズ2枚目のアルバム。2000年3月25日にハイラインレコーズから発売され、メジャーデビュー後の2004年4月28日には再発盤がトイズファクトリーから発売された。収録内容は原盤・再発盤ともに一緒だが、再発盤にはリマスタリングが施されている。
THE LIVING DEAD – Wikipedia

コンセプト・アルバム。全編物語形式の楽曲で占めている。
ほぼすべての曲の作詞・作曲・レコーディングは、1999年秋から2000年春までという比較的短い制作期間で集中的に行われた。中でもアルバム曲のレコーディング期間は約一週間程であり、メンバーはメロディも歌詞もない状態でオケの録音を行い、そのインスト音源を聴きながら藤原が後からメロディと歌詞を付けるというスタイルで作られた。
THE LIVING DEAD – Wikipedia

多忙なスケジュール、契約問題、その他様々な重圧に悩まされていた暗黒期であり、「その頃の俺たちのそのまま」を表す言葉として「THE LIVING DEAD」(生ける屍)と名づけられた。
THE LIVING DEAD – Wikipedia

代表曲

http://www.youtube.com/watch?v=Qi17keWdyrs

ランプ

/レビュー

このアルバム、初めはなんとなく、
いいなぁぐらいの気持ちで聴いていました。
しかし、失恋などが原因で落ち込んでいる時にコレを聴くと、
聴き終わった頃には涙が止まらなくなってました。
自分と共に前に進んで行ける、名盤です。
THE LIVING DEAD – Wikipedia

このアルバムは人間の(国境、人種を超えたといってもよい)
普遍的な生命、尊厳、真理、感情、存在、一生涯を力強く表現する稀有なものです。
こんなにも生々しく壮絶な詩を私はほかに知りません。
THE LIVING DEAD – Wikipedia

jupiter
2002/2/20発売
1. Stage Of The Ground
2. 天体観測
3. Title Of Mine
4. キャッチボール
5. ハルジオン
6. ベンチとコーヒー
7. メロディーフラッグ
8. ベル
9. ダイヤモンド
10. ダンデライオン

BUMP OF CHICKENのメジャー1枚目、通算3枚目のオリジナルアルバム。2002年2月20日にトイズファクトリーから発売された。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, Motoo Fujiwara, Hiroaki Masukawa : jupiter – ミュージック

タイトルの由来は、アルバム名を何にするかと訊かれた時に、たまたま藤原が木星のことを考えていたため。
ジャケット表紙からケース裏まで、少しずつ「宇宙→地球→海」へと近付いていく写真が掲載されている。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, Motoo Fujiwara, Hiroaki Masukawa : jupiter – ミュージック

初動25.0万枚を売上げ、シングル・アルバム通じて自身初のオリコンチャート初登場1位を記録、オリコンチャート登場週数で200週を超えるロングヒットとなった。
累計出荷枚数は現在までに90万枚を超えている。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, Motoo Fujiwara, Hiroaki Masukawa : jupiter – ミュージック

本編と隠しトラック(及び空白の時間)との時間の合計が、ちょうど70分になるようにしてある。(一部の機器では70分02秒になる。)
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, Motoo Fujiwara, Hiroaki Masukawa : jupiter – ミュージック

代表曲

http://www.youtube.com/watch?v=j7CDb610Bg0
http://www.youtube.com/watch?v=q-E9__zbE20

BUMP OF CHICKENっていうバンドは自分たちと同じ目線から物事を見てくれて、同じことを感じて、でも自分たちが唄には出来ないことを唄にしてくれる。だからこそいつも共感できる。このアルバムは本当にいろんなシチュエーションで聞きました。社会人になるとき、初めて給料をもらった帰りの車の中、社会人になってから付き合った彼女とのドライブ中、その彼女と別れてから一人で聞いた車の中、今の妻と結婚を決めたとき、子供が産まれたときなどなど。そのどの場面でもいつも優しく寄り添っていてくれた唄ばかりです。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: jupiter

2002年発表。ふとつけたラジオから聞こえてきた「天体観測」と出会った奇跡。私小説のインセンスとロックンロールのエモーションが調和する奇跡。ひとまわり以上も年上のおっさんの心を震わせる歌の力の奇跡。インディーから這い上がった天才が生み出した日本の音楽のマスターピース。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: jupiter

ユグドラシル
2004/8/25発売
1. asgard
2. オンリー ロンリー グローリー (アルバムエディット)
3. 乗車権
4. ギルド
5. embrace
6. sailing day
7. 同じドアをくぐれたら
8. 車輪の唄
9. スノースマイル
10. レム
11. fire sign
12. 太陽
13. ロストマン
14. midgard

BUMP OF CHICKENのメジャー2枚目、通算4枚目のアルバム。2004年8月25日にトイズファクトリーから発売された。
ユグドラシル (アルバム) – Wikipedia

前作『jupiter』から2年半ぶりに発売された。タイトル「ユグドラシル」とは北欧神話に登場する「世界樹」であるが、命名理由は言葉の響きが良かったからで、深い意味はない。最初と最後の楽曲の命名も北欧神話に由来する。
ユグドラシル (アルバム) – Wikipedia

ジャケットの絵は藤原によるもので、藤原のイラストと直井の写真を組み合わせた独特の歌詞カードが特徴的である。また、最初と最後の曲として、アルバムとしては初めてのインストゥルメンタル楽曲が収録された。藤原は「本の表紙と背表紙をつける感じ」と語っている。
ユグドラシル (アルバム) – Wikipedia

『jupiter』同様オリコンチャート初登場1位を記録。前作の25万枚を上回る31.5万枚を売り上げた。その後も売上を伸ばし、70万枚近い売上を叩き出した。
ユグドラシル (アルバム) – Wikipedia

代表曲

オンリー ロンリー グローリー

http://www.youtube.com/watch?v=F9L7QAL5m5g
http://www.youtube.com/watch?v=x9S9oygUEW0

スノースマイル

fire sign

ロストマン

/レビュー

コンセプトアルバムとしての出来はダントツでこのユグドラシルがNo. 1です。BUMPらしい物語のような歌詞、優しいメロディー、最高です。特に最近好きなのはレムで、この曲は藤原基央の人間関係の葛藤をと苦悩を描いた曲だと思います。非常にずっしりきます。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, 藤原基央 : ユグドラシル – ミュージック

このアルバムのほとんどの歌詞が、日常生活に影響を与えるレベルの主張を持っている。
藤原さんの僕らリスナーに対するメッセージが時には痛いほど伝わってくる。
初期とは違った新しいバンプの魅力が詰まったアルバムだ。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN, 藤原基央 : ユグドラシル – ミュージック

orbital period
2007/12/19発売
1. voyager
2. 星の鳥
3. メーデー
4. 才悩人応援歌
5. プラネタリウム
6. supernova
7. ハンマーソングと痛みの塔
8. 時空かくれんぼ
9. かさぶたぶたぶ
10. 花の名
11. ひとりごと
12. 飴玉の唄
13. 星の鳥 reprise
14. カルマ
15. arrows
16. 涙のふるさと
17. flyby

BUMP OF CHICKENのメジャー3枚目、通算5枚目のアルバム。2007年12月19日にトイズファクトリーから発売された。
orbital period (アルバム) – Wikipedia

前作『ユグドラシル』以来、3年4か月ぶりのアルバム。ジャケット写真はBUMP OF CHICKENのロゴにも使われ、「メーデー」のPVにも登場する「星の鳥」。
タイトルの「orbital period」は、公転周期(軌道周期)を意味する。歌詞カードは藤原が書き下ろしたオリジナルストーリー「星の鳥」のブックレットと一体型になっており、88ページにも及ぶものとなっている(後述)。また、ブックレットとCDケースを収納するスリーブケースが付属している。
orbital period (アルバム) – Wikipedia

隠しトラックを含めると全部で18曲、無音の曲も含めたトラック数は28曲になる。「28」という数字は、BUMP OF CHICKENのメンバーの当時の年齢であり、タイトルの公転周期をも意味する。『orbital period』オリジナルプレミアムグッズ抽選応募券同梱。
orbital period (アルバム) – Wikipedia

オリコンチャートでは3作連続の1位獲得はならなかったものの、初動売上と年間順位はアルバムでは自己最高を記録した。 初動売上は38.1万枚を記録。2016年現在シングル、アルバム通して自己最高の初動売上となっており、この記録を超える作品は存在しない。
orbital period (アルバム) – Wikipedia

代表曲

メーデー

プラネタリウム

supernova

http://www.youtube.com/watch?v=yCmszbd99j4
http://www.youtube.com/watch?v=mTdcxQZcQAE
http://www.youtube.com/watch?v=fZBtu01-k28
歌なし

/レビュー

とにかく、言葉選びのセンスが見事だ。言葉に逃げがない。
センスというと語弊があるが、本能的に心のひだを正確に切り取るということが無理なく自然に行われている証拠だと思う。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: orbital period

発売日から聞いているのですが
まったく飽きる気配がないです。
むしろ、聞くたびに新しい発見があります。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: orbital period

COSMONAUT
2010/12/15発売
1. 三ツ星カルテット
2. R.I.P.
3. ウェザーリポート
4. 分別奮闘記 [3:42] 5. モーターサイクル
6. 透明飛行船
7. 魔法の料理 〜君から君へ〜
8. HAPPY
9. 66 号線
10. セントエルモの火
11. angel fall
12. 宇宙飛行士への手紙
13. イノセント
14. beautiful glider

BUMP OF CHICKENのメジャー4作目(通算6作目)のオリジナルアルバム。2010年12月15日にトイズファクトリーから発売された。
COSMONAUT – Wikipedia

前作『orbital period』以来約3年ぶりとなるスタジオ・アルバム。当初はタイトルを「宇宙飛行士への手紙」にする予定だったが、先にシングルで同タイトルの作品を出すことになったので現在のものとなった。同封特典としてオリジナル・ステッカー、連動特典応募抽選券が同封。
15thシングル2曲目の「Merry Christmas」は、A面曲ながらアルバム未収録となっており、A面曲がアルバムに収録されなかった例はこれが初めて。
COSMONAUT – Wikipedia

ジャケットデザインはタイクーングラフィックス。アーティスト写真にもなっている、メンバー四人が芝生に立っている写真は東京ドイツ村にて撮影された。また、これまで発売された作品と違い、内部のプラスチックケースが白黒ではなく透明で、中のジャケットが見えるようになっている。なお、ブックレット内の「分別奮闘記」の歌詞の右ページには、直井由文が望遠鏡を用いて撮影した煙突の写真が使用されている。レーベル面のデザインはボイジャーのゴールデンレコードからと思われる。
COSMONAUT – Wikipedia

代表曲

http://www.youtube.com/watch?v=g2WpG1e2V9s
http://www.youtube.com/watch?v=MVVQynaCOYg
http://www.youtube.com/watch?v=RwCl11tyWP0

/レビュー

私が勝手に感じただけなのですがこのアルバムから「生きろ」と言われてる気がしました。「頑張れ」と力強く励まされるのが辛い時もある。そんな時にそっと寄り添ってくれる歌が溢れてるアルバムだと思います。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN : COSMONAUT – ミュージック

メンバーの年齢とともに、確実に成長し進化するバンドですね。
歩いてきた道程におちているどんなに小さなものも、丁寧に拾い上げて大事に慈しんでいる印象があります。
しかし後ろを眺めつつ、前を向いている。
今までになく前向きで力強く感じました。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: COSMONAUT

RAY
2014/3/12発売
1. WILL
2. 虹を待つ人
3. ray
4. サザンクロス
5. ラストワン
6. morning glow
7. ゼロ
8. トーチ
9. Smile
10. firefly
11. white note
12. 友達の唄
13. (please)forgive
14. グッドラック

BUMP OF CHICKENのメジャー5作目(通算7作目)のオリジナルアルバム。2014年3月12日にトイズファクトリーから発売された。
RAY (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

前作『COSMONAUT』から約3年3ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム。2013年10月29日に開催されたツアー「WILLPOLIS」の日本武道館公演のステージ上でリリースが発表された。タイトルの『RAY』は英語で「光線」を指す。
RAY (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

初回限定盤はミュージックビデオや2013年8月9日に行われたベストアルバム発売記念ライブの映像を収録したDVDが付属するほか、特典として初回限定盤および通常盤初回生産分に2014年3月31日に開催予定だった(同月20日に公式サイトにて藤原が肺気胸で入院していたことが判明し、延期になることが発表された)スタジオコースト公演チケット購入応募券と、同年7月31日開催予定の東京ドーム公演最速先行予約受付応募券が封入され、予約特典として外付けステッカーが付属する。
RAY (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=ILz87f2iX7M
http://www.youtube.com/watch?v=_4BLiOP1aaY
http://www.youtube.com/watch?v=olZ7KuFyO5w
歌なし
http://www.youtube.com/watch?v=Qi6oKmVHMhc
歌なし
http://www.youtube.com/watch?v=WfB79A7EKxo

グッドラック

自分の弱さや寂しさなど、マイナスな感情からは逃げたくなる時があるのに、藤原さんの優しい暖かい歌声と自分と向き合うように、という強いメッセージに心を抱きしめられているようです。
おすすめのアルバムです。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN : RAY(通常盤)(予約特典ステッカー無し) – ミュージック

そう、これはまるで「大人の宝石箱」のようだ。
子どもの頃に大切に集めてきたガラクタたち。今は別れてしまった大切な人との記憶。
見えるはずだと見上げた夢。掴み損ねた何かたち。星空。
慌しすぎる日々の、デスクの中で埃をかぶって、それでも忘れずに小さな箱に仕舞ってある。
生きるというのは大変で、もう歩けないかもしれないと立ち止まって、けれどこの音楽たちは思い出させてくれるのだ。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: RAY(通常盤)(予約特典ステッカー無し)

Butterflies
2016/2/10発売日
1. GO
2. Hello,world!
3. Butterfly
4. 流星群
5. 宝石になった日
6. コロニー
7. パレード
8. 大我慢大会
9. 孤独の合唱
10. You were here
11. ファイター

BUMP OF CHICKENのメジャー6作目(通算8作目)のオリジナルアルバム。2016年2月10日にトイズファクトリーから発売された。
Butterflies (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

前作『RAY』から約1年11ヶ月ぶりにリリースされたオリジナルアルバムで、前作とのリリース間隔が2年を切ったのはメジャー・デビュー後初となった(ただしオリジナルアルバムと編集盤では間隔が2年を切った例がある)。
Butterflies (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

2月9日付オリコンデイリーアルバムチャートにて104,224枚を売り上げ1位を獲得。 2月22日付オリコン週間アルバムチャートで初動197,160枚を売り上げ、1位を獲得した。アルバム首位は今作で6作目で、4作連続となった。また、Billboard Japan Top Albums Sales,Billboard Japan Hot Albumsでも1位を獲得した。さらに2016年2月度のオリコン月間アルバムチャートで1位を獲得。アルバムでの月間1位獲得は今作が初である。
Butterflies (BUMP OF CHICKENのアルバム) – Wikipedia

代表曲

http://www.youtube.com/watch?v=plXjYiRcBtA
http://www.youtube.com/watch?v=rOU4YiuaxAM
http://www.youtube.com/watch?v=qVrM-BxWybA
http://www.youtube.com/watch?v=4Sd3iIdM4Co
http://www.youtube.com/watch?v=cFt59n19Jnw
http://www.youtube.com/watch?v=bAo-1Wsx4PY
http://www.youtube.com/watch?v=56GHcXHpHJQ
http://www.youtube.com/watch?v=mORyYinMBdg

/レビュー

今回はタイアップ曲がカッコいい曲が多いので素直に気に入りました。
全体的に洗練されていて聴きやすい曲が多いです。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Butterflies(通常盤)

いつ聴いても優しい気持ちになれます。
聴くたびに歌詞の意味が少しずつ分かってくる。自分の心にひたひたと染み込む。
こんな素敵な曲をプレゼントしてくれてありがとうと言いたくなります。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Butterflies(通常盤)

番外編

present from you
2008/6/18発売
1. ラフ・メイカー
2. バイバイサンキュー
3. 彼女と星の椅子
4. ホリデイ
5. Ever lasting lie (Acoustic Version)
6. 睡眠時間
7. 夢の飼い主
8. スノースマイル ~ringing version~
9. 銀河鉄道
10. 真っ赤な空を見ただろうか
11. 東京賛歌
12. ガラスのブルース (28 years round)
13. プレゼント

BUMP OF CHICKENのカップリング集アルバム。2008年6月18日にトイズファクトリーより発売された。
present from you – Wikipedia

2007年までにメジャーで発売したシングルCDのカップリング集である。なお、インディーズ時代に発売したシングル『LAMP』のカップリングである『バトルクライ』と『リトルブレイバー』(1stアルバム『FLAME VEIN』からのリカット)は収録されなかった。
全曲デジタルリマスターされており、メンバーはラジオで「レンタルでも良いから聞いて欲しい」と語っている。
present from you – Wikipedia

カップリング12曲に加え未発表だった「プレゼント」を初収録。
数曲はシングル収録時に隠しトラックの為のブランクが楽曲トラックの後ろに付いていたが、このアルバムではオリジナルサイズで初収録されている。
アルバム名はファンへの気持ちを込めて付けられた。
present from you – Wikipedia

/レビュー

カップリング集なんですが曲順的にもまとまってて、意外と他のアルバム同様の感覚で聴ける作品だと思います。
カップリングなので、1曲1曲の主張は決して強くなくて。
でもそれがかえって面白いというか、普段のアルバムとは違った軽やかさとか、平和な雰囲気が伝わってきて、普通にアルバムとしても良い作品なんじゃないかなって思います。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: present from you

このアルバムは単にカップリングベストなんていうにはもったいないです。一枚のアルバムとして完成された印象しか受けないし、しかもこの曲順でよかったと思えます。そこがまたすごいと思いますね。何年経っても色褪せない彼らの音楽はこの先ずっと聞きたい曲たちばっかりです。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: present from you

BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]
2013/7/3発売
1. ガラスのブルース
2. くだらない唄
3. ランプ
4. K
5. ダイヤモンド
6. 天体観測
7. ハルジオン
8. Stage of the ground
9. スノースマイル
10. ロストマン
11. sailing day
12. アルエ
13. オンリー ロンリー グローリー
14. 車輪の唄
BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]
2013/7/3発売
1. プラネタリウム
2. カルマ
3. supernova
4. ギルド
5. 涙のふるさと
6. 花の名
7. メーデー
8. R.I.P.
9. Merry Christmas
10. HAPPY
11. 魔法の料理 ~君から君へ~
12. モーターサイクル
13. 宇宙飛行士への手紙

、BUMP OF CHICKENのベストアルバム。2013年7月3日にトイズファクトリーより『BUMP OF CHICKEN II <2005-2010>』と2作同時発売。
BUMP OF CHICKEN I <1999-2004> – Wikipedia

同バンド初となるベスト・アルバム。藤原基央の誕生日の4月12日に発売が発表された。本作品には1999年から2004年までにリリースされたシングルA面曲全曲に、インディーズ時代のアルバム楽曲などが収録されている。選曲に関してはメンバーは「自分たちでは選べない」として関わっておらず、スタッフが選んでいる。
BUMP OF CHICKEN I <1999-2004> – Wikipedia

オリコンチャートでは初登場1位を獲得。『BUMP OF CHICKEN II <2005-2010>』が初登場2位を獲得したため、2013年7月15日付週間ランキング1・2位を独占した。
BUMP OF CHICKEN I <1999-2004> – Wikipedia

/レビュー

初期のバンプ、大好きです。
名曲揃い。
全ての人に聴いてもらいたいアルバムです。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]

Bump初期~中期のベストアルバムとしてはまず間違いない選曲じゃないでしょうか。
それでいてBumpらしさも十分に詰まっています。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]

このバンドの楽曲の最大の魅力は、「あなたが歳を重ねるまで、いつまでも待ってくれている」ことです。
あの時感じられなかった歌詞が、突然立体的になって浮かび上がってくるような……。
そんな体験が、数多く刻み込まれたベスト・アルバムになっています。
Amazon.co.jp: BUMP OF CHICKEN : BUMP OF CHICKEN II [2005-2010] – ミュージック

1 2