知っておきたい!springフレームワークの特徴

yoshisk2001

アスペクト指向プログラミングフレームワーク

Spring Framework には自前のAOPフレームワークがあり、「アスペクト」におけるクラス間を横断するような機能(横断的関心事(英語版))のモジュール化を行う。独自のAOPフレームワークを作る動機は、設計においても実装においてもコンフィギュレーションにおいてもあまり複雑すぎない基本的AOP機能を提供できると考えたためである。Spring AOP フレームワークは Spring コンテナを最大限に利用している。
Spring Framework – Wikipedia

Spring Framework はトランザクション管理、セキュリティ、リモートアクセス、JMX などの部分に Spring AOP を使っている。
Spring Framework – Wikipedia

データアクセスフレームワーク

Spring のデータアクセスフレームワークは、アプリケーションからデータベースを利用しようとしたときに開発者が直面する課題に対処する。Javaにおける主要なデータアクセスのフレームワークを全て提供している。すなわち、JDBC、iBATIS、Hibernate、JDO、JPA、Oracle en:TopLink、Apache en:Ojb[6]、en:Apache Cayenne[7] などである。
Spring Framework – Wikipedia

Model-View-Controller フレームワーク

Spring Framework には、当初の計画にはなかった、自前のMVCフレームワークがある。自前のWebフレームワークを作ることにしたのは、Apache Struts Webフレームワークに失望したためであり[9]、他のフレームワークでは不足だったためである。開発者らは特に、プレゼンテーション層と要求処理層の分離、要求処理層とモデルの分離が不十分と判断した[10]。
Spring Framework – Wikipedia

Dependency Injection

これらのことから「DI」という言葉を言い表すと「オブジェクトの成立要件に必要な情報を外部設定すること」となります。情報を外部に切り出すことで、たとえオブジェクトを利用する状況が変わったとしても、設定を変更するだけでそのオブジェクトを利用することができるようになります。つまり再利用性の高い「部品」としてオブジェクトを実装しやすくなるのです。このような再利用性の高いソフトウェア部品のことを「コンポーネント」と呼びます。
Spring Frameworkで理解するDI(1):DI:依存性の注入とは何か? (1/3) – @IT

https://matome.naver.jp/odai/2149615131969363201
2017年06月01日