1986年に大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画「トップガン」の続編が、2019年7月に公開決定!!

makaizou

続編が製作されるとの憶測は2008年から渦巻いていたが、関係者は当時、「マーベリックはトップガンを育成する学校の教官で、今度は自分が自信家の新しい女性パイロットを育てることになる」と明かしていた。

ドッグファイトの無いどころか、有人飛行が如何かというこの時代に、続編で何やらせると言うのか

スタンダードに作るなら若者側の葛藤を描くべきだけど
「全部マーベリックのおかげ」って映画になるのかな。

前作がヒットしたのはトム猫のおかげだろう
醜い雀のステルス機(笑)じゃヒットするとは思えんなw
フランカーでも使えば?w

問題はF18なのか、35なのか?

見せ方次第ではどっちでも良いのかもしれんが、、
35だとモッサリしてそうだね

ドローン戦争を描くみたいな映画らしいけど、トムが機械に頼るなフォースを信じろみたいな感じで老パイロットの経験を伝える感じかな

インディペンですデイ2みたいに
女性パイロットは中国人だな

今のハリウッドは中国資本だからな

『トップガン』(Top Gun)は、1986年のアメリカ映画。アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画である。


https://matome.naver.jp/odai/2149571269159434001/2149571331559714003

ピート・ミッチェル(コールサイン:マーベリック)はアメリカ海軍の艦上戦闘機・F-14のパイロット。秘匿事項とされた父親の謎の死の影を引きずり、野生の勘を頼りにした無鉄砲で型破りな操縦を行う一匹狼的なパイロットである。
天才的な直観力と技量を持つ彼は自らとは全く対照的な、どこにでもいるような心優しく、陽気なレーダー要員グースを相棒として僚機のクーガー/マーリンと共に、インド洋上での国籍不明のMiG-28との実弾を交わさない空中戦を行なっていた。クーガー機に執拗に張り付いたMIG-28の頭上でマーベリックが側宙背面降下によるバックトゥバックでの、キャノピーを擦れ合わせるほどの接近を行ない、敵パイロットに向かって中指を突き立てた。更に後席のグースがポラロイドで記念撮影を行なってやり過ぎなほどの挑発行為にでたが、MiGの乗員は呆れて、同じように側宙背面降下で離脱していった。母艦への帰路についたマーベリックであったが、実際の空戦で後方に貼り付かれてロックオンされた恐怖で金縛り状態のクーガーを気遣ってボルターして、クーガーに付添って帰投させることができた。しかし、クーガーはもはや限界と任務に見切りをつけたことにより、マーベリックとグースは思いがけなくもミラマー基地のエリート航空戦訓練学校(通称:トップガン)に送られて航空戦技の神髄であるACM(空中戦闘機動)すなわちドッグファイトの戦技を磨くために教育を受けることとなる。訓練開始前に催された非公式な歓迎パーティでは、幾人かの戦闘機パイロットやレーダー要員の他に民間人専門技術(宇宙航空物理学)教官とは知らずに近づいたシャーロット(チャーリー)に一目惚れし、彼女にとっても自分の専門領域であるMiG-28の性能情報を目の前で見ているマーベリックとは、いつの日か立場を超えて恋愛関係を持つようになる。

初日の飛行実技訓練終了後には飛行教官のヴァイパーやジェスターから規則や協調性の重要性について叱責を受けつつも、日を追う毎に厳しさを増す飛行実技訓練や座学による様々な戦技理論講義・飛行実技後の検討講義・ペーパーテストを重ねて、ライバルのアイスマン達と訓練成績を競い合っていった。ある日の編隊飛行での攻撃訓練中にマーベリック機はエンジンのコンプレッサー・ストールにより操縦不能のきりもみ状態におちいってしまい、脱出の際の不慮の事故でグースを失い、マーベリックは激しい自責の念にさいなまれる。事故調査委員会による査問でパイロットとしての責任は問われなかったが、「彼を飛ばし続けろ」と言うヴァイパーの願いも空しく、マーベリックは自信を喪失し、かつてのような攻撃性を失った弱気な戦闘機パイロットに変貌する。ワシントンDCでの就職を決めたチャーリーからは失望の意を告げられて去られてしまう。
野獣のような激しさは影を潜め、このまま流されてトップガンはおろか海軍を辞めるか、在学中に貯め込んだ好成績点と事故後の成績不振とを相殺して生前グースが望んでいたように平凡な成績でもいいからトップガンを卒業して、その後には普通退役するか迷うマーベリックに対し、かつて彼の父親の戦友でもあったヴァイパーは、父の死は軍事境界線を越えた上空での交戦によるために国家機密扱いとされたものの、実は友軍機を救うために多数の敵機の攻撃に晒されて、その犠牲となった英雄的行為であったという真相を知らせて励まし、復活を促す。
周囲の励ましもあってマーベリックはトップガンの卒業式に出るが、その謝恩会中にインド洋上での情報収集活動中の巡洋艦援護の緊急出撃命令が彼を含む幾人かに届く。レーダー要員の決まっていないマーベリックに、ヴァイパーは自分が一緒に飛んでもいいとまで言って彼を励ました。ヴァイパー自身についても、実技飛行初日の午後にジェスターと話し合ったように、デューク・ミッチェルを失ったときに何もできなかったことを悔やんでいたことへの決着をつけるつもりであった。トップガンでのマーベリックの弱気ぶりが聞こえていた空母飛行隊長は作戦ブリーフィングで彼をバックアップにまわし、先鋒に発つアイスマンの不信感を無理に押さえつける。2機対2機の互角と見積もっていたが実際は5機であり、数で圧倒的に勝る敵機によってアイスマンらは苦戦を強いられ、とうとうハリウッド/ウルフマン機が撃墜されるに及んで、マーベリックは自らに自信が持てないままで出撃を余儀なくされる。
超音速飛行でやってきた戦闘域で、アイスマン/スライダー機1機に対する敵機5機のローリング・シザー機動による猛烈な攻撃を目の当たりにしてマーベリックは愕然としていたが、後方からの1機に気を取られて、知らない間に自分らの前方から向かってきた1機がすれ違いざまに起こした乱気流によって一時的な機の制御不能状態に陥る。マーベリックはからくも制御不能状態から回復はしたもののグースを失った恐怖の記憶が甦り、怖気付いてしまって戦闘域から逃げ出した。空母戦闘指揮所内で無線会話をモニタリング中だった飛行隊長の罵怒声は届かないまでも、レーダー要員であるマーリンの叱咤やグースのドッグタグを握りしめ、まるで後部席に彼がいるかのようにいつもの台詞の「教えてくれ。教えてくれ、グース…」と、祈るかのように呟きながらマーベリックは戦闘復帰を果たし、苦戦するアイスマン/スライダー機と協調して敵機を4機撃墜、1機を撤退させることに成功。撃墜されたハリウッドらも無事に生還してアイスマンらとフライトデッキ上でわだかまりを解消させた。この一戦によってマーベリックは一匹狼からチームワークを知る優秀なパイロットへ成長したばかりでなく、グースを失った自責の念は克服され、僚友の死の悲しみを振り払うかのようにドッグタグを大海原に放り投げ、彼なりの弔いを行なった。世界中に報道された戦果でもあったことにより、これに気を良くした軍上層部の計らいによってマーベリックは教官としてトップガンへ戻り、さらにその知らせを聞いてDCから戻っていたチャーリーと、2人の出会いのきっかけとなった思い出の曲に包まれながら劇的な再会を果たす。

新作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のプロモーション・ツアー中のトム・クルーズが、自身の出世作『トップガン』(1986年)の続編が製作されることを明言した。


https://matome.naver.jp/odai/2149571269159434001/2149571312659685003

同作の続編については噂だけが長らく聞こえていたものの、製作のゴーサインが出たというニュースは今回が初めてだ。昨年(2016年)公開30周年を迎えた『トップガン』が、いよいよ現代に蘇ろうとしている。

オーストラリアの情報番組「サンライズ」に登場したトムは、出演者の「『トップガン2』はある、って言って。お願い」というコメントに、笑顔で「あるよ。撮影はきっと来年(2018年)だね」と答えた。

トニー・スコット監督による『トップガン』は、主人公の“マーベリック”ピート・ミッチェルを演じたトム・クルーズのほか、脇を固めたヴァル・キルマー、ティム・ロビンス、メグ・ライアンらをスターの座に押し上げた作品である。この映画でプロデューサーの一人として名を連ねていたのは、現在も話題作を手がけるジェリー・ブラッカイマー。実は昨年(2016年)から、『トップガン』続編のためトムとの話し合いを続けていたようだ。

続編はドローン戦争?『トップガン2』をめぐる情報の数々

『トップガン』続編は、ずいぶん以前から製作の噂が流れ、また関係者たちによる証言も少なからず存在したプロジェクトである。

2010年には、のちに『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』でもトムとタッグを組む脚本家クリストファー・マッカリーがプロジェクトに参加していることが判明していた。当時はトニー・スコット監督、ジェリー・ブラッカイマー、トム・クルーズという顔ぶれが再結集する計画だったようだが、2012年にトニー監督が死去。この方向性での実現は不可能となってしまった。

しかし2014年、実写版『ジャングル・ブック』の脚本を手がけたジャスティン・マークスが『トップガン』続編を執筆すると報じられた。さらに翌年の2015年には、ヴァル・キルマーが『トップガン』続編への出演を脚本を読まずに引き受けたことを明らかにしている。

また同じく2015年には、製作会社スカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンCEOが『トップガン』続編について細かな証言をしている。

「ドッグファイト(戦闘機の航空戦)で興味深いのは、世界が前作の公開当時とは変わってしまったことだ。[中略]我々が暮らしている世界にはドローン技術があって、アメリカ海軍は第5世代戦闘機(ステルス性を重視された戦闘機)が最後の有人戦闘機だと言っている。そこで私たちは、ドッグファイトやパイロット同士が戦う時代の終焉や、今日の文化を掘り下げるものを作ろうとしているんだ」

しかしながら、これらの情報は2015年当時のものだ。現在進んでいる『トップガン』続編の計画がどんなストーリーなのか、クリストファー・マッカリーやジャスティン・マークスが現在も脚本に参加しているのかはわからない。そして、世界の状況が日に日に深刻化している現在、ドローンや無人戦闘機といった現在のテクノロジーを『トップガン』と同じテイストで掘り下げることはどこまで可能なのか……。

『トップガン』続編が2018年に撮影されるとしたら、おそらく劇場公開は2019年ごろになるだろう。前作のメンバーがどんな形で登場するのかも楽しみだ。

トム・クルーズ、『トップ・ガン』続編製作を正式に認める!

トム・クルーズが『トップ・ガン』続編の製作を正式に認めた。ミラマー基地にある米軍戦闘機学校で学ぶトップレベルの戦闘機パイロットたちを描いた1986年作『トップ・ガン』でマーヴェリックことピート・ミッチェル役を演じたトムは、第1作から30年の時を経て、その続編の製作が進んでおり、来年から撮影がスタートすることを明かした。

豪TV番組『サンライズ』に出演したトムは『トップ・ガン』続編製作の噂について質問された際「それは本当さ。おそらく来年から撮影がスタートするよ。僕はこの場で初めてこのことを話したことになるね。君が質問してきたから、僕はその作品は製作されるって話しているんだよ」とコメントしたのだ。

すでに2008年頃から『トップ・ガン』続編についてはハリウッドの幹部らが製作に意欲を見せているという噂が飛び交っていた。

2012年に自らの命を絶ったトニー・スコットがメガホンを取ったオリジナル作品にはケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワード、トム・スケリットらが出演していた。

第1弾の中ではトム演じる若きパイロットのピートはケリー演じるチャーリー・ブラックウッドと恋に落ちる姿も描かれていた。

現在のところ第1作からどの出演者が再び登場するのかなど、詳しい情報はまだ分かっていない。

「トップガン」続編報道にネット予想白熱 「退役Fー14で出撃?」

米国俳優トム・クルーズ主演の大ヒット映画「トップガン」(86年)の続編計画があることが米メディアなどで報じられた24日、ネット上では中高年ファンが歓喜する一方、30年以上の歳月を経て製作される次作の内容予想などで話題沸騰している。
クルーズ演じる主人公・マーベリックが50歳を超えた計算になることから「教官役」や「退役軍人」で登場するのかとの見方も。
マーベリックが操縦したF-14戦闘機がすでに退役しているとの指摘が相次ぎ「トップガンはF-14じゃないと。F-35ではしっくりこない」「マーベリックがそれでもトムキャットで出撃して最新機と闘う展開に期待」と、根強いファンの投稿も続いている。
また86年作品のラストで、ライバルのアイスマン(ヴァル・キルマー)がマーベリックを指さし「YOU!」と声をかける名シーンを懐かしむ声や、戦闘機で航空母艦の管制塔をかすめ飛ぶ「挨拶」の再現を希望する投稿も。また亡くなった親友・グーズの息子を、パイロットとして登場させて「30年越しの伏線を回収してほしい」との声もあがっている。

トム・クルーズ、『トップガン』続編製作を明言!来年撮影開始に

トム・クルーズがオーストラリアのテレビ番組「Sunrise」に出演し、1986年に主演した『トップガン』の続編製作について明かした。

番組で司会者に「『トップガン』の続編製作がうわさされているが…」と尋ねられたトムは、「それは本当のことだよ。撮影が始まるのは、多分来年になると思う」と白い歯を輝かせ、満面の笑みであっさり認めた。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のプロモーションで番組に出演していたトムが、思いがけず『トップガン』の続編製作を明らかにしたので、司会者たちもびっくり。「僕がこのニュースを伝えたのはきみたちが初めてだ。僕がこの番組に出演して、きみたちが(『トップガン』について)質問してきたから、『本当に製作するよ』って答えたんだ」。

『トップガン』続編を製作するにあたり、トムはキャストや公開予定時期などの詳細を語ることは避けたが、昨年1月にジェリー・ブラッカイマー監督がトムと「『トップガン』の続編について話し合っている」とツイート。4日前にはインスタグラムにトムとのツーショットを掲載し、『トップガン』の公開31周年記念に言及していることから、ブラッカイマー監督が関わる可能性が高いとみられる。

https://matome.naver.jp/odai/2149571269159434001
2017年07月05日