沖縄発!お土産やプレゼントにもオススメ!飲んで珊瑚を守れる「35COFFEE」

JPNOKNW
「美しい海は沖縄の宝。後世に残していかなければ」という強い想いのもと、風化サンゴで焙煎した「35COFFEE(スリーファイブコーヒー)」を開発。商品名の「35」には、コーヒーの売り上げの3.5%をサンゴ再生プロジェクトにあてるなど「サンゴ」にちなんでいる。

1杯のコーヒーが海を救う?沖縄のサンゴから生まれた「35COFFEE」
1杯のコーヒーが海を救う? 沖縄のサンゴから生まれた「35COFFEE」 ecomom[エコマム]


https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433293741049803

『風化したサンゴ』を200度以上まで温めて、コーヒー生豆を焙煎
CONCEPT – 35COFFEE

35COFFEEは『風化したサンゴ』を200度以上まで温めて、コーヒー生豆を焙煎します。
サンゴ熱でじっくり焼き上げるためコーヒー本来のまろやかな美味しさをたのしめます。
また、焙煎コーヒー豆の焼きむら部分(コーヒーの雑味部分)をシルバースキンといいますが、
35COFFEEはそのシルバースキンをグラニュレーター製法により除去することで、コーヒー豆本来のクリアな味わいを追求しました。


https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149423511587209403

「サンゴ焙煎コーヒー」は沖縄でしか作ることが出来ないCOFFEE
CONCEPT – 35COFFEE

おきなわの「サンゴ」は県の漁業法にて県外への持ち出しが禁止されています。(死んだ骨格サンゴもです)

35COFFEEの売上3.5%がベビーサンゴに移植する活動へ
https://www.jimo-navi.com/company/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BC%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-35coffee/

「サンゴ焙煎コーヒー」という、沖縄でしかつくることのできないコーヒーを提供しています。そのコーヒーの売り上げの3.5%をベビーサンゴの移植活動へ活用し、「循環型コーヒー」を生み出しました。何気ない1杯で沖縄の海を救う、それが35COFFEEなのです。


https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149423511587209003

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149423511587210603

35COFFEEの購入はこちらから↓↓


https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433301841087603

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433308541167003

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433314641320803

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433321841385303

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901/2149433326841550903

「35リキュール泡盛珈琲」 まとめ↓↓

https://matome.naver.jp/odai/2149423246285046901
2017年05月09日