震度6弱以上の激しい揺れの確率上昇…「全国地震動予測地図」に不安の声

isaacc
今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した、最新の全国の予測地図が27日に公表されました。

○震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表

今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した、最新の全国の予測地図が27日に公表されました。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布を示した最新の「全国地震動予測地図」を発表した。
震度6弱以上、東海~四国で確率上昇…予測地図 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

昨年6月に発表した16年版と同様に太平洋側の地域が依然として軒並み高い確率になっている。
太平洋側で地震確率依然高く 予測地図17年版発表  :日本経済新聞

○太平洋側で特に高くなっている

しろくま@hontounokotoga_

政府の地震調査委員会は、全国の活断層や海溝型の巨大地震に関する最新の研究成果などに基づき、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を推計し、全国地震動予測地図として公表
www3.nhk.or.jp/news/html/2017… pic.twitter.com/IL5ZkWWUWI

今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに見舞われる確率は南海トラフ巨大地震や首都直下地震が想定されている太平洋側で特に高くなっている。
30年以内に震度6弱以上 太平洋側高確率|日テレNEWS24

関東や太平洋側で引き続き確率が高くなっているほか、活断層の評価の見直しに伴い、中国地方の一部で前回より確率が上がりました。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

都道府県庁所在地ごとの確率では、千葉市が85%と全国で最も高く、神奈川県横浜市と茨城県水戸市で81%、高知市で74%、徳島市で72%、静岡市で69%となっている。
30年以内に震度6弱以上 太平洋側高確率|日テレNEWS24

○中国地方では最大3ポイントほど確率が上昇

地震動予測地図は毎年、更新されているが、2016年版と比べて、最も上昇率が高いのは山口県西部の山陽小野田市で3.6ポイント上がっている。
30年以内に震度6弱以上 太平洋側高確率|日テレNEWS24

昨年夏に中国地方の活断層の評価を見直したことを反映したため、中国地方では最大3ポイントほど確率が上昇した。
震度6弱、高い確率続く 南海トラフなど太平洋岸 政府が最新予測地図公表 – 産経ニュース

これは地震調査委員会が去年の夏、中国地方の活断層の評価を見直したことが影響している。
30年以内に震度6弱以上 太平洋側高確率|日テレNEWS24

○太平洋側や、北海道の太平洋側高い確率となっている

主な地点では高知74%、静岡69%、大阪56%、名古屋46%で、いずれも1ポイント上昇した。
太平洋側中心に小幅上昇=震度6弱以上の30年確率-全国地震動地図・政府調査委:時事ドットコム

首都直下地震が懸念される千葉市など関東南部も前回と同様に高確率となった。
震度6弱以上、東海~四国で確率上昇…予測地図 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

特に、四国から関東にかけての太平洋側や、北海道の太平洋側では赤色が濃く、広い範囲で26%以上の高い確率となっています。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

これは去年6月に公表された前回の予測と比べて、関東ではほぼ同じですが、太平洋側では1ポイント上がったところが多くなっています。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

○確率は地震の履歴などから算出

全国地震動予測地図では、全国各地で今後30年の間に震度6弱以上の地震が起きる確率などが示されています。
今後30年の大地震確率 太平洋側で1%ずつ上昇

地震がどこで起こる可能性が高いかや、どんなタイプが考えられるかなどについて、地点ごとに公表を始めました。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

確率は、活断層の調査結果やこれまでに起きた地震の履歴などから算出されます。
今後30年の大地震確率 太平洋側で1%ずつ上昇

国内では、活断層の調査が十分に行われていない場所があるほか、まだ知られていない活断層がある可能性があります。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

○このニュースはネットでも話題になっています

南海トラフ地震の可能性上がったのか
私の死ぬ確率も上がったということよね(笑)

もつ@@momarujg

首都直下型地震とか言われてるけど新宿より横浜の方が確率高いじゃん…

あとずっと言われてきた東海大地震ってなんだったんだろう…

ひかりくん@hikaristar

金沢では、巨大地震はほぼ起きないってことだよね。6.5パーって、ほぼ確率的には、有意って考えてもいいんだろうけど。たしかに、これまで大きな地震はないしね。
うわあ30年以内に震度6弱以上の地震が来る確率81%だって
関東ってもう何年も前からでかい地震来るよって言われてるよね〜

吉良◎@kira0246

一番地震の不安煽ってるのが政府だよね?

小林 勇貴@winter_xxx

30年以内に震度6弱以上の地震がくる確率らしい。
千葉真っ赤じゃん、、。
まじで言ってんのってかんじ。 pic.twitter.com/HvmpxSav5Z

○地震に不安の声も広がっています

めちこ@michiko918

戦争心配。地震も心配…(´・_・`)どうしたらええねん

奥田弘毅@hiroki_okuda

還都もしないで、地震が心配だと言っても仕方のない事・・・。後は祈るのみか・・・。

Mm@newmoon_xxx

地震情報チェックしたら最近ちょー少ないぽい。中揺れもないとちょっと心配だな...

下衆だるま@sub120630

地震予知は不可能なはずなのに不安をあおるデータを出すのはどうしてだ? #nhk
最近、横浜周辺で震度4程度の地震が起きてないので、そろそろ来てくれないと逆に不安になるな。

サミー@summy274

今後30年の大地震確率 太平洋側で1%ずつ上昇(テレビ朝日系(ANN))?? 信じたいけど、信じられない! 実績なり根拠なりを出さないで、不安だけを煽るのは駄目でしょ。内閣も報道も真面目にやって貰いたい。

○「将来の発生確率は少しずつ増加している」と注意を呼びかけている

全国地震動予測地図は、地震調査研究推進本部のホームページで見ることができます。
震度6弱以上の激しい揺れの確率 最新予測地図を公表 | NHKニュース

平田委員長は「将来の発生確率は少しずつ増加している」と注意を呼びかけている。
太平洋側で地震確率依然高く 予測地図17年版発表  :日本経済新聞

地図を作成した政府の地震調査委員会は、「日本には、強い揺れに見舞われない場所はないので、建物の耐震化などの防災対策を進めてほしい」としています。
30年以内に震度6弱、東海~九州で確率上昇 – エキサイトニュース

各地の発生確率や地盤の揺れやすさを表した詳しい地図は、防災科学技術研究所のホームページで公開されている。
30年以内に震度6弱以上 太平洋側高確率|日テレNEWS24

https://matome.naver.jp/odai/2149332259950238001
2017年04月28日