赤ちゃんに日焼け止めは必用?必要な理由などまとめ

nami-no-oto
赤ちゃんの日焼け止めに関する記事のまとめです、オーが二ック製品が良いのか?など使用時期はいつから?などについてのまとめとなります。

赤ちゃんや子供用の日焼止めは紫外線散乱剤を使用した「ノンケミカル」が人気
日焼止めの商品の中でも様々な種類があり使用している成分にも違いがあります。

人気なのは「ノンケミカル」の商品になりますが、 ノンケミカルの商品には基本的に「紫外線散乱剤」のタイプとなります。

日焼止めの種類は「紫外線散乱剤と紫外線吸収剤」 のタイプがあります。

紫外線散乱剤 紫外線を反射してお肌を守る、原料は自然のものを中心として作られている商品が多い
紫外線吸収剤 紫外線を吸収してお肌を守る、科学成分が多く使われているようなタイプ

ノンケミカルの日焼止めでも「防腐剤や人工香料・アルコール」などの成分が多く含まれていると敏感な赤ちゃんのお肌には刺激になることもあります。

なので一概にノンケミカルだから安心と言うことではありません、使用する前にはパッチテストを行ってから使用してください。
赤ちゃんの日焼け止めの正しい選び方はできてますか?選ぶなら「ノンケミカル」重要!|Better life

赤ちゃんに使用できる日焼け止めの記事や時期などについてまとめ

夏に関係なく日焼け止めクリームを使用している人は多くいます。

今は紫外線の問題などから赤ちゃんに日焼け止めクリームなどを使用することも多くなりました。

しかし赤ちゃんの肌はデリケートなので「どの日焼け止め」を使用して良いか悩みますよね?

赤ちゃんにも使用できる日焼け止めを紹介しているブログやサイトのまとめとなります。

購入を検討している方の参考になればと思いまとめますが、クリームなどは肌に合う合わないなどがありますのでその辺りにも注意して使用は必要かもしれません。

1.赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由

日焼け止めは、私達だけでなく赤ちゃんにとっても必要不可欠なアイテムです。

赤ちゃんの肌は柔らかく潤いもありますが、実際の皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかなく、紫外線からのダメージを受けやすいデリケートな肌となっています。

そのため、赤ちゃんの頃から紫外線を浴びすぎてしまうと、大人になってから肌に【シミ】【そばかす】ができやすくなってしまいます。また近年はオゾン層などの破壊により、紫外線は強くなっているといわれていますので、日焼け止めは赤ちゃんの肌を守るために欠かせません。
赤ちゃんにも日焼け止めは必須!正しい選び方&効果的な塗り方とは?

1.赤ちゃんがどのくらいの時期から使える?

「紫外線は肌に害がある」ということは誰しも知っています。大人より肌の弱い赤ちゃんにとっても同じことです。赤ちゃんにとっても、日焼けをしないように予防するのはとても大切。

もちろん、赤ちゃんにも日焼け止めを使ってあげることが可能です。紫外線に晒される可能性がある場合は、新生児から日焼け止めを使いましょう。商品によっては具体的に「新生児も使える」と記載のある日焼け止めも販売されています。

ただし、赤ちゃんは肌も成長途中の未熟な状態。新生児だと外気に当たるだけでも赤ちゃんに負担がかかります。本格的な外出は2ヶ月以降にし、1歳になるまでは帽子や日除けなど紫外線に晒されない工夫をしてください。
https://junkonishikawa.com/akacannohiyakedome37469512

アトピーの日焼け止め、敏感肌にもOKな選び方

アトピー肌の日焼け止めの選び方
アトピーの場合はどのような日焼け止めを選べばいいのかについてご紹介します。
【肌にやさしいもの】
アトピーになると肌は刺激に弱くなります。
ですから、低刺激性の日焼け止めを選びましょう。
クリームタイプやジェルタイプの日焼け止めの中には、界面活性剤や添加物が含まれていて、症状が悪化してしまう可能性のある物があります。
無添加のパウダータイプなどを選ぶ人も多いようです
アトピーだから日焼け止めは選びたい!赤ちゃんや敏感肌にもおすすめ! | お役立ち情報局

日焼け止めも無添加だと安心?

【紫外線吸収剤を使用していないもの】
日焼け止めの効果は、紫外線を反射させて日焼け予防をするものと、紫外線吸収剤を使用して化学反応で日焼け予防するものがあります。
紫外線吸収剤は肌のうえで化学反応を引き起こすので、肌への刺激が強いといわれています。
そのため、できる限り紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを選びましょう。

【無添加なもの】
日焼け止めはそれ自体が刺激物ですので、できるだけ刺激が少ない物を選びましょう。
香料や着色料は、日焼け止めの効果にはあまり影響しません。
ですから、できるかぎり無添加の物を使用するようにしてください。
アトピーだから日焼け止めは選びたい!赤ちゃんや敏感肌にもおすすめ! | お役立ち情報局

紫外線のメリット

昔は母子手帳では「日光浴」をおすすめしていたのですが、1998年に「外気浴」という言葉になりました。

これは近年の地球環境の悪化により、紫外線が皮膚に及ぼす影響が強くなったためと言われています。

ただし、絶対に日光浴をしてはいけませんと言っているわけではなく、不必要に長時間日光にさらされることは避けましょうということ。
「外気浴」という言葉が使われているのは、外の空気には触れましょうということなんですよ。

紫外線の害ばかり聞かされているせいか、赤ちゃんを少しでも日光に当ててはいけない、と過敏になっているお母さんもいるようです。
赤ちゃんに日焼け止めは必要?何ヶ月から使えるの?紫外線対策も併用

しかし、日光を浴びることは悪いことばかりではありません。
日光を浴びることで、骨の組織の形成に重要なビタミンDが生成されます。

最近、骨の病気である「くる病」の子供が増えたという報告もあるようです。
栄養状態が悪かった頃の病気であった「くる病」ですが、極端に日光を避けることによりビタミンDが不足したことが原因とも言われています。

また外で遊ぶことは、子供の成長にとって、すごく大事なことですよね。

極端に日光を避けるのではなく、適度に太陽と付き合っていきましょう。
赤ちゃんに日焼け止めは必要?何ヶ月から使えるの?紫外線対策も併用

https://matome.naver.jp/odai/2149170377580875501
2017年05月21日