【CHEMISTRY】ふたりの描くユメノツヅキとは?

erikatojoy50531413
ついに多くのファンが待ちに待ったCHEMISTRYの活動再開の時がやってきました。2月28日、3月1日の東京国際フォーラムでの復活ライブに駆け付けたファンも多いのでは?早速ですが、活動を再開した後のCHEMISTRYの活動についてまとめてみました。

CHEMISTRYのプロフィール

CHEMISTRY(ケミストリー)
CHEMISTRY(ケミストリー)は川畑 要と堂珍嘉邦の男性ツインボーカルのユニットです。1999年8月、テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』の男性ボーカルオーデションで選ばれた2人によって結成されました。2001年3月7日にデビューし、その1stシングルである『PIECES OF A DREAM』は16週連続オリコンチャートTOP10入りという驚異的なミリオンヒットを記録しました。
堂珍 嘉邦
≪生年月日≫1978年11月17日
≪身長≫174cm
≪血液型≫O型
≪出身地≫広島県安芸高田市
≪出身校≫ 広島県新庄高校
≪趣味≫テレビゲーム DVD観賞 けん玉 プロ野球観戦(広島カープファン)
≪好きな食べ物≫肉、霜降りステーキ、煮卵、カラスミ
≪嫌いな物≫片付け
≪特技≫縄跳び
川畑 要
≪生年月日≫1979年1月28日
≪身長≫173cm
≪血液型≫A型
≪出身地≫東京都葛飾区亀有
≪出身校≫葛飾区立亀有中学校卒業
≪趣味≫キックボクシング
≪好きな食べ物≫もんじゃ・韓国料理
≪嫌いな物≫日本酒・漬物
≪特技≫けん玉

活動再開のきっかけ

CHEMISTRYが再始動を発表したのは2016年12月8日。
2012年、CHEMISTRYとしての活動よりもソロ活動を望み、「活動休止」を選んだ二人に一体どんなことが起こったのでしょう?

ソロ活動をしていく中でも「やっぱりふたりの声が聴きたい」というファンの方の声とか、(SNSや手紙に)書いてくれるコメントもリアルに目にしますし。
CHEMISTRY CLUB

じゃあ、活動再開には「待っていてくれる人がいる」ってことも大きかったんですね?
───いや、めちゃくちゃデカいっすよね。
CHEMISTRY CLUB

2017年2月24日、川畑が関西テレビ放送「快傑 えみちゃんねる」に出演したときのことです。どちらが再開を言い出したかの質問に自分と答えたものの、堂珍に送ったメールの返事が、一週間以上返ってこなかったといいます。やっと返事が返ってきたと思ったら、いきなり「今夜会える?」だったそうです。川畑は「本当に不思議な男で、天然で、堂珍に悪意はない」と答え、さらには「僕は向こうのライブを見に行った。でも向こうは一度も見に来てない。悪気は無いんです。天然なんです。不思議ちゃんなんで」だそうです。

そんなCHEMISTRYの二人へのファンの反応はといえば、
「きたーーーー!」「ライブ行き決定!」「泣けてきた(T-T)」「まじか!!?遂にきた!!やばいやばい!」「大好きです。ほんと待ってました( ; ; )」「本当に嬉しすぎる。また2人の歌が聴ける!!!」「おおおおおー!」「おお!!泣けるほど嬉しい!!!」といった歓迎ムード一色!二人の気持ち、伝わっていますね!!

新曲「ユメノツヅキ」

待っていました!CHEMISTRYの新曲「ユメノツヅキ」のYou Tube動画とその歌詞を大公開!
この歌詞、コアなファンならすぐに気づくはずですよね。CHEMISTRYのこれまでのヒット曲の題名や歌詞からたっぷりと引用されています。あなたはいくつ見つけられましたか?

http://www.youtube.com/watch?v=AMzuLvmokWM

ユメノツヅキ / CHEMISTRY
プロデュース・作詞:松尾 潔 作曲:和田昌哉&豊島吉宏
トラック編曲:Maestro-T ボーカル編曲:和田昌哉

Come on everybody
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on (“Chemistry, part two!!”)

カンタンに手がとどく夢ならば
わざわざボクたちは人生賭けたりしない

キミが(two hearts)
ボクの胸を(beatin’ high)
鳴らす(as one)音がまた聴きたい

二度目の出会いは偶然じゃない
ボクはキミをさがしてたんだ
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
もう一度 あの場所からはじめよう
夢の続き ふたりで見よう
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on

逃げるほど迫ってくる hard-knock life
ただの夢だったら こんなに苦しくはない

キミに(it takes two)
あずけていた(you and me)
ボクの(we can do it)たいせつな合鍵

今度の旅には終点はない
倒れてもいい 立ち上がれば
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
もう一度 あのメロディー奏でよう
夢のカケラ ひろい集めて
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on

二度目の出会いは偶然じゃない
ボクはキミをさがしてたんだ
Oh, oh keep on dreamin’ on
もう一度 あの場所からはじめよう
夢の続き ふたりで見よう
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on
Keep dreamin’ on, keep dreamin’ on, keep dreamin’ on

この曲は2人が約5年半ぶりにレコーディングした曲で、作詞とプロデュースは松尾潔、作曲および編曲は和田昌哉とMaestro-Tという、初期CHEMISTRYを支えたクリエイター陣が集結しました。2001年3月7日発売のデビューシングル「PIECES OF A DREAM」と対をなす未来を描いた楽曲です。プロデューサーの松尾潔は下記のように述べています。

「ユメノツヅキ」のレコーディング日、ふたりが初めて声を重ねた瞬間に私は「あ、ケミストリー!」と思わず叫んでしまったんですよ。
CHEMISTRY、約5年半ぶりの新曲公開「ソロの経験が未来への一歩」 – 音楽ナタリー

CHEMISTRY復活ライブ


https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300795603

東京国際フォーラム ホールAで行われた再始動ライブ『CHEMISTRY LIVE 2017 ‐TWO‐』。
2012年4月以来、約5年ぶりにCHEMISTRYとしてのパフォーマンスが披露される。そのワンマンライブのチケットが1月28日に発売され、2日間ともにソールドアウト、発売開始15分での即完となった。
デビュー曲であり最大のヒット曲でもある「PIECES OF A DREAM」から始まり、「FLOATIN’」「Point of No Return」「It Takes Two」とおなじみの楽曲が続き、各曲のイントロが流れるたびに大きな歓声と拍手が沸き、堂珍は「イントロで『わーっ!』てなるの、いいですね(笑)」、川畑は「待っててくれた気持ちが伝わってうれしいです」と喜びを隠さない。


https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300795503

「今日来てくれたみなさんもCHEMISTRYをつくってくれたと思っているので、これからも新生CHEMISTRYを一緒につくっていきましょう!」(堂珍)
chemistryのニュース – CHEMISTRY、再始動ライブ——2017年、今後の彼らの活動に、期待が止まらない – 最新芸能ニュース一覧 – 楽天WOMAN

「みなさんと1曲1曲を確かめ合って1曲1曲気持ちを交換し合えているような、そんな気持ちで歌うことができました。今日のライブは始まりです。ここから新しいCHEMISTRYの歴史を刻んでいきたいと思っています」(川畑)
chemistryのニュース – CHEMISTRY、再始動ライブ——2017年、今後の彼らの活動に、期待が止まらない – 最新芸能ニュース一覧 – 楽天WOMAN


https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300795803
ライブ終了後、staffと一枚

https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300795703

「CHEMISTRY CLUB」の再開

「CHEMISTRY CLUB」サイト詳細

月額500円(税抜)で利用できるPC・スマートフォン専用ファンクラブです。

どこよりも早くCHEMISTRYのライブチケットが手に入る最速チケット先行受付をはじめ、会員限定グッズの販売などのコンテンツを利用できます。会員ではない一般のファンにも見られるページもあるので、まずはcheck!(下記は有料会員の利用できるコンテンツの説明です)

■TICKET
最速先行受付でどこよりも早くCHEMISTRYのライブチケットをゲット!
さらに記念に残るオリジナルデザインチケット(予定)でお届けします

■CHEMISTRY’S TALK
二人のメッセージ交換をこっそりのぞき見!

■VIDEO
ここでしか見ることのできない映像を公開

■PHOTO
ライブ写真やオフショットなど貴重な写真をお届け

■WALL PAPER
オリジナルデザインの壁紙を配信

■MUSIC CHEMISTRY
今日のあなたにピッタリなCHEMISTRYの楽曲をセレクト

■GOODS & MAGAZINE
会員限定グッズやファンクラブ会報を販売(予定)

■MAIL & LETTER
更新情報をメールでお届け&メンバー直通のファンレターボックス
あなたの誕生日にはお祝いメッセージが・・・

※SPモード決済/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/クレジットカード決済に対応

CHEMISTRY CLUB : http://www.chemistry-official.net

「ミュージックステーション 3時間スペシャル」


https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300795903
直前音合わせ
音合わせなんて楽器みたいですね。
それだけ繊細なものなのでしょうね。
衣装替え
二人の楽屋前でパチリ!
よく似合って、カッコいいです。

https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300796003
あの頃より、今のほうが、深いよ。
あ、これは例の新聞1ページ全面広告ですね。
買ったかたも多いのでは?

https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300796103
やはりMステといえば、タモリさん。
CHEMISTRYにとって6年半ぶりのMステ。
いよいよ放送、スタートです。

https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301/2149127901300796403
YOSHIKIと一枚!
X JAPANのYOSHIKIと一枚撮ってもらったんですね。
川畑の宝物になるそうですよ。

ファンクラブイベント開催決定!

★CHEMISTRY CLUB presents TOUR 2017「ユメノツヅキ」

オフィシャルファンクラブサイト「CHEMISTRY CLUB」のリニューアルオープンを記念して、約6年ぶりのファンクラブイベント『CHEMISTRY CLUB presents TOUR 2017「ユメノツヅキ」』を名古屋・大阪・東京で開催することが決定しました!
併せて、ファンクラブ会員のみが参加出来る「お見送り握手会」の実施を予定しているそうです。これは見逃せませんよね!

◆5月16日(火)【名古屋】Zepp Nagoya 開場18:00/開演19:00

◆5月17日(水)【大阪】Zepp Namba  開場18:00/開演19:00

◆5月26日(金)【東京】Zepp Tokyo 開場18:00/開演19:00

【料金】1Fスタンディング/2F座席指定 ¥7,194(ナイキュウシ)【税込・ドリンク代別500円】

※お一人様4枚まで申込可能。(同行者はファンクラブ会員・非会員問いません)
※未就学児童は入場不可

CHEMISTRYの今後の活動

CHEMISTRY CLUB presents TOUR 2017「ユメノツヅキ」、ミュージャック10周年アニバーサリー Livejack Special、SOUL POWER 2017「なにわSUMMIT」「TOKYO SUMMIT」への出演が決まっているCHEMISTRYですが、なにより多くのファンから全国ツアーを望まれる中で、二人に対する期待は膨れ上がっていくばかりです。

https://matome.naver.jp/odai/2149119631640744301
2017年06月13日