あっという間にバツ2に…ともさかりえが略奪の末に離婚「息子は大人で何よりの救い」

nanocha
女優のともさかりえ(37)が29日、ブログを更新し、ミュージシャンのスネオヘアー(45)との離婚を報告した。 ともさかは2度目の離婚、スネオヘアーも3度目の離婚となる。

ともさかりえ、離婚を報告「ほらみろと言われれば返す言葉もない」「心が折れた」

女優・ともさかりえ(37)とミュージシャン・スネオヘアー(45)が昨年末に離婚していたことが明らかになった。5年半にもおよぶ結婚生活のピリオドについて、ともさかは29日に自身のブログで想いをつづっている。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

約5年半の結婚生活に、静かにピリオドを打つことになった。
ともさかりえ 本名・友坂理恵。1979年10月12日、東京都生まれ。37歳。92年、トヨタ自動車「エスティマ」のCMで芸能界デビュー。同年NHKドラマ「こら、なんばしよっと」で女優デビュー。96年「友子の場合」で映画初主演。舞台「犬を使う女」で2000年ゴールデン・アロー賞演劇新人賞。映画「ちょんまげぷりん」で10年の報知映画賞助演女優賞。168センチ。血液型A。

ブログには「昨年末に離婚しました。ほらみろと言われてしまえば返す言葉もないのが正直なところです。離婚に円満も何もありませんが、慰謝料などもなく、円満離婚です」とつづられ、2度目となった離婚について自虐も込めて報告。「何とか良き風が吹くよう、夫婦で沢山話をしながら進んできたものの、いつしか心が折れてしまいました」とも書かれており、離婚という形を取ることになった経緯を説明した。
ともさかりえ、ブログで離婚を報告「ほらみろと言われれば返す言葉もない」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

ともさかさんは東京都出身。主な出演作は、NHK「あさが来た スピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」、日本テレビ「結婚に一番近くて遠い女」、映画「PとJK」、舞台「キネマと恋人」など。
ともさかりえ「ほらみろ、と言われてしまえば返す言葉もない」 スネオヘアーと離婚

2人は2010年の映画「アブラクサスの祭」での共演をきっかけに、11年に結婚した。

ともさかさんは前夫の舞台演出家、河原雅彦さん(47)と08年に離婚しており、2度目の離婚。スネオヘアーさんも3度目の離婚となる。
ともさかりえ「ほらみろ、と言われてしまえば返す言葉もない」 スネオヘアーと離婚

スネオヘアーとは“略奪再婚”だった?「常識では考えられない」

ともさかは、2003年に俳優で舞台演出家の河原雅彦と結婚し04年に長男を出産したが08年12月に離婚。その後、スネオヘアーと映画の共演をきっかけに2011年6月に再婚した。
ともさかりえ、ブログで離婚を報告「ほらみろと言われれば返す言葉もない」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

スネオヘアー 本名・渡辺健二。1971年5月6日、新潟・長岡市生まれ。45歳。インディーズを経て02年「アイボリー」でメジャーデビュー。YUKI、新垣結衣らへの楽曲提供、サントラ、CM音楽制作を行う。学生時代に劇団で役者経験があり、映画「犬と歩けば~チロリとタムラ」「非女子図鑑」に出演。今年5月22日にデビュー15周年を迎える。身長168センチ。血液型O。

作品のエンディング曲「ハレルヤ」もデュエットで歌うなど急接近し、11年6月に都内の区役所に婚姻届を提出した。その後も、映画「ハイザイ~神さまの言うとおり~」(12年)で夫婦共演。おそろいの結婚指輪を付けて舞台あいさつするなど幸せいっぱいだった。
ともさかりえ、ブログで離婚を報告「慰謝料などもなく、円満離婚です」 : スポーツ報知

しかし、当時スネオは一般女性と婚姻関係中で、離婚後にともさかと再婚した形となった。
ともさかりえ、スネオヘアーとは“略奪再婚”だった!? 「常識では考えられない」離婚劇のウラ|サイゾーウーマン

「ともさかは、入籍発表前からブログでスネオとの交友関係を匂わせていたので、マスコミ関係者から『ともさかの略奪婚なのでは?』といった声が出ていたんです。略奪婚した芸能人といえば、山下久美子から布袋寅泰を奪ったとされる今井美樹や、八重沢真美と約19年連れ添った市村正親の離婚後に再婚した篠原涼子、ほかにも永作博美や安達祐実などが挙げられますが、中には『夫婦関係がとっくに破綻している』といわれる夫婦も。それでも、彼女たちは決して離婚していません」「略奪の末に離婚ともなれば、もはやイメージダウンどころの話ではなくなるため、何が何でも仮面夫婦を貫くのが慣例。にもかかわらず、ともさかは離婚に踏み切ったため、マスコミ関係者は『常識では考えられない行為』などといわれているんです」(芸能プロ関係者)
ともさかりえ、スネオヘアーとは“略奪再婚”だった!? 「常識では考えられない」離婚劇のウラ|サイゾーウーマン

ともさかは離婚報道について事実と認め、慰謝料が発生しない円満離婚だと明かした。離婚の理由について、「心が折れてしまった」と語り、これまで何度も話し合ったり、ときには距離をおいてみたり、夫婦としてのあたらしいかたちを探してはみたものの、最終的に離婚という決断になったという。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

また、「音楽をつくり、うたをうたい、デリケートな心を持っている彼は、生活と仕事をきっぱり線引きできる私とは全く違う」と、スネオヘアーとの価値観や性格の違いについて触れた。離婚した今後については、「母として、成長する彼を近くで見守っていけることに感謝して、日々を営んでいきたいと思っています」と、子供と一緒に頑張っていきたいという決意を明らかに。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

「子供がかわいそう」「結婚不適合者なのでは?」と辛辣な意見も…

この離婚で、ともさかは二度目、スネオヘアーは三度目の離婚となる。ネット民からは同情の声とともに「結婚不適合者なのでは?」との声も。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

「1回目ならまだしも2回となるとね…。本人たちに問題があるのでは?」「結婚だけが人生じゃないから、かたちにこだわる必要はなかったと思う。事実婚でも良かったんじゃないかな」「もう結婚しないほうが良い。向いていないものはしかたない」

また、12歳になる息子については「大人の勝手な選択の中に巻き込んでしまった息子に対しては、本当に申し訳なく思います」と謝罪の気持ちがあることを明かした。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

「12歳になった彼は、私が考える以上に大人で、それは環境が大人にさせてしまった部分ももちろんあると思うのですが、それでも素直に優しく育っていて、これが何よりの救いです」と謝罪。そして「これからも母親として、強い気持ちをもって彼と向き合っていきたいと思います」と母としての強い思いをにじませた。
ともさかりえ、ブログで離婚を報告「ほらみろと言われれば返す言葉もない」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

ともさかには、河原との間に長男がいる。これについてネット民からは、「夫婦といえど他人だから生涯連れ添う必要はない。だけど、子供のことはしっかり考えてほしいと思う」「連れ回される子供の身にもなってほしい。子供がかわいそうだ」「円満離婚って言ってるけど、子供にとっては絶対円満じゃないからな」

これまで何度も話し合いをしてきたというだけあって、安易に決断した離婚ではないだろう。今後のともさか、スネオヘアーの活動が気になるところだ。
ともさかりえが二度目の離婚 「子供がかわいそう」と厳しい意見も [T-SITE]

https://matome.naver.jp/odai/2149078470497954201
2017年03月30日