HOW TO USE CHOPSTICKS

まとめ27

translated text below

Let’s practice durability of upper chopsticks (nothing) first.
I have one chopstick with a forefinger and the middle finger and a thumb to have a pencil.
I practice moving chopsticks up and down next. I need it and practice bending some forefinger and middle fingers (I intend to write 1 of the number) so that chopsticks point goes up and down.
I will have lower chopsticks next. The lower chopsticks sandwich it at the root of a thumb and the forefinger and expose it to the side of the nail on third finger and fix it. *What the lower chopsticks fix it in this way and do not move is basic.
Let’s practice with upper chopsticks and lower chopsticks. With two chopsticks ahead together, I have upper chopsticks and lower chopsticks.
As for the lower chopsticks, the upper chopsticks do a thumb on the fulcrum as if not moving it and move it up and down as if catching it with a forefinger and the middle finger.

最初に上の箸(1本)の持ち方を練習しましょう。
鉛筆を持つように、人さし指と中指と親指で一本のお箸を持ちます。
次にお箸を上下に動かす練習をします。(数字の1を書くつもりで) 人さし指と中指を少し曲げるようして、箸先が上下するように練習します。
次に下のお箸を持ってみましょう。 下のお箸は親指と人さし指の付け根のところで挟み、そして、薬指の爪の横のところにあてて固定します。 *下のお箸は、このように固定させて動かさないのが基本です。
上のお箸と下のお箸を持って練習しましょう。 二本の箸先を揃えて、 上のお箸と下のお箸を持ちます。
下のお箸は動かさないようにして、上のお箸は親指を支点にして、人さし指と中指ではさむようにして 上下に動かします。
矯正箸・お箸の正しい持ち方と練習–箸専門店 箸久 | 箸専門店 箸久(はしきゅう) オンラインショップ

https://matome.naver.jp/odai/2148914644253821901
2017年03月10日