1歳の女の子が実際に喜んだ絵本♪

sorayomiasobi
絵本が好きで、ついつい買ったり、図書館でちょこちょこ借りたりしています。そんな中で娘が1歳の時に特に喜んでいた本をまとめました。定番が多いですが、お子さん、お孫さんへのプレゼントの参考になれば幸いです。

1歳~1歳半頃

定番、だるまさんシリーズ!
「だるまさんが」→「だるまさんの」→「だるまさんと」と順に流行していきました。
最初は見ているだけだったのが、だるまさんの真似をしたり、ページをめくると私より先に「めめ!(おめめ)」と言ったり、子供の成長も楽しめる絵本です。
色々な果物が載っています。
果物を「あーん」と食べさせるふりをすると、口をあーん、もぐもぐと食べるふりをしてよく遊びました。
果物の名前もすっかり憶えて、関係あるのかないのか、食べるのも大好きです。
知り合いの保育士さんによると、最近の子供は果物の剝く前の姿がわからない子も多いらしく、そういう面でもこの本はいいよ、とのことでした。
たまごを割って、その中から色々な動物の赤ちゃんが出てくる仕掛け絵本です。
卵から動物たちが出てくるのが楽しいらしく、せっせと自分で卵をめくってくれます。
中から出てくる動物たちもかわいく、ぱきぱき、ぺりぺり、など擬音語も繰り返し真似していました。
同シリーズの、「まみむめもにょにょ」や「ぷんぷんぶふふ」も持っていますが、これが一番はまっていました。
スリッパの音にあわせて手を動かしたり、太鼓をたたく真似をしたり、リズミカルで楽しい絵本です。
はじめてえほんシリーズの、どうぶつ。
文章はなく、色々な動物の絵が載っているシンプルなもの。
次々ページを開いては、これは?これは?と興味津々。
大きくなってくると、逆に「ぞうさんはどれー?」や鳴き声でクイズをして遊びました。

1歳半~2歳頃

真ん中のクマさんが指人形になっていて、色々なおやつを食べていきます。
クマさんが動くのが楽しい&おやつを食べるふり(あーん、もぐもぐ)が楽しいらしく、よくこれ読んで!とせがまれました。
1歳になった頃頂き、最初はあまり興味を持ちませんでしたが、1歳後半になった頃から急に大好きになった絵本です。
大人気、おべんとうバスは娘も大好きでした。
かわいいキャラクターたちが次々バスに乗り込んでいきます。

キャラクターが「はーい」と答えるのに合わせて、娘も一緒に「はーい!」と元気よくお返事。
2歳になる頃には、ほとんど暗記して「バーグくーん」「はーい」と一人で読むほどになっていました。

かわいいパンダが体操している絵本。
ぐるぐるしたり、おしりふりふりしたり、親子で一緒に楽しく体操できます♪
ねずみくんシリーズの中でも、これが大ヒットしていました。
色々な動物が出てくる&いろいろな形のホットケーキのが楽しいようです。
「ぴょんぴょん!(うさぎ)」「ぞーさん!」とせっせとお話ししてくれました。
これも有名ですね。
うさぎさんのワンピースが次々色々な色形に変わっていくのが楽しい様子。
ぺらぺらっと次々ページをめくっていき読むのがとても間に合わないことも…。
こどもずかんシリーズの一番ベーシックなやつです。
上記の「どうぶつ」絵本が好きだったので、他にも色々載ってるのを買ってあげよう、と購入しました。
最初はどうぶつ&食べ物、次に乗り物~と成長に合わせて興味を持つ幅も広がっていきました。
「新幹線はどれー?」などクイズでよく遊びました。

知っておきたい色々なジャンルの有名なものがかわいいイラストつきで一通り載っているのでおすすめです。

いかがだったでしょうか。
色々読んでいく中で、「絵が単純」「色のメリハリがある」「リズム感があるもの」の受けが良かったです。
娘は動物&食べ物が大好きだったので、その系の本が好きな傾向にありました。
ぜひ色々な絵本を楽しんでください。

https://matome.naver.jp/odai/2148777351077985901
2017年03月03日