【閲覧注意】巨匠ハンス・ベルメールの恐ろしい美少女人形作品集

reinequeen
球体関節人形の巨匠、ハンス・ベルメール。彼のエロティックでグロテスクで、それでいて魅力的な美しい作品をまとめました。閲覧注意です。

球体関節人形を作り続けたハンス・ベルメール

生年月日 1902年3月13日 ドイツ帝国時代カトヴィツェ
死去 1975年2月24日(72歳)
国籍 ドイツ
表現媒体 人形、写真、彫刻、絵画、詩
代表的作品 Die Puppe(1934年、書籍)、「Popee」(1935年、書籍)
表現スタイルシュルレアリスム、ベルリン・ダダ
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

ハンス・ベルメール(1902年3月13日-1975年2月23日)はドイツの画家、版画家、オブジェ作家、写真家。1930年なかばに制作した等身大の少女人形作品が一般的には知られている。
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

日本に紹介されたのは1965年、澁澤龍彦が雑誌『新婦人』にベルメールの人形を紹介したことが発端です。
日本美学研究所 『ハンス・ベルメール(Hans Bellmer)』 球体関節人形のポエジー

エロティックとグロテスクの混ざった作風

ベルメールの作品は、完全なるエロティック・アートです。
日本美学研究所 『ハンス・ベルメール(Hans Bellmer)』 球体関節人形のポエジー

独特なポージングと色彩と、人形がもつ不気味な質感
球体関節人形作家:ハンス・ベルメール | ヒーロー見参!!

目的が人形作りではなく、それを理知的に凌辱すること、つまり「行為(デモンストレーション)」にあるからです。
日本美学研究所 『ハンス・ベルメール(Hans Bellmer)』 球体関節人形のポエジー

少女の肉体を弄び、蹂躙した痕跡こそ、彼の作品なのです。
彼の作品が「犯罪的」と称されるのは、このためです。
日本美学研究所 『ハンス・ベルメール(Hans Bellmer)』 球体関節人形のポエジー

作品の背景には憎悪と愛のアンビバレントな感情が

人形作りを始めたきっかけは、1933年のナチスの政権掌握。
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

ベルメールの幼少期における父親に対する恨みや反抗心も大きく関わっています。
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

1932年に出会った従姉妹の10代の美しい少女ウルスラの影響が大きいといわれてます。
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

ウルスラへの愛着と父親に対する憎悪がごちゃまぜになってできたのがグロテスクでエロティックな球体関節人形だったのです。
https://www.ggccaatt.net/2014/02/21/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/

日本にも大きな影響を与えた

左:ベルメールのセカンドドール 右:サイレントヒル2のマネキン
イノセンス

四谷シモンをはじめ、吉田良、天野可淡、恋月姫、清水真理などの現代人形作家を生み出した。

作品集

関連まとめ

画集

https://matome.naver.jp/odai/2148678500377215601
2017年02月11日