【ONE PIECE】 ジェルマ王国の人物 まとめ 【ワンピース】

gpc___1
【ONE PIECE】の登場人物、ジェルマ王国をまとめました。

ジェルマ王国

ヴィンスモーク家

ヴィンスモーク・ジャッジ

ジェルマ王国国王
ジェルマ王国国王。ジェルマ66総帥。サンジの父親。異名は「怪鳥(ガルーダ)」。闇の世界では有名な人物として知られる。北の海をジェルマの名で再び征服するという野望を抱いており、北の海の4人の王を討ち取った大事件「四国斬り」を起こしている。戦闘では噴射や電気を発生させる靴を用いる。武器は槍。勝利のためならジェルマの兵士を躊躇なく自身の壁や目くらましとして利用する。

電磁クラック(デンジ – )
靴から電気を発生させ相手を蹴りつける。

サンジの母

元ジェルマ王国王妃
元ジェルマ王国王妃。レイジュと似た顔立ちをした美しい女性。幼い頃のサンジが持ってきた失敗作の弁当を喜んで食べるなどジャッジとは対照的に子思いで優しい性格。何らかの病気で伏せており、サンジがジェルマにいた頃に亡くなった。

ヴィンスモーク・レイジュ

ヴィンスモーク家長女
ヴィンスモーク家長女。ジェルマ66「ポイズンピンク」。サンジの姉。肉体改造こそ受けているものの、サンジを見下すことしかしない弟達と違い「感情」を持っており、傷を負ったサンジに手当てをするなどヴィンスモーク家では唯一まともな感性を持っている。ポイズンピンクの名の通り、毒物を口から吸い取り消化することができる能力を持つが、これが悪魔の実なのかジェルマ66の科学力によるものかは不明。

ヴィンスモーク・イチジ

ヴィンスモーク家長男
ヴィンスモーク家長男。ジェルマ66「スパーキングレッド」。サンジの兄。ヴィンスモーク家のあり方を否定するサンジに対し「王には王たる条理がある」と述べるなど、荘厳な振る舞いをし、冷静な物言いでサンジを侮蔑する。サンジ同様女好きだが、血統因子の影響でニジやヨンジ共々優しさや慈悲といった感情がない。イチジら4兄弟は同じ日に生まれた一卵性多胎児だが、落ちこぼれだったサンジを出来損ないと見下し3人がかりで一方的に虐待しサンジが地下牢に監禁されてからもいじめを行っていた。そのことでサンジに恐怖心を植えつけている。

ヴィンスモーク・ニジ

ヴィンスモーク家次男
ヴィンスモーク家次男。ジェルマ66「デンゲキブルー」。サンジの兄。また些細なことで逆上し幼少期には竹刀での試合に負けたサンジを気絶しても叩き続けるなど、ヴィンスモーク家の兄弟の中では最も粗暴で短気な部分がある。手足から打撃と同時に電撃を放てる他、自らの姿を隠す能力を持つ。

ヴィンスモーク・ヨンジ

ヴィンスモーク家四男
ヴィンスモーク家四男。ジェルマ66「ウインチグリーン」。サンジの弟。サンジ同様女好きだが、人助けの趣味はないと豪語する冷酷な性格で、ナミからは「サンジ君と似ても似つかない」と評され、レイジュからも「人情の欠片もない人でなし」と罵倒されている。

従者

ジェルマ王国料理長
ジェルマ王国料理長。そばかすがあり長い髪を縛った若い女性。料理の技術はサンジが絶賛する程。サンジといさかいを起こし腹を立てていたニジに顔が腫れあがるほどの暴行を受けた。
https://matome.naver.jp/odai/2148662323080085601
2017年02月09日