2017年のバレンタインは Bean to Bar で決まり!!!

sami666ml
今までとはちょっと違う、リッチな味わいのチョコレートにしてみませんか?カカオの味が存分にする素敵なBean to Barチョコレートをご紹介1
今年のバレンタインはどんなチョコレートを選ぶ予定ですか?
今年はいつもと違うちょっとリッチなこだわりのチョコレートをあげてみませんか!?

最近流行りの “Bean to Bar” はいかが??

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、「豆からバー(板状)になるまで」という意味
http://placenta123.com/topix/culture/bean-to-bar/

ショコラティエやショップの数だけ、とってもこだわって作られたオリジナルの舌触りやアロマやフレーバーのチョコレートがあるということ!
http://placenta123.com/topix/culture/bean-to-bar/

カカオ豆からチョコレートになるまで全てにこだわって作られたチョコレートということです
カカオの種類によって風味が違うため、コーヒー豆のように味比べもできるのです。
ちょっと今までと違った、チョコレートの味わい方だと思いませんか!?

日本でも買えるBean to Barのお店をご紹介!

▶ Minimal – Bean to Bar Chocolate –

カカオ豆の個性を活かし、カカオ豆本来の味わいや香りの表現に徹底的にこだわっています。
私達のチョコレートで、皆様の生活に”新しい彩り”を加えたい。そんな思いでチョコレートを製造しています。
できたての香り豊かな“Bean to Bar Chocolate”をお楽しみください。
http://mini-mal.tokyo/about/
日本でBean to Barと言えば必ずこのお店が上がるといっても過言ではありません。洗練された味、パッケージデザインもとてもかわいらしくもらうだけでわくわくしちゃいます。

▶ xocol(ショコル)

xocol(ショコル)の工房では、厳選されたカカオ豆を 自家焙煎し、石臼で挽いて チョコレートを作ります。 乳化剤や人工香料を使わず、油脂の追加もしない 自然なチョコレートです。
http://xocol.jp/about/index.html
小さなお店ですが何度も通いたくなるような雰囲気のあるお店です。
ここで人気なのがコイン型のチョコレート!食べたときの食感がなんとも癖になります…。

▶ PACARI

エクアドルよりプレミアムオーガニックチョコーレートを日本のみなさまにお届けいたします。PACARI(パカリ)は3年連続ベストチョコレートアワードに輝いた経歴を持つ世界の中でも特別なチョコレートです。

http://www.pacarichocolate.jp/product/


https://matome.naver.jp/odai/2148521676475803101/2148522037678788203
なんと、カカオの木から作る所から始め”Tree to Bar”のチョコレートとして売り出しています。
オーガニックで育てあげ、細部にまでこだわりをもって作られたたった一つのチョコレートです。
日本ではあまり見かけない、バラのフレーバー等、ユニークでリッチな味があります。

今年のバレンタインは自分用にもリッチなチョコレートはいかがですか!?

カカオそのものを感じられるチョコレートは、甘すぎるのが苦手な人にもおすすめです。
食べ比べしてみると、カカオによってこんなに味が違うんだ!?と驚くこと間違いなしです。
ちょっと食べただけ、ドーン!と衝撃をうけ、アナタもこれをきっかけに Bean to Bar にはまってしまうかもしれません・・・
https://matome.naver.jp/odai/2148521676475803101
2017年01月24日