納得!高額エステのクーリングオフは意外と簡単だった!

chinmaruchan
エステで本契約までしてしまったけれど「やっぱり解約したい!」と思ったことはありませんか?「いざ断るとなると手続きが面倒だし、簡単にクーリングオフって出来るの?」と不安になるかもしれません。今回は高額エステでも簡単にクーリングオフ出来る方法をご紹介していきます。

エステにおけるクーリングオフの方法は?

エステでもクーリングオフは適用されます。
契約してしまったエステのクーリングオフのためにお店に足を運ぶ必要はありません。
また電話で直にお話しすることもありません。
クーリングオフは書面一つで簡単に行うことが出来るのです。

この3つでエステのクーリングオフは完璧!

実はエステの場合ある3つの条件がそろっているだけで契約を解除することが出来ます。

「断られたらどうしよう」
「一度契約したのに断るのは悪い」
「違約金など取られるのかな」

このような心配は一切ありません。
もちろん契約のみならず代金を既に払っていてもローンを結んでいようが契約を解除することが出来るのです。

ではその3つの条件は何なのでしょうか?

契約した金額が5万円を超える時

支払総額が5万円を超える場合にクーリングオフは適用されます。
5万円ピッタリでは適用されないので注意が必要です。
この場合現金でもカードでも5万円を超えていればクーリングオフの対象になります。

契約した期間が一か月を超えるコース

一か月を超える契約にはクーリングオフは適用されます。
反対に一か月以下であったり一日だけのコースなどは適用されません。

書面契約を交わして8日以内の場合

契約してから8日以内に書面で通知すればクーリングオフは適用されます。
契約した日を1日とカウントするので1月1日に契約したのであれば1月8日までに書面を送れば問題ありません。
この場合書面を発送した時点でOKですので相手側に8日以内に届かなくても問題ありません。

医療クリニックのエステはクーリングオフ外

実は医療クリニックでのエステ契約はクーリングオフが適用されません。
これは医療契約になることから対象外となってしまうのです。
全ては話し合いによって途中解約をし施術していない金額を返金してもらえる場合がほとんどです。

使った商品は解約できない

エステの契約解除は出来ても関連した商品を契約し仕様してしまった場合は解約することは出来なくなります。つまり自分の意思で商品を使用してしまった場合は自分で買い取らなければなりません。
例えば化粧品であったり美顔器、脱毛器にしても一度自分の意思で使用してしまうと解約することは出来なくなります。

簡単!クーリングオフの仕方

クーリングオフを行う場合には相手にしっかりと伝えることがポイントです。
契約解除の旨をしっかりと記載するわけですが、その際には具体的な契約日時やお店の名前、お店の住所、契約したコースなどをしっかりと記載する必要があります。

この場合ベストな送り方はやはり内容証明です。
書留や特定記録郵便の場合、悪質なお店の場合は受け取ったとしても中身が証明できませんからシラを切られたらアウトです。

またコピーを取ったとしても同じことです。書面に割り印をしても悪質なお店では改ざんしてしまったらアウトですからね。
ですから第三者がしっかりと内容も確認している内容証明郵便が一番ベストなのです。

クーリングオフには内容証明郵便がベスト

「誰が」「いつ」「どんな内容」の郵便を「誰に」送ったのかを郵便局が証明してくれる内容証明は証拠として最適です。クーリングオフに関わらず言った言わないの水掛け論を起こさないためにも上手に利用したいものです。

内容証明郵便の良いところは「送った、送らなかった」の証明だけでなく中身についても「記載している」と証明できることです。
普通郵便であれば届いていないということで処理されてしまう可能性が十分あります。

仮に書留や特定記録付き郵便であっても送ったことは証明されても内容が違っていると言われてしまえば証明することも不可能です。
しかし内容証明であれば中身も郵便局側が証明してくれるので「受け取っていない、中身を見ていない、中身が違っている」などという言い逃れは出来ないのです。

よって万全を期してエステのクーリングオフを行いたいのであれば内容証明郵便で送るのが一番無難だと思います。

内容証明で支払いに応じないなら少額訴訟も

内容証明を使っても相手から反応がない場合は少額訴訟を起こすことも頭に入れておきましょう。訴訟と聞くと長い時間をかけるイメージがありますが少額訴訟は一日で判決が出るので非常に簡単です。この少額訴訟は60万円以下のお金の支払いに対して有効となっており勝訴すれば相手側に支払い義務が生じるのです。

少額訴訟はデメリットも多い

少額訴訟をして勝訴判決を得ても、相手から100%支払って貰える保証は無い(強制力は無い)のですよね?

相手がそれでも支払わなければ執行という次の手段があるそうですが、そこでまた費用がかかりますよね?
少額訴訟してもデメリットばかり? – 弁護士ドットコム

強力な少額訴訟ですが相手が受け取っていなかったり、住所が分からなくなっている場合には何の意味もありません。また相手が受け取ったとしても意義申し立てをした場合、少額訴訟は通常訴訟に移行され通常の裁判になってしまいます。

エステの契約は慎重に!

高額なエステは良く考えて契約しましょう。
初回は無料だったり低額だったりお得感満載のエステですが、いざ契約するとかなり高額であることが分かります。

何かあっても最終的にはクーリングオフ出来るからと考えていても実際に手続きをするのは時間も無駄にしますし面倒な工程を踏まねばなりません。
エステ契約の際にはしっかりと考えてから契約をするようにしましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2148411125271645501
2017年01月21日