聖書に助けを求めよう 嫉妬している時に役立つ聖書の抜粋集

VLA

49:1もろもろの民よ、これを聞け、
すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。
49:2低きも高きも、富めるも貧しきも、共に耳を傾けよ。
49:3わが口は知恵を語り、わが心は知識を思う。
49:4わたしは耳をたとえに傾け、
琴を鳴らして、わたしのなぞを解き明かそう。
49:5わたしをしえたげる者の不義が
わたしを取り囲む悩みの日に、
どうして恐れなければならないのか。
49:6彼らはおのが富をたのみ、
そのたからの多いのを誇る人々である。
49:7まことに人はだれも自分をあがなうことはできない。
そのいのちの価を神に払うことはできない。
49:8 49:9とこしえに生きながらえて、墓を見ないために
そのいのちをあがなうには、あまりに価高くて、
それを満足に払うことができないからである。
49:10まことに賢い人も死に、
愚かな者も、獣のような者も、ひとしく滅んで、
その富を他人に残すことは人の見るところである。
49:11たとい彼らはその地を自分の名をもって呼んでも、
墓こそ彼らのとこしえのすまい、
世々彼らのすみかである。
49:12人は栄華のうちに長くとどまることはできない、
滅びうせる獣にひとしい。
49:13これぞ自分をたのむ愚かな者どもの成りゆき、
自分の分け前を喜ぶ者どもの果である。〔セラ
49:14彼らは陰府に定められた羊のように
死が彼らを牧するであろう。
彼らはまっすぐに墓に下り、そのかたちは消えうせ、
陰府が彼らのすまいとなるであろう。
49:15しかし神はわたしを受けられるゆえ、
わたしの魂を陰府の力からあがなわれる。〔セラ
49:16人が富を得るときも、
その家の栄えが増し加わるときも、恐れてはならない。
49:17彼が死ぬときは何ひとつ携え行くことができず、
その栄えも彼に従って下って行くことは
ないからである。
49:18たとい彼が生きながらえる間、自分を幸福と思っても、
またみずから幸な時に、人々から称賛されても、
49:19彼はついにおのれの先祖の仲間に連なる。
彼らは絶えて光を見ることがない。
49:20人は栄華のうちに長くとどまることはできない。
滅びうせる獣にひとしい。

23:17心に罪びとをうらやんではならない、
ただ、ひねもす主を恐れよ。

ヤコブの手紙

3:13あなたがたのうちで、知恵があり物わかりのよい人は、だれであるか。その人は、知恵にかなう柔和な行いをしていることを、よい生活によって示すがよい。 3:14しかし、もしあなたがたの心の中に、苦々しいねたみや党派心をいだいているのなら、誇り高ぶってはならない。また、真理にそむいて偽ってはならない。 3:15そのような知恵は、上から下ってきたものではなくて、地につくもの、肉に属するもの、悪魔的なものである。 3:16ねたみと党派心とのあるところには、混乱とあらゆる忌むべき行為とがある。 3:17しかし上からの知恵は、第一に清く、次に平和、寛容、温順であり、あわれみと良い実とに満ち、かたより見ず、偽りがない。 3:18義の実は、平和を造り出す人たちによって、平和のうちにまかれるものである。

https://matome.naver.jp/odai/2148383680238302401
2017年01月08日