【今作で強化】ミュウツー(メガミュウツーX・Y)の育成論・対策まとめ【ポケモンサンムーン】

basera
初代最強のポケモン。今作ではメガシンカするとメガシンカ後の素早さで動けるようになりました。そのため最初からカプコケコ・サトシゲッコウガを抜くことができます。

目次

ミュウツーについて
メガミュウツーxについて
メガミュウツーYについて
タイプ相性
入手方法
おすすめの技・持ち物
有利な相手
育成論
対策方法
相性の良いポケモン
ミュウツー
■種族値
106 110 90 154 90 130■タイプ エスパー

通常特性:プレッシャー
(受けた技のPPを1多く減らす)

隠れ特性:きんちょうかん
(相手は木の実を食べられなくなる)

初代から高い素早さ・とくこうで最強のポケモンに君臨する伝説のポケモン
技も多彩で、多くの一般ポケモンは抜かれて倒されることが多い

今回のフリーは伝説あり・無しが選べるようになったので伝説ポケモンが使いやすくなった。
ポケバンク解禁後は、フリー(伝説あり)で使えるようになる

メガミュウツーX
■種族値
106 190 100 154 100 130■タイプ エスパー・かくとう

■特性ふくつのこころ
怯むと素早さが1段階アップする

メガシンカ後は強靭な筋肉を手に入れた
攻撃に努力値を振っておけば、けたぐりでノーマルアルセウスを確1にできる
ORASの技教えでは冷凍パンチ、かみなりパンチも覚えることができます^^

メガミュウツーY
■種族値
106 150 70 194 120 140■タイプ エスパー

■特性ふみん
ねむらない

メガシンカ後は小柄の体型になった。ミュウに近い
130族を抜ける上に、ギルガルド並の攻撃力になった
そのため地震やストーンエッジも気軽に採用することができる。

瞑想を積めば、大半のポケモンを確1にできるぞ

タイプ相性

ミュウツー・メガミュウツーY
ばつぐん(4倍)—
ばつぐん(2倍)むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)—
こうかなし—

メガミュウツーX
ばつぐん(4倍)—
ばつぐん(2倍)ひこう/ゴースト/フェアリー
いまひとつ(1/2)かくとう/いわ
いまひとつ(1/4)—
こうかなし—

サンムーンで新技とぎすますを習得

ノーマルタイプ変化技。次のターンの攻撃が急所に当たる。
アマルガム

入手方法

1月からポケバンクが解禁されるので、サンムーンに転送できます。
ただ込み合う可能性は高いです。

XYで手に入れる方法

捕獲率は低いので、マスターボールを使うとすぐに捕獲できる

ポケモンの村の西側を流れる川をポケモンのわざ「なみのり」で進むと、村の中央付近にある洞窟に行ける。ただし、初めてポケモンの村に訪れた時は入口に人が立っていて入ることができない。

ポケモンリーグで殿堂入りしてエンディングを見た後、再びポケモンの村に行くと、洞窟の入口を塞いでいた人がいなくなっていて中に入ることができる。洞窟内にはミュウツーがいてバトルすることができる。ミュウツーはレベル70で、「サイコキネシス」「はどうだん」などの強力なわざを覚えている。

もしバトルでミュウツーを倒してしまったり、こちらから逃げ出した場合は、もう一度ポケモンリーグで殿堂入りすることでミュウツーが復活する。
ポケモン王国

おすすめの技

★特殊技

サイコブレイク 威力100(150) 100超– 専用技。
相手の防御に依存する技となっているため特殊受けを突破できるようになった。
サイコキネシスより威力が高く、対応できる範囲もこちらが勝る。

はどうだん 80–闘必中
悪、鋼に抜群をとれて必中。XYでの威力低下が痛い。
メインウエポンと合わせてエスパーに半減される。

きあいだま120 70闘 特防↓10% 命中不安定。
波導弾より高威力で、バンギラスやディアルガに対して確定数が変わってくる。
しかし、同時に外れる時のリスクも大きく、基本は推奨されない。

だいもんじ110 85 炎 火傷10%
鋼対策。また晴れ状態だとグラードンに刺さるが、伝説戦は竜が多いため半減も多い。

かえんほうしゃ90 100 炎 火傷10%
命中安定の炎技。HDハッサムは問題なく焼けるが、HDナットレイは低乱1。

ふぶき110 70 氷 氷10%
ギラティナやゼクロム対策。ギラティナ・ゼクロム他、Sの高い一般ドラゴン全般にも刺さる。
ユキノオーとのコンボなどでよく見られる。

れいとうビーム90 100 氷 氷10%
命中安定の氷技。通常の竜やグラードン対策で。

かみなり110 70 電 麻痺30%
カイオーガやルギア対策。雨状態で必中。

10まんボルト 90 100 電 麻痺10%
命中安定の電気技。5世代でナットレイなど超技と両方半減するものが増えてしまった。
ホウオウに対しては、基本的にサイコブレイクの方が通りがいい。

シャドーボール80 100 霊 特防↓20%
超闘と相性のいいサブウエポン。闘霊で全てのポケモンに等倍以上が取れる。
鋼に等倍で通るようになったため、優先度はやや上がったか。

★物理技

けたぐり20~120(180) 100闘–
Xのメイン技。相手の体重に左右されるが伝説ポケモンには高い威力を出しやすい。

ドレインパンチ75(112) 100闘
体力吸収安定した格闘技。追加効果も優秀だが威力は低め。

かわらわり75(112) 100闘 壁破壊
安定技その2。壁破壊に重きを置くなら採用の余地がある。

しねんのずつき80(120) 90超 ひるみ20%
貴重な一致技。しかし威力が低く、命中も100%ではない。

サイコカッター70(112) 100超 急所率+1
タイプ一致だが火力不足。
A無補正だと、無補正無振りサイコブレイクよりも僅かに威力が下回る。

じしん100 100 地–
格闘と範囲は被るが威力高めで幅広く刺さる。非接触でギルガルド対策。

ストーンエッジ100 80 岩 急所率+1
相性補間その1。ホウオウ、ルギア、イベルタル、レックウザ、キュレムと幅広く刺さる。

れいとうパンチ75 100氷 氷10%
格闘技との補完その2。ルギア、レックウザ、ギラティナ、ジガルデに有効。

かみなりパンチ75 100電 麻痺10%
ホウオウ、ルギアに有効だがストーンエッジで足りている感はある。

ほのおのパンチ75 100炎 火傷10%
ゲノセクトを始めとした4倍組に。

アイアンテール100 75鋼 防御↓30%
ゼルネアスピンポイント。

じばく200 100 無–
極めて高いAとSから繰り出す自爆はダブルトリプルでは脅威。
しかしXDの教え技限定で、厳選難易度・入手難易度ともに高い。

グロウパンチ40(60) 100 闘 攻撃+1
技スペースは取るがトドメ・交換読みなどで積んでいける。

★補助技

めいそう–超一
回積めば突破力大幅アップ。

みがわり–
無状態異常受けや瞑想を積む暇を作れる。

じこさいせい–
無回復技。めいそうを積めば半端な特殊アタッカーでは突破できなくなる。

ねむる–
超状態異常および体力回復技。通常ミュウツー時に眠ってからYにメガシンカをすれば、特性ふみんにより覚醒できる。

トリック–超教え技。
130族のこだわりトリックは決まりやすい。
プレートアルセウスなど、トリックが無効な相手には注意。メガストーン時は不発。

かなしばり100無
5世代で強化された。身代わりと合わせて特に拘り持ちを無力化できる。

ちょうはつ100悪
ルギアやアルセウスに対して上から挑発を撃てるのが強み。

ひかりのかべ–超
素早いので先発で壁張り役として使える。

リフレクター–超
後続へのサポートに加え物理耐久が上がるのでふいうち対策としても兼用できる。

おすすめの持ち物

■こだわりメガネ
特殊技を最大火力で撃つことができる
特殊メインのミュウツーとは相性抜群■いのちのたま
攻撃技の威力が1,3倍になる

■ラムの実
やけど・マヒ対策に

有利なポケモン

ソルガレオ
メガミュウツーxの地震で倒すことができる
ソルガレオはかみくだくを覚えるのでYは厳しい

ルナアーラはマルチスケイルと同じ特性を持っており、ゴーストタイプなのでミュウツーでは倒せない

育成論【第7世代】

ミュウツーの育成論
1基本型
2壁張り型

基本型

性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252 HP4 or 特攻すばやさ調整残り耐久
持ち物:いのちのたま/プレート/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/ラムのみ/半減の実
確定技:サイコブレイク
選択攻撃技:きあいだまorはどうだん/シャドーボール/かみなりor10万/ふぶきorれいとうビーム/かえんほうしゃorだいもんじ/じばく
選択補助技:めいそう/おにび/どくどく/みがわり/ちょうはつ/かなしばり/ひかりのかべ/リフレクター/トリック

ミュウツーYと似ているが持ち物が持てる点と物理耐久はこちらの方が上
いのちのたまやこだわりメガネを持てばメガミュウツーYより火力は上になる。

今作からは突撃チョッキが増えた代わりに、エスパージュエルが没収された。
突撃チョッキは無振りでもメガネラティオスの流星群を耐えるほどの特殊耐久を得る代わりに、補助技が使えなくなるためふいうち持ちには手も足も出なくなるので注意。

今作はふいうち持ち増加によりおにび身代わりの重要度がさらに増した。禁止伝説のイベルタルにも有効。
ポケモン第七世代(サン・ムーン)・対戦考察まとめWiki – ミュウツー

壁張り型

性格:おくびょう/ようき
努力値:A252orC252 S252
持ち物:ひかりのねんど/だっしゅつボタン
確定技:ひかりのかべ/リフレクター
選択肢:サイコブレイク/じばく/はどうだん/だいもんじ/れいとうビーム/でんじは/おにび/ちょうはつ/しんぴのまもり

ひかりのねんどを持たせて壁張りとアタッカーの両立という使い方も可能。
光の壁とリフレクター両方採用する必要はなく、あくまでパーティとの相談。
伝説ポケモンのミュウツーをサポートに使うという非常に贅沢な使い方だが、
そこそこの耐久に高い素早さと攻撃性能ゆえの腐りにくさ、
まず挑発やトリックをされない型の読まれにくさで、
ミュウツーにしかできないサポート性能といえる。
サポートで運用するなら、厳選難易度は恐ろしく高いが自爆も一考。

壁貼り後も高ステータスでそのまま殴っていけるので、
努力値や技構成等は、耐久よりにするのではなく上と一緒で問題ない。
ポケモン第七世代(サン・ムーン)・対戦考察まとめWiki – ミュウツー

メガミュウツーxの育成論
1メガミュウツーX(アルセウスメタ)

メガミュウツーX(アルセウスメタ)

性格 : ようき / 特性 : ふくつのこころ / 持ち物 : 対応メガストーン
努力値 : HP:124 / 攻撃:196 / 防御:4 / 特防:4 / 素早:180
技 : けたぐり / しねんのずつき / じしん / ストーンエッジ

実質、アルセの最速をスカーフなしで抜ける格闘はバシャとこいつぐらい。

加速を抜くとこいつだけになるので使用しています。

しかもノーマルアルセを確1にできる=その他のアルセも大体確定2内に入ってきます。

★運用方法
基本的に先発OR死に出しになります。

裏にスカーフカイオーガ、メガレックウザ、グラードン、フェアリー受けがいると安心して
先発を任せられます。(鋼アルセ、ヌケニン等)
ポケモン徹底攻略

メガミュウツーYの育成論
1基本型
2ねむる型

基本型

性格:おくびょう
努力値:特攻252or防御252/素早さ252 (特攻は全振りでも確定数が変わることはほとんど無いので、防御の方が優先度が高い)

持ち物:ミュウツナイトY

確定技:サイコブレイク/はどうだん

選択攻撃技:10まんボルト/れいとうビーム/かえんほうしゃ/だいもんじ/シャドーボール/ふぶき/きあいだま

選択補助技:めいそう/おにび/どくどく/みがわり/ちょうはつ

攻撃能力は全タイプのプレートを持った通常ミュウツーと同等と考えるとわかりやすい。
通常のミュウツーよりも防御が下がる為、ふいうち食らうと落ちるので何かしら補助技は入れておくと回避しやすい(みがわりが有効)
ポケモン第七世代(サン・ムーン)・対戦考察まとめWiki – ミュウツー

ねむる型

特性ふみん
性格おくびょう/ひかえめ
努力値素早さ252 HP or 防御252
持ち物ミュウツナイトY
必須技サイコブレイク/ねむる/めいそう or バリアー

・メガシンカせずに「めいそう」などを積んだ後、「ねむる」を使用して全回復し、メガシンカして特性「ふみん」を発動させ強引に起きる

・「ねむる」は状態異常なども回復できるため、「でんじは」を受けても機能停止しないのが利点
ポケモンサンムーン攻略Wiki

対策方法

ムクホーク【こだわりスカーフ】
メガミュウツーXを抜いてブレイブバードを当てる
それだけで確1にできる
ミミッキュ
化けの皮で1回だけシャドーボールを防げる
その間に剣の舞を積んでかげうちを撃てば倒せるきあいのタスキとの併用も可能

相性の良いポケモン

ネクロズマ
ステロを自力で覚えるので、撒くことができる
ステロを撒いておけば、タスキ持ちにも強く出られるまた特性で弱点技を半減できるので、じゃくてんほけんと相性が良い
ボディパージを積んで全抜きもできる

https://matome.naver.jp/odai/2148317173987992701
2016年12月31日