【秘密結社】スカルアンドボーンズとボヘミアン・グローブ

グラマラス

スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、S&B、頭蓋骨と骨)はアメリカのイェール大学にある秘密結社。「The Brotherhood of Death」の異名がある。会員名簿は公開されている。

ウィリアム・ハンティントン・ラッセルと、従兄弟のサミュエル・ラッセルが1832年に設立した。また彼らはラッセル商会とカルパーリングをも創設した
スカル・アンド・ボーンズ – Wikipedia

米国の名門イェール大学に秘密結社スカル&ボーンズが設立される。

創設者はアルフォンゾ・タフトとウイリアム・ラッセル。

アルフォンゾ・タフトは、ユリシーズ・グラント政権で司法長官と陸軍長官を務めた。息子は第27代米国大統領のウィリアム・タフト。

ウイリアム・ラッセルは、ロスチャイルドとベアリングが支配する阿片貿易の利権を分けてもらった麻薬貿易会社ラッセル社の一族。

ラッセル社は、英国が独占するインド産阿片より質が悪いけど安価なトルコ産阿片を中国に持ち込み、そこで得た資金で「マサチューセッツ銀行」(のちのボストン・ファースト・ナショナル銀行)を設立している。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

スカル&ボーンズは、1856年には「ラッセル信託基金」の名の下に正規の法人格を取得している。

ウィリアム・ラッセルがドイツに留学した際、どうやらイルミナティと接触したようで、帰国後にその秘密結社の儀式を真似て設立されたのがスカル&ボーンズである。

イルミナティとの違いは、スカル&ボーンズはホワイト・アングロサクソン・プロテスタントのみで構成されるという点である。

従って、WASPのみで構成された米国版イルミナティと言ってもよいかと思われる。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

初期のスカル&ボーンズは、阿片貿易で巨万の富を得たニューイングランドの有力商家が中心であった。

17世紀に最初にアメリカにやってきたピューリタンの末裔たちが第一グループとされ、ホイットニー家、ロード家、ワッズワース家、アレン家、バンディ家、アダムス家、スティムソン家、タフト家、ギルマン家、パーキンス家などがある。

第二グループは、18世紀から19世紀に巨万の富を得た名家で、ハリマン家、ロックフェラー家、ペイン家、ダヴィソン家、ピルスベリー家、ウェイヤハウザー家、そしてブッシュ家などである。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

ウイリアム・ラッセルがドイツ留学から持ち帰ってきたもう一つのものが、ヘーゲルの弁証法である。

スカル&ボーンズは、このヘーゲルの弁証法を戦略として採用している。

どんなものかというと、簡単にいえば、まずテーゼ(定立)を立てて、それに対してアンチテーゼ(反定立)をぶつけて、ジンテーゼ(総合)を導きだすというもので、正+反=合という図式で表せる。

自らの優位を導くために、世界の中に意図的に対立を引き起こし、緊張が極まったところで自分たちを有利に導く解決策を提供するという方法論である。

これもイルミナティーと同じで、キーワードは「分裂と混沌」。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

スカル&ボーンズは教育界に大きな影響を与えてきた。ティモシー・ドワイドがイェール学長。

アンドリュー・ホワイトがコーネル大学の初代学長。

ジョン・ロックフェラーはロックフェラー大学とシカゴ大学を創立。

ダニエル・ギルマンは、カリフォルニア大とジョンズ・ホプキンス大の初代学長になっている。

このギルマンがロックフェラーたちと一般教育委員会を設立し、米国の学問を方向づけた。

また、ギルマンの愛弟子にジョン・デューイがおり、デューイはアメリカ「進歩主義教育運動」の思想的な柱となっている。

このデューイの教育思想と理論は、戦後日本の教育にも大きな影響を与えた。

スカル&ボーンズの中でも特に重要な人物がヘンリー・L・スティムソンである。

スティムソンは、セオドア・ルーズベルト、ウィリアム・タフト、ウッドロー・ウィルソン、カルビン・クーリッジ、ハーバート・フーバー、フランクリン・ルーズベルト、ハリー・トルーマンと7人の大統領の側近を務めた。

原爆を製造したマンハッタン計画の最高責任者でもある。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

陸軍長官であったスティムソンは、陸軍省内でスカル&ボーンズのフループを結成している。

ジョン・マックロイ、ロバート・ロヴェット、マクジョージ・バンディ、ウィリアム・バンディ、ディーン・エイクソン、ジョージ・マーシャル、アヴェレル・ハリマン、プレスコット・ブッシュなど世界大戦時の重要な閣僚たちが名を連ねている。

このグループが、第二次世界大戦前から戦後にかけての重要な戦略政策を練り上げ、日独両国の占領政策の立案にあたった。

また、このグループは戦略事務局(OSS)を創設し、以降、その後進である中央情報局(CIA)はスカル&ボーンズ人脈を中心に構成されている。

その他、スカル&ボーンズは、大学、財団、銀行、石油会社なども傘下に擁し、政府機関にも幅広く人材を送り込んできた。
スカル&ボーンズ – 隠された真実

概要

構成員同士が協力し合いアメリカで経済的・社会的に成功することを目的としている。週に二回ニューヘイヴンのクラブストリートのはずれの窓のないクラブハウスで議論をするために集まる。

なおイェ―ル大学には他に、「スクロール&キー」「ベルセリウス」「ブック&スネーク」「ウルフズヘッド」と呼ばれる結社が存在している。

1832年 ウィリアム・ハンティントン・ラッセルがアルフォンソ・タフト、とその息子ウィリアム・ハワード・タフトとともに設立。

ただ初頭は「エウロギアクラブ」という名前であった。

アメリカの大学に複数ある排他的結社の一つで、入会に関する一切が不明であり、ただ大学の「新入生の中から15人選出される」のみが判明している。

入会式に関しては、「新入生がドロレスをする」「棺桶に入り、初体験などを告白する」と言われる。入会者へは高価な振り子時計が送られ、卒業の際には1万6000ドルが送られるという。
スカル・アンド・ボーンズ – Wikipedia

322という数字に意味を付けている。

「新入生には、322のナンバープレートを盗ませる」

「入会に際し、頭蓋骨と322が描かれ、リボンがかけられた黒い封筒が送られる」

「デモステネスの没年であるBC322年を基本とし、会員(ボーンズマンと呼ばれる)はBC322年を紀元1年とするカレンダーを使う」などと言われている。

これに関し、スカルアンドボーンズは元来ドイツの大学の学友会で、W・H・ラッセルが、在学中ドイツへ留学したおり、むこうの学生と深い親交を結び、帰国後、フラタニティの名前を「322番目の」学生結社とした、という説がある。

真偽は定かではないが、「ジェロニモの墓を暴いて頭蓋骨を持ち帰った」「パンチョ・ビリャの頭蓋骨も所有している」という伝説がある。これはいわゆる「学生なりのジョーク」の可能性が高い。
スカル・アンド・ボーンズ – Wikipedia

2004年秋のアメリカ合衆国大統領選挙の2人の候補者である、ジョン・ケリー(1966年)とジョージ・W・ブッシュ(第43代アメリカ合衆国大統領。入会時は1968年)が2人ともS&B出身だった。

また、ジョージ・W・ブッシュの父である第41代アメリカ合衆国大統領のジョージ・H・W・ブッシュ(1948年)や、祖父のプレスコット・ブッシュ(1917年)もS&Bのメンバーだった。

プレスコット・ブッシュはS&Bでハリマン家の息子ローランド・ハリマンと出会い、銀行家の道を歩み成功する。

その後、二人はユニオン銀行の頭取と社長として、ヒトラーの資金援助者だったドイツの鉄鋼石炭王フリッツ・ティッセンと深い関係を築いていく。

歴代のCIA長官はボーンズマンが務めている。その他、ボーンズマンは金融、石油といった産業界の中枢だけでなく、国防総省、国務省などの政府機関にも存在している
スカル・アンド・ボーンズ – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=_xFN-tfNshg

ボヘミアン・グローブ

ボヘミアン・グローブとは、お金と権力のあるエリートらが毎年7月に17日間の秘密会合を行う場所(カリフォルニア州モンテリオにある広大な敷地)です。

彼らは、人里離れた”聖なる林”の中で会合します。聖なる林に生えている木は、サンフランシスコ周辺の森林に生えている古代の米スギです。
日本や世界や宇宙の動向 : ボヘミアン・グローブにはミイラが展示されています。

ボヘミアン・グローブには1500人のメンバー(全員が秘密メンバー)が集います。

メンバーの多くは、有力企業のトップ、政府高官、大統領、イルミナティ・メンバー、ビルダーバーグ・メンバー、ハリウッド・スター、ミュージシャン、作家などです。

我々が良く知っている歴代大統領もメンバーに含まれています。
日本や世界や宇宙の動向 : ボヘミアン・グローブにはミイラが展示されています。

グローブは、ヘリコプター、民間治安部隊、武装警備員らによって厳重に警備されており、外界からは完全に閉鎖されています。

エリートらがやりたい事を自由にできるように敷地内にはメディアの侵入も許されません。

例えば、政治的決断、裸ダンス、乱交、麻薬、殺人、悪魔の生贄儀式など。

隔離された場所ではやりたい放題です。

それでも、アレックス・ジョーンズ氏のように、グローブ内に侵入できた人たちがいます。

ジョーンズ氏は、その後、彼らがボヘミアの巨大なフクロウの像の前で行っていた悪魔の生贄儀式について暴露しました。

最近では、マーク・ダイス氏が、グローブには人の死体が保管されていると暴露しました。
日本や世界や宇宙の動向 : ボヘミアン・グローブにはミイラが展示されています。

http://www.youtube.com/watch?v=lUrNxwq7euo

ボヘミアン・グローブの建物の玄関ホールには、100年間もミイラが展示されているこを知っている人はほとんどいないでしょう。

ガラスのケースに収納されたこのミイラは、1914年にエジプト学者によって寄付されたもので、メンバーの間ではイシス(Isis=古代エジプトの女神)婦人と呼ばれています。

ボヘミアン・グローブはイルミナティ・メンバーが毎年7月に秘密会合を開催する場所であり、開会式には人間の生贄儀式(クリメーション・オブ・ケア)が行われます。

ボヘミアン・グローブの敷地内には100以上のキャンプ(施設)があり、各キャンプには数十人から100人の人たちが集います。

そのうちのヒルベリー・キャンプは、ブッシュ犯罪一家の所有物ですが、ブッシュ父子はそこで昼食後のオフレコ談話をしました。

1996年にブッシュ父子は共に檀上に上がり、パパブッシュが、いつか息子は偉大な大統領になる、と伝えました。

(1:24辺り)このヒルベリー・キャンプの標識にはヤギの角のある悪魔の姿が刻まれています。これは悪魔の生贄儀式を行うイルミナティ・メンバーの象徴です。
日本や世界や宇宙の動向 : ボヘミアン・グローブにはミイラが展示されています。

(1:24辺り)このヒルベリー・キャンプの標識にはヤギの角のある悪魔の姿が刻まれています。これは悪魔の生贄儀式を行うイルミナティ・メンバーの象徴です。

(1:47辺り)この写真は1967年にボヘミアン・グローブで撮られたものです。
ここにはロナルド・レーガンやリチャード・ニクソンがいます。

彼らは今後の政治的キャリアを話しあっています。

その後、両者は共に(イルミナティのパペットである)大統領に就任しました。

グローブの敷地内に巨大な木製の像があるのを知る人は殆どいないでしょう。

これはネイパマック?のセント・ジョンズ像です。
この像は、口に指をくわえています。
これは静かにするように(シーッと言う)という意味です。
つまり、ボヘミアン・グローブでは秘密を厳守するというシンボルです。

(2:42~)ここではこのような生贄儀式も行われています。

(2:49~)これは1914年に撮られた生贄儀式の写真です。

これは、巨大な悪魔像の前で炎を燃やしながら生贄儀式が行われている写真です。

(3:30~)ここに横たわっている黒人少年は儀式中に炎の中に投入され焼かれてしまいます。
日本や世界や宇宙の動向 : ボヘミアン・グローブにはミイラが展示されています。

http://www.youtube.com/watch?v=FVtEvplXMLs
https://matome.naver.jp/odai/2148169797001599301
2020年05月06日