「決勝はどうなった?」大惨事の記憶をなくしたシャペコエンセDF

nyokike
南米のサッカー選手19人を含む死者71人を出したシャペコエンセの飛行機墜落事故。Jリーグ経験者が全員死亡するなど世界中に衝撃が広がりましたが、助かったディフェンダーのネトが医師に問いかけた内容が問題だった。

▼南米サッカークラブの選手が乗っていたチャーター機がコロンビアで墜落した事件で新たな展開

コロンビア墜落事故

ブラジル1部リーグのクラブであるシャペコエンセを乗せた飛行機は、コロンビアで開催が予定されていたコパ・スダメリカーナ決勝1stレグの試合へ向かっていたが、コロンビアのメデジン近郊で墜落。選手19名を含む71名が命を落とす大惨事となった。
墜落生存者のDFネトが昏睡から覚醒。「決勝はどうなった?」と質問 (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

だが6名が奇跡的に救助されており、31歳のDFネトも一命をとりとめた選手の一人となった。
墜落生存者のDFネトが昏睡から覚醒。「決勝はどうなった?」と質問 (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

事故直後は、医師から現役復帰も可能と言われていたネットだが、肺感染症にかかっていると報道があった。現在も集中治療室に入っているものの、自発的な呼吸は可能で、会話もできるとのこと。
深刻な状態が続くシャペコエンセのDFネット 墜落事故の記憶を喪失 – ライブドアニュース

・目覚めたネト、しかし事故のことは何も覚えていなかった

シャペコエンセのエリオ・ネト

医師が人工呼吸器を外し、話せるようになると「決勝の結果は?なんでこんなに自分は怪我をしているの?」と尋ねており、同選手は事故については何も覚えていないようだ。
墜落事故 生存者が記憶喪失に | リーガエスパニョーラを現地から!スペインサッカー専門サイトSPORT.es/スポルト

シャペコエンセのドクターであるカルロス・メンドーサは、「彼は起きたことについてまだ何も知らない。精神的状態を考慮し、まだ事故について伝えないようにという勧告があった。」と説明している。
墜落事故 生存者が記憶喪失に | リーガエスパニョーラを現地から!スペインサッカー専門サイトSPORT.es/スポルト

事故の事実をネトに伝える上では、慎重な対応が取られることになる。「回復に悪影響を及ぼしかねない感情的ショックを避けるため、言わない方が良いと心理学者から勧められている。心理学者からのより詳しい見解を待ちたい」とシャペコエンセのクラブドクターはコメントしている。
墜落生存者のDFネトが昏睡から覚醒。「決勝はどうなった?」と質問 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

▼コパ・スダメリカーナの優勝を贈られていたシャペコエンセ

CONMEBOL(南米サッカー連盟)が、先の旅客機墜落事故によって多数の主力選手を失ったブラジル南部のシャペコエンセを、2016年のコパ・スダメリカーナ王者とすることを決定した。アルゼンチンのポータルサイト『Cronica』が4日に伝えた。
シャペコエンセの優勝が決定…クラブ暫定会長「南米連盟から宣言を受けた」 | サッカーキング

凄惨な事故を受けて、決勝での対戦相手であったコロンビアのアトレティコ・ナシオナルは、2016年大会の決勝戦を辞退してシャペコエンセにタイトルを譲るよう、早くからCONMEBOLに申請していた。今回の決定は、前述の申請も少なからず影響したとみられる。
シャペコエンセの優勝が決定…クラブ暫定会長「南米連盟から宣言を受けた」 | サッカーキング

▼シャペコエンセの墜落事故、運営会社トップらが逮捕、空港担当者は逃亡

この事故の原因は、使用していた飛行機BAe 146/RJ85が燃料不足によって操縦不能に陥ったことであると考えられている。
シャペコエンセの墜落事故で運営会社トップらが逮捕、空港担当者は逃亡

パイロットであったミゲル・アレハンドロ・ミゲル・ムラカミ氏は、軍の訓練を突如離れたことから他の3名とともに逮捕状が発行されており、裁判に直面していたことが明らかになっている。
シャペコエンセの墜落事故 飛行計画を精査した空港担当者が逃亡 – ライブドアニュース

そして今回ボリビア当局はラミア社の本部を家宅捜索するとともに、ジェネラルマネージャーであるグスタボ・バルガス氏、秘書、技術者など数名を逮捕したという。
シャペコエンセの墜落事故で運営会社トップらが逮捕、空港担当者は逃亡

ビルビル空港でラミア社の飛行計画を精査した管理サービスの担当者セリア・カステド・モナステリオは、現在ブラジルに渡って亡命を求めており、刑事訴追を逃れようとしているとのことだ。
シャペコエンセの墜落事故 飛行計画を精査した空港担当者が逃亡 – ライブドアニュース

▼ネイマールが事故死したケンペスの息子に激励のメッセージを送っていた

バルセロナ所属のブラジル代表FWネイマール

ケンペスには、7歳の息子ジョアン・ガブリエウくんと2歳の娘ジュリアちゃんの2人の子供がいた。突然の事故で父親を亡くしてショックを受けているであろうジョアン・ガブリエウくんのもとに、母国ブラジルのスター選手であるネイマールからのビデオメッセージが届けられた。
ネイマールが墜落事故で死去したケンペスの息子を激励 「幸せに過ごして」 – ライブドアニュース

元J2得点王のケンペスの息子でサッカー選手を目指しているというジョアン・ガブリエウくんにアドバイスも送っている。

「いつも応援してくれてありがとう。君がすごくつらい時間を過ごしているのは知っているけど、君の人生の幸運をここから祈っている。パパは君が幸せでい続けてほしいと願っているはずだ。友だちと遊んで、サッカーをして、人生で自分のなりたいような人間になってほしいとね」とネイマールは話している。
ネイマールがケンペス息子に激励のメッセージ「パパは空から見守っている」 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

ケンペスの妻ヴァネッサさんはインスタグラムでネイマールからのメッセージに答え、感謝の言葉を述べている。「残念ながら夢は絶たれてしまったけど、ジョアンをバルセロナに連れて行って試合を観ることがケンペスの夢だった」とも記した。
ネイマールが墜落事故で死去したケンペスの息子を激励 「幸せに過ごして」 – ライブドアニュース

▼世界中に広がる追悼…心ないサポーターの行動が問題視される場面も

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節での出来事

試合前には、先日コロンビアで起きた飛行機墜落事故の犠牲となったシャペコエンセの選手たちや関係者への追悼の意を表すため黙とうが捧げられた。
ローマサポーター、飛行機事故への黙とう中に心無い行為。「国際的な恥」と非難 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

だが、ルーマニアまで駆けつけていた数百人のローマサポーターからは、その黙とう中に宿敵ラツィオへの敵意を込めたコールの声が上がった。
ローマサポーター、飛行機事故への黙とう中に心無い行為。「国際的な恥」と非難 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

ホームのルーマニアファンはこの行為にブーイングで応え、スタジアム内は騒然とした雰囲気に。一人のホームサポーターはピッチ内に降りてローマ側のゴール裏に近づき、フラッグを奪ったことで警備員に拘束された。観客席ではローマサポーターと警備隊との衝突も発生している。
墜落事故への黙祷中 ローマサポーターが心無い行為 – ライブドアニュース

https://matome.naver.jp/odai/2148130055554096601
2016年12月13日