おみくじ引いたけども、その意味理解してる?

経験に学んだ愚者

おみくじ引いたけど・・・意味がわかりません!!!


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087349903

神社などへ参拝したときに、
お守りやお札を購入する方が多いようですが、「おみくじ」を引く方も多いですよね!!

でも、おみくじを引いてふと疑問に思うこと・・・
「吉」「半吉」ってどっちがいいの?etc

そこで、今回はおみくじの順番や意味をまとめてみました!!

<<そもそもおみくじとは?>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087349803

そもそもおみくじとは、神仏からの参拝者へのメッセージです。

おみくじは今の状態を占ったものではなくて、これから物事についての事です。

ですので、
おみくじの吉凶や内容には現在から今後の心のあり方や行動のヒントが書かれています。

<<おみくじの順番とは?>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087349603

おみくじは、神社などにより7段階や12段階など吉凶の違いがあります。

明治神宮のように吉凶がないおみくじもありますし、伏見稲荷神社のように17段階も種類があるところもあります!!

●代表的なのは、

大吉 >中吉 >小吉 >吉 >末吉 >凶 >大凶

●もっと細分化すると、

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

<<おみくじの運勢とは?>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087349503

おみくじには運勢の欄がありますね。

この部分は、神社や仏閣によって様々なようです。

神社のおみくじには和歌が添えられていることが多く、
お寺の場合は、漢詩が添えられていることが多いといいます。
願望、転居、失物などと細分化して書かれているタイプもあります。

【願望・健康・体調・仕事・恋愛・縁談・交渉・待ち人・金運・商売・相場・出産・学問・学業・受験・技芸・転居・旅行・争い事 etc】

(少しだけ運勢の紹介!!)

■「相場」:相場は文字通り、株式相場を指します。
株はやっていないという方には、関係のない項目です。

■「求人」:求人は今も昔も同じ。人材募集です。
ハローワークも求人雑誌もない時代は、人を雇うのは、雇用主と就職希望者が直接会って、面接で決めるのが一般的。雇おうと予定している人が、その人でいいのか、いい人が来てくれるか、この問いかけに対しての回答です。ズバリ「人雇」(ひとやとい)と、書かれている場合もあります。

■「待ち人」:待ち人の意味は、あなた自身が待っている人。その人が、来てくれるかどうかの、運勢を教えてくれる項目です。待ち人は、恋人とは限りません。通信手段も交通手段も発達していない時代であれば、人が来てくれるか来てくれないか、神様に聞いてみたくなりますね。
待ち人の、もう一つの解釈は、赤ちゃんの場合があるようです。妊娠を望む人がこの待ち人の  運勢に注目しています。

<<おみくじの効果ってどのくらい?>>

大体おみくじを引いた神社に来て次に引くまでがそこの神社のおみくじの期間になります。近所の氏神様で年に一回引いて居るのならその年の指針となります。月に一回引いて居るのならば引いた時からの一ヶ月後の月のお参り迄になります。

大体、年明け早々に引いたおみくじは今年何をして、どのように過ごさなければいけないのかを訴えている場合があるので年明け早々のおみくじを見て一年間の気を引き締めをしてみて下さい。

<<おみくじで「凶」を引いてしまったら?>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087350103

おみくじは吉凶を判断するのが目的ではありません。

おみくじの読み方で大切なのは、吉凶ではなくて、和歌と書かれている内容です。
おみくじを開いたら、まずは和歌を読んで内容を理解しましょう。

あくまでも、大切なのは、書かれている内容で、吉凶は、大吉が出たら良い事ありそう!

凶が出たから、気を付けようぐらいに、受け取れば良いと思います。

逆に、凶が出たおかげで、油断しないで、今まで以上に気を引き締めて行動すれば、
成功する確率が上がります。

油断して失敗するよりも、凶だと知って、行動を変えれて成功するチャンスですよ。

(2回ひくのはありなのか?)


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087349703

初詣でおみくじを引いたらまさかの凶! おみくじをもう1回引くのはアリ?それともナシ?

おみくじは神様の声と言われています。本来はおみくじは1回だけ引くものです。もしそれが不本意な結果であっても、神様からのアドバイスに、耳を傾け自分の行動を振り返り改めることが、肝心なのです。

それでもおみくじの結果にどうしても納得がいかない場合は、もう1回おみくじを引いても構いません。

ただし日を改めて! 1日に何度もおみくじを引くのは、良くありません。不安な気持ちから、すぐに引き直したくなりますが、2回目を引く場合は、日を改めて参拝した後にしましょう。

おみくじに書いてあるアドバイスを、参考に日々の行動をよく振り返り、謙虚な気持ちで参拝すれば、おみくじの結果も変わってくるでしょう。

真摯な姿勢で、受け止める気持ちを忘れずに♪

<<引いたおみくじは?>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087350003

おみくじを引いたら木に結ばないといけないと思ってませんか?

本来はおみくじに書かれている内容を教訓として、
財布などに入れて持ち歩き何度も読み返すのが良いようです。

おみくじは神様からの励ましの言葉でもありますので、
身に付けて何かあった時に読むのも良い使い方です。

例え凶を引いても自分を戒める意味で持ち歩く人もいます。

どうしても、凶が気になる人は、寺社にある木に結んでください。

木に結ぶ習慣は、木の生命力によって、結んだ願いが叶うと言われています。

ちなみに、凶のおみくじを木に結ぶときは、利き手ではない方の手だけで結ぶと良いといわれてます。片手だけで結ぶことで、困難な行いを達成するにつながり、凶が吉になると言われています。

意外なことに、おみくじを結ぶのは、引いた寺社でなくても良いそうです。

<<最後に>>


https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601/2148134995087350203

要は自分の都合よく解釈して、プラスに考えるのが、おみくじです。

そして、おみくじは結果を表しているものではなくて、これから行動や考え方を教えてくれているものです。

吉凶に影響されずに書かれている内容を、これから指針として生活を楽しみましょう。

悩んだときは、神様のメッセージや励ましを聞きに、おみくじを引きに行きましょう!

https://matome.naver.jp/odai/2148121124390718601
2016年12月10日