2016年 この人の真似した!ファッションアイコンベスト5

mreise
この人のファッション好きだったなあと思うファッションアイコンをまとめました!

5位 ぺこ

見ているだけでハッピーになるコーディネート

日々更新するInstagramやTwitterでは私服コーディネートを公開。ただ写真やブランドを紹介するだけでなく、それぞれのコーディネートに対して具体的かつ凝った“テーマ”を設けている点に彼女のこだわりが表れている。
ぺこの具体的すぎる“私服テーマ”に見る、豊富なインプットと自己プロデュース力の高さ – モデルプレス

コーディネートにテーマがあるからぺこちゃんのインスタは楽しい!
チア部のハイスクールガールだったりかなり凝ったテーマのコーディネートをしていて、服を選ぶ考え方に影響を与えますね!
りゅうちぇるとセットのコーディネートも可愛い!
本当に見るだけで楽しめるファッションなんです!テレビでは異質だけれど、ファッションの世界ではお人形カップル!

4位 小松菜奈

アンニュイな表情とスタイルの良さで引き立つ!真似したくなる着こなし!
個性的なアイテムをちらりと見せるコーディネートがかっこいい!
個性的なアイテムが悪目立ちしないスッキリとしたまとめ方でそれも素敵!

「あと本当はその日の朝の気分で着ていく服を決めるのがカッコイイなって思うんですけど、私は前日に決めないとダメなタイプ。ゆっくり寝たいっていうのもありますし、焦って決めてしまうのが本当に嫌なんです。家を出た後にちょっとでも靴が『あ、嫌だ』ってなると、撮影終わったら一回家に帰って靴を履き替えてから出かけたり…本当にめんどくさいタイプ(笑)。一つでも気に入らないと、すぐに変えたくなっちゃう。でも誰かに見られているから、というよりは自分自身のこだわりの部分が強い。ということで前日にしっかり着ていく服を決めます!毎日ファッションショーをしている気分です(笑)」。
“モデル”小松菜奈にフィーチャー 目標&ファッションのこだわりを語る – モデルプレス

こだわりが強いから毎日のファッションも事前に準備している!

パステルでも強めな色でもどんな組み合わせも似合ってしまう!
色合いのセンスが抜群です!

3位 島崎遥香

フォトブックまで出したぱるるは女の子ウケのセンスがスゴイ!

「周りからかわいいってコメントが多くて感激です♪ (ファンの方には)可愛いとか、宝物にするとかって言ってくれました。女性だけでなく、好きな女の子に着てほしい服があれば彼女にプレゼントしてほしいてす」
【AKB48・島崎遥香】ぱるる『ParU』女子限定イベントに感激!  | スペシャルコンテンツ記事web!ar

ぱるるはヘアメイクが真似したくなる!
女の子のスキ!が詰まった愛らしいメイクやヘアースタイルが魅力なんです!
卒業シングル「ハイテンション」の衣装とメイクは超バブリー
ぱるる効果でバブルファッションの人気も加速?

2位 石原さとみ

校閲ガールのファッションが可愛すぎ!
時代に流されないオシャレ感がある!

「ファッションに関しては、今ちょうどスタイリストさんと打ち合わせしているところなんです。個人的には、流行や旬のものだけを取り入れるだけではなく、10年後に見ても古さを感じさせない作品にしたい。今のトレンドも意識しつつ、アンティークなものを取り入れてみたり、洋服だけでなく、小物使いでカラフルにしたりとバリエーションをつける方向で考えています。例えば、服はセットアップだけれど、靴下とヒール、バッグとスカーフ、イヤリングなどのアクセサリーで遊んでみるとか、細かく話し合っています」
石原さとみさんインタビュー|無料のファッション雑誌 TOPLOG

校閲ガールではスタイリストさんと積極的に打ち合わせ!

メイクのこだわりもスゴイ!
ドラマや映画のメイクはセルフらしい

スタイリング、そして髪型にも意見が反映されているといい、メイクは自分自身で行っていたことを明かし、出演者を驚かせた。
石原さとみ、15年前は“石原サトイモ”? – モデルプレス

つまり、セルフプロデュース力がズバ抜けている!
このくらい自分に似合うものが分かる人になりたいなあと思いますね!

1位 二階堂ふみ

大人っぽいコーディネートがかっこいい!

こういう上質なものに袖を通すと、身が引き締まるだけでなく新しい世界に連れて行ってもらたような気分になります
二階堂ふみGUCCIを着た感想を語る | girlswalker.com | ガールズウォーカー

少年っぽいコーディネートにもどこか色気がある
大きめのメンズものも着こなしながらどことないセクシーさもある組み合わせ方は参考にしたい!

同誌のカバー初登場となった二階堂は、ファッションのテーマを「“二階堂ふみの弟”です(笑)」と紹介。普段からメンズブランドの服が好きと明かし、買い方のアドバイスや「お父さんのものを借りる」といった独自のテクニックを公開した。

インタビューでも、「大好き」というファッションについて、「どんな服を着る時でも、どこかに女性らしさを入れる」というこだわりや、「ファッションって似合う・似合わないじゃなくて、着て楽しいものだと思うんです」というポリシーを語っている。
二階堂ふみ、ファッションのこだわりは「着て楽しいもの」 『mini』初カバー飾る | ORICON STYLE

UNIQLOの秋冬広告塔にもなった今年
振り幅の広いファッションが本当に魅力的でした!
https://matome.naver.jp/odai/2148118004960602901
2016年12月08日