『攻撃魔術の使えない魔術師』の絹野帽子が作ったゲームで遊ぼう!

fryd
『攻撃魔術の使えない魔術師(通称:コマツな)』の著者が作ったブラウザゲームで遊んでみませんか?とおすすめしていたこともありましたが、閉鎖してしまいましたとさ。このまとめは記念碑的な感じで残しておきます。

この小説はたくさんの人に支持されて、林檎プロモーションのフェザー文庫から出版されました。
しかし、出版社との交渉がうまくいかず、2巻以降の出版は取りやめになって作品自体も凍結となってしました。

『攻撃魔術の使えない魔術師』の書籍化と連載についての報告

実はこの作品が作られる前から、そして凍結された後も作者はブラウザゲームのサイトを運営していました。

そのブラウザゲームがこちら

(※現在は閉鎖済み)

攻撃魔術の使えない魔術師の世界観のベースとなっているそう。

よく『コマツな』で世界観の細かさを褒められることがありますが、それは元々この『パッフェルベルの鐘』というゲームを下敷きにしているからです。
つまり、長い時間をかけて作った『パッフェルベルの鐘』の世界観があってこその『コマツな』です。

どんなゲーム?

シナリオが無く、行動力制のレシピが完全に自由な錬金術師ゲームです。
錬金術師のゲームというと『アトリエシリーズ』がありますが、少し似ているかもしれません。
ただし、レシピが完全に自由なので『数値』が重要なゲームです。

『パッフェルベルの鐘』の11年の歴史をまとめたものがこちらです。
閉鎖してしまったのでもう遊ぶことはできませんが、これを読むことで気分を味わうことはできるかも?

ゲーム内の数値や設定などはここで見られます。

『パッフェルベルの鐘』の遺伝子を受け継いだゲームが作られました。

https://matome.naver.jp/odai/2148060872851458901
2019年10月13日