ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアを100%楽しむ資料庫!

discovering

冒険の舞台となるホウエン地方は、横長の大きな本島と、その周辺に点在するいくつかの小島で構成されている。
緑あふれる本島の中心には、もくもくと煙を吹き上げる活火山、そして青々と広がる海に浮かぶ島の数々。大自然に恵まれたこのホウエン地方では、さまざまなポケモンとさまざまな人々が、ともに認め助け合い、ともに暮らしているぞ!

ホウエン地方に伝わる伝承

本作のパッケージを飾るポケモンたち、それは「ゲンシカイキ」により、現代において本来の姿とあるべき強大な力を取り戻した「ゲンシグラードン」・「ゲンシカイオーガ」だったのだ。

オメガルビーではマグマ団と、アルファサファイアではアクア団と対峙していくことになるので、どちらのソフトを買うか迷う場合は、マグマ団がいいのか、アクア団がいいのかで決めてもいいかもしれません。
マグマ団 VS アクア団の対峙イラストが公開

オダマキ博士

主人公の父親・センリとは、学生時代からの親友。ポケモンに夢中で、家を留守にしがち。
主人公は、野生のポケモンに襲われていたオダマキ博士を助けたことがきっかけで、パートナーのポケモンと出会い、絆が生まれる。

ミツル

トウカシティに住む病弱で気弱な少年。療養のため叔父夫婦、及びいとこのミチルの住むシダケタウンに移り住むことになった際、一緒に暮らすポケモンが欲しいと主人公の父親であるセンリに頼み込み、主人公の手も借りて初めてのポケモンであるラルトスの捕獲に成功する。

その後、ポケモンと一緒に戦うことに楽しみを見出した彼は、ポケモントレーナーとして強くなるために旅に出ることを決意。ストーリー最終盤、チャンピオンロードの出口付近にて、病気も克服し心身ともに見違えるように成長した状態で主人公を待ち受ける。

本作の本来のライバルであるユウキ・ハルカはストーリー中盤で途中退場してしまうため、本作の真のライバルと言っても過言ではない。最大まで強化された彼は、チャンピオンにも匹敵する実力となる。
ストーリーもリメイク前より充実したものとなっている。特にチャンピオンロードでの演出は必見。また、クリア後の強化パーティになると飛躍的に面子が強化され、強化チャンピオンにも匹敵する強さになる。その強さは「ORAS最強のトレーナー」「歴代最強クラス」と言われるほど。
ミツル(ポケモン)とは (ミツルとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

ハギ老人

以前は凄腕の船乗りとして知られていたが、現在では引退。104ばんどうろの家で暮らしている。ピーコちゃんというキャモメを飼っている。116ばんどうろで散歩中、マグマだんのしたっぱに襲われ、一度ピーコちゃんを奪われた。それを、主人公が助けたことに感謝し、ムロタウンとカイナシティに船で連れて行ってくれるようになる。殿堂入り後は、タイドリップごうの名誉船長となる。
オメガルビー・アルファサファイアでは、年齢は72歳と判明している。タイムトリップ号に初めて乗船した際に、廊下で古い友人であるゲンジと話している。互いに「ハギちゃん」「ゲンちゃん」と呼んでいることからとても親しい仲であることがわかる。
ポケットモンスター ルビー・サファイアの登場人物 – Wikipedia

ツワブキ

ダイゴの父親。 ルビー・サファイア・エメラルドで、デボンのにもつを取り返してくれた主人公にポケナビをあげる。その後、主人公にカイナシティのクスノキぞうせんじょまで届け、さらにダイゴへのてがみをムロタウンにいるダイゴに届けて欲しいと頼む。配達後、がくしゅうそうちをくれる。ポケナビのエントリーコールにも登録されている。ダイゴ同様、石好きである。
オメガルビー・アルファサファイアでは、フルネームはツワブキ・ムクゲで、年齢は52歳と判明している。
ツワブキ – ポケモンWiki

カラクリ大王

110番道路にある「カラクリやしき」のオーナー。家のどこかに隠れて挑戦者を待ち構えている。
本名正体ともに不明で、自らを「ホウエン地方最大の謎多き人物」と言うほど。毎回徹夜をして一人でカラクリを作っているらしい。かなりの自信家で、カラクリやしき突破に必要な合言葉として、自分を褒め称えるような言葉を使っている。全てクリアするとその後自分を極めるため旅に出る。

ハンサム

『プラチナ』から登場している国際警察の刑事。本作では経緯は不明だが海を漂流していたショックで記憶を失い、バトルリゾートの砂浜に打ち上げられていたところを主人公に発見される。その後バトルリゾートの民家で話しかけるとタブンネナイトをくれる。
ポケットモンスター ルビー・サファイアの登場人物 – Wikipedia

ツツジ

お団子のような髪型にタイツが特徴の女性。カナズミシティのトレーナーズスクールの先生(『オメガルビー・アルファサファイア』では生徒)でありながら、実力を買われてジムリーダーを任されている。彼女自身もかつてトレーナーズスクールの生徒で、優等生だった。
論理的な思考の持ち主で、礼儀正しいお嬢様のような話し方をする。同じくジムリーダーのトウキとは友好があるようで、チャンピオンのダイゴとは「石友」らしい。
『オメガルビー・アルファサファイア』では化石好きであることが判明し、化石マニアの家でバッジを譲ってでも化石をねだるという様子が見られる。

トウキ

逆立った水色の髪が特徴の男性。カントー地方出身で、カントーリーグ四天王のシバとは共に修行をした仲。趣味はサーフィンで、ムロの人々にとって憧れの存在である。サッパリとした穏やかな性格で、物事を海の波に例えることがある。暗い「いしのどうくつ」で日々修行をしている様子。

テッセン

繋ぎの服を着た初老の太った男性。「健康の秘訣はとにかく笑う事」と言っているだけに、笑い方が豪快。いろんな人が集まる町で生まれ育ったので、社交的な性格で人と話しているだけで、嬉しくなってしまうらしい。ジムの仕掛けを考えることが趣味。

アスナ

主人公に対しても初対面の際は威厳のある人物を装っていた。実際の彼女は素直で礼儀正しい性格であり、勝利後は本来の性格で接している。
同じくジムリーダーのナギとは親しい間柄のようで、彼女のことを「ナギちゃん」と呼んでいる。一日の疲れをとるために町の温泉に入っているらしい。
『オメガルビー・アルファサファイア』では前結びシャツに赤いチューブトップのブラを着けた格好になっている。

https://matome.naver.jp/odai/2148056712114098201
2016年12月02日