【Fate】聖杯戦争で引けたら当たりな優良サーヴァント・ベスト10

泪橋

FGOや、まだ未完結のものを除いたシリーズから性格、実力、スキル、魔力消費等も考慮しランキングを作ってみました。


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413445424546203

*紹介に真名など含まれていたり、あくまで一ファンの筆者が作ったランキングなので異論はあると思いますが、ぜひ読んでください。

紹介で選んでる画像は実際の作中画像でなかったりしますが、あくまで筆者が格好良いと思った画像で構成してます。

10位 ランチャー(Fate/EXTRA CCC)

真名:カルナ

身長:178cm / 体重:65kg
出典:マハーバーラタ
地域:インド
属性:秩序・善
性別:男性
イメージカラー:暗中に輝く鋭利なる黄金
特技:ポジティブシンキング
好きな物:友情・努力・和解 / 嫌いな物:コミュ力という言葉
天敵:異父兄弟の三男

痩身で金の鎧をまとうサーヴァント。言動は率直で嘘偽りがないが故に、冷酷に真実をついていることが多い。本来のクラスは「ランサー」だが、ビームに等しいスキルを持つため、マスターの意向により「ランチャー」を名乗っている。ばれる事は稀であり、これもマスターの意向により当初から真名で呼ばれている。それ故にクラスの方が謎だった。
鎧は一身上の都合で喪失している為、性能は大幅に弱体化している。なお、幸運のステータスは自己申告。
真名はカルナ。インド神話の大英雄であり、太陽神スーリヤの息子。後にスーリヤと一体化することから最高クラスの神性を持ち、自分より神性の低い太陽神系の英霊に対し非常に高い防御力を発揮する。宝具は「日輪よ、死に随え(ヴァサディ・シャクティ)」。神々の王インドラに与えられた雷槍。因みにこの槍は使用された伝承がないため該当する宝具の原典が不明で、ギルガメッシュの宝物庫にない(見つからない)宝具でもある。
Fate/EXTRA – Wikipedia

能力

最上級の英霊とされ、最強クラスのサーヴァントであるギルガメッシュやガウェインと同格、あるいはそれ以上ではないかとまで目される程の存在感とそれに違わぬ強大な力を持つ。
『GrandOrder』のマテリアルでは「このサーヴァントと契約して勝利できないマスターがいるとしたら、それは戦いに向かない、トップランクに困った性質の人間だろう」とさえ言及されているほどのバケモノでも有る。
もっとも、その分魔力消費は非常に多く、特に『CCC』ではマスターの力不足から十全に発揮できていない。

基本は「魔力放出(炎)」で炎を付加した槍を主体としている。
ただし、『CCC』では魔力不足からか拳による殴打を主体とし、槍を一瞬だけ実体化させて闘う。
カルナ(Fate) (かるな)とは【ピクシブ百科事典】

9位 ライダー(Fate/EXTRA)

真名:フランシス・ドレイク


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413463624671103

身長:162cm / 体重:55kg
地域:イギリス
属性:混沌・悪
性別:女性
イメージカラー:えんじ色
特技:押し売り、金勘定
好きなもの:酒、大盤振る舞い / 嫌いなもの:正義漢、計画性、音痴
天敵:エリザベート、主人公

顔に走った傷跡が特徴的で、通常のクラシックな二丁拳銃のほか戦艦の砲撃という非常に大掛かりな戦闘スタイルを持つサーヴァント。性別は女性。性格はその戦闘スタイル同様豪快そのもの。
真名はフランシス・ドレイク。史実では男性。航海時代の英雄であり、太陽の沈まぬ国と言われたスペインの無敵艦隊を破ったことで、悪魔(エル・ドラゴ)の異名を持つ。初めて生きて世界一周を成し遂げた大海賊でもあった彼女は、とにかく徹底した享楽主義であり、派手好き。使い切るために略奪し、使い切ってはまた略奪を繰り返した。花火のように消え去る財を好むので、永遠に使い切れぬ財を象徴する英雄王とは相容れない。宝具は「黄金鹿と嵐の夜(ゴールデンワイルドハント)」。スペインの無敵艦隊を破った「火船」の逸話と、ヨーロッパ全域で伝承される「嵐の夜(ワイルドハント)」の逸話がミックスされた宝具で、かつて彼女が率いた「黄金の鹿号(ゴールデンハインド)」を中心に、無数の小船を展開して圧倒的火力で敵を殲滅する。
Fate/EXTRA – Wikipedia

能力

ステータスとしては幸運が突出しており、脅威の幸運EXを持つ。更にあらゆる不可能を不可能のまま可能に変えてしまうEXランクスキル『星の開拓者』を持ち、格上の相手と戦うときにこそその真価を発揮するサーヴァントといえる。
ライダー(Fate/EXTRA) (らいだー)とは【ピクシブ百科事典】

8位 アサシン (Fate/Zero)

真名:ハサン・サッバーハ(百の貌のハサン)


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413467124697303

身長:– / 体重:–(群体である為固定値なし)
スリーサイズ:B–/W–/H–(群体である為固定値なし)
地域:中東
属性:秩序・悪
性別:両方
イメージカラー:多種多様
特技:多種多様
好きなもの:噂話、ディスカッション / 苦手なもの:仲間はずれ
天敵:ギルガメッシュ

歴代のハサンのうち、多重人格障害であった「百の貌のハサン」。複数の人格を持った魂は死後肉体から離れることで人格ごとに分割され、現界の際には必要に応じて精神を分割し個別の身体を得るという宝具「妄想幻像(ザバーニーヤ)」を持つ。聖杯に託す願いは人格の統合。
遠坂に内通する綺礼の策略で、ザイードを捨て駒に最初の脱落者を装いながら陰で諜謀活動に徹する。聖杯問答の後、令呪による指示を受けすべての個体を率いてセイバーとライダーを討つため登場するもライダーの「王の軍勢」によって消滅した。
クラスの関係から能力自体はさほど優れてはいないものの、宝具自体はセイバーやライダーのような派手さはないが非常に強力であり、切嗣のような諜報戦を重視するマスターと組んでいれば勝者となり得たサーヴァントという評価を後に公式で得ている。
Fate/Zero – Wikipedia

保有スキル

気配遮断(A+)自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
アサシン(Fate/Zero) (あさしん)とは【ピクシブ百科事典】

7位 アーチャー・ 緑(Fate/EXTRA)

真名:ロビンフッド


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413470124766003

性別:男性
身長:175cm / 体重65kg
属性:中立・善
地域:イギリス、シャーウッド
イメージカラー:草色
特技:農耕、調理
好きな物:ナンパ
苦手な物:騎士道、建前、いじけた女
天敵:キャス狐

真名はロビンフッド。ただこのロビンフッドという真名は彼の英雄としての名であり本名ではない。様々な伝承に複数登場するロビンフッドのうちの一人である彼は、もとは無名の青年であり、一生涯その素顔を隠して戦った森の人である。生前は1人で軍隊を相手にする必要があったため、徹底的な奇襲、奇策で戦い抜いた。そのため、それらを封じられれば、「自分にはハンサムな顔しか残らない」と話している。そして、それが効くのは町娘だけだとも話している。宝具は彼が拠点とした森でイチイの木から作成した弓、「祈りの弓(イー・バウ)」。標的が持つ不浄を瞬間的に増幅させる力を持つ。またそれ以外にも毒矢を用いたり、アリーナ全域を覆う毒の結界や、身を隠すマント「顔のない王(ノーフェイス・メイキング)」などを使う。
Fate/EXTRA – Wikipedia

顔のない王

ランク:不明
種別:不明
レンジ:不明
最大補足:不明

緑衣のアーチャーの宝具の一つで、彼が身に纏うマント。
装備者を隠蔽する能力を持っており、透明化・消音・気配遮断等により高いステルス性を発揮する。
この宝具を用いて潜伏し、そこから奇襲を仕掛けるのが彼の得意技であり、各作品で大活躍している。

ゲーム上でもスキルとして使用しており、その効果は【自身の通常攻撃を三手先まで、三すくみに関係なく全て命中させることができる】というもの。
三手連続で攻撃が決まればエクストラアタックでさらに追加攻撃を受けるため、そのまま敗北してしまうことも珍しくはない。
その強力さからアーチャー真の宝具との呼び声も高いため、スキル攻撃を交えてエクストラアタックを妨害する事を意識したい。
顔のない王 (のーふぇいすめいきんぐ)とは【ピクシブ百科事典】

6位 セイバー(Fate/stay night)

真名:アルトリア・ペンドラゴン


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413474925023403

身長:154cm / 体重:42kg
地域:イギリス
スリーサイズ:B73/W53/H76
属性:秩序・善
性別:女性
イメージカラー:青
特技:器械運動、密かに賭け事全般に強い
好きな物:きめ細かい食事、ぬいぐるみ / 苦手な物:大雑把な食事、装飾過多
天敵:ギルガメッシュ、いたずら好きの老人

世界的に有名なイングランドの伝説的英雄アーサー王である。作品中の設定では、選定の剣を岩から引き抜いた「アルトリア」という少女が性別を男と偽って「アーサー」を名乗り、王になったとされる。
実は彼女は他の英霊たちと違ってまだ死んでおらず、死の寸前で「聖杯を手にすること」を求めて世界と契約し、生きている状態のまま様々な時空間に呼び出されている。
使用者を妖精郷に隔離することであらゆる物理干渉や魔術干渉、さらには魔法や平行世界・多次元からの干渉すらも遮断し、傷や病に老化をも癒す、ランクEXの結界宝具「全て遠き理想郷」も手元からは失われている。しかし、サーヴァントとしての彼女は、風を纏わせることで光の屈折率を変化させ武器を不可視にすることで間合いを測らせない第2の鞘「風王結界」、使用者の魔力を“光”に変換し究極の斬撃として放つ星の鍛えた聖剣「約束された勝利の剣」の2つの宝具を持つ。また、前述の「全て遠き理想郷」も、士郎の体内に埋め込まれる形で第五次聖杯戦争に存在しているため、ルートによっては返還され、第3の宝具となる。
Fate/stay night – Wikipedia

宝具「全て遠き理想郷(アヴァロン)」

ランク:EX
種別:結界宝具
防御対象:1人

セイバーの魔力に呼応し、持ち主に不老不死と無限の治癒能力をもたらす、宝具「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」の鞘。
宝具として真名開放すれば、数百のパーツに分解して使用者の周囲に展開され、この世界では無い「妖精郷」に使用者を隔離してあらゆる攻撃・交信を遮断する、この世界最強の守りとなる。
(要するに、この持ち主の能力を消そうが、持ち主の設定に干渉しようが、何をしても、いかなる方法を使おうが無意味なのだ。どうやって倒せばいいんだよ・・・・)

過去にセイバーの手から奪われ行方不明となっていたが、アインツベルン家によってコーンウォールから発掘され、セイバー召喚のための触媒として利用された。その後、マスターである衛宮切嗣は彼女に返還せず無断借用していたのだが、実はわりと近い場所で使われていた。

「これを使われたら手に負えない」と公式認定された、魔法(型月における「チート」の意)級宝具である。
全て遠き理想郷 (あゔぁろん)とは【ピクシブ百科事典】

アヴァロンこと全て遠き理想郷があると無いではスペックが大幅にズレるので、この順位です。

5位 赤のライダー(Fate/Apocrypha)

真名:アキレウス


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413478825092603

身長:185cm / 体重:97kg
属性:秩序・中庸
性別:男性
イメージカラー:白緑
特技:英雄に必要なスキル全て
好きなもの:勝利と美女の微笑み / 苦手なもの:運命
天敵:ヘクトール、ペンテシレイア

オリンポスの神々からの祝福(呪い)によって、高位の神性を保有する者以外の攻撃を無効化する不死の能力を持つ。
数多くの宝具を所持しており、 三頭の馬が牽引する戦車の宝具「疾風怒濤の不死戦車(トロイアス・トラゴーイディア)」を所持しているが、それを使わずとも敏捷性を大幅に強化する宝具「彗星走法(ドロメウス・コメーテース)」が発動するため、他のサーヴァントと互角以上に渡り合う。また、同じく「疾風怒濤の不死戦車」から降りる事で使用できる槍の宝具、「宙駆ける星の穂先(ディトレコーン・アスケール・ロンケーイ)」は一騎討ちを目的とした空間を展開するという、固有結界に匹敵する大魔術を発動させ、弱点であるアキレス腱以外に不死属性を付加する宝具「勇者の不凋花(アンドレアス・アマラントス)」による加護と、作中では自身で使う事はなかったが、鍛冶の神ヘパイストスが鍛え上げた、赤のライダーが見てきた世界を具象化した結界宝具の盾、「蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)」は対城・対国・対神宝具すら防ぎ切る破格の防御力を誇る。
Fate/Apocrypha – Wikipedia

彼ほどのチートスペック持ちがなぜ、この順位かと言いますと恐らく魔力消費が凄まじいので、そこを考慮してこの順位になってます。

4位 アーチャー (Fate/stay night)

真名:エミヤ


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413482525128703

身長:187cm / 体重:78kg
地域:日本
属性:中立・中庸
性別:男性
イメージカラー:赤
特技:ガラクタいじり、家事全般
好きなもの:家事全般(本人は否定) / 苦手なもの:正義の味方
天敵:遠坂凛、間桐桜、イリヤ

キザな皮肉屋で現実主義者だが、根底の部分ではお人好し。弓兵のクラスでありながら、弓よりも2本1対の陰陽の夫婦剣「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)」による白兵戦を好む。ステータス自体は平均的な能力だが、それでも剣戟は音速を超える模様(『Realta Nua』より)。
弓兵として弓を取ることもあり、「偽・螺旋剣(カラドボルグII)[注 43]」などを扱う。さらには、ギリシャ神話のトロイア戦争にてアイアスが使用した盾で、投擲に対しては無敵とされる「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」なども使用する。
Fate/stay night – Wikipedia

今回の聖杯戦争において、未来の英霊である彼には知名度による恩恵がなく、特定の宝具も持たないため一番不利だが、鍛え上げた戦術と必勝の戦略、そして固有結界「無限の剣製(アンリミテッドブレードワークス)」を自在に操ることが彼を強者としている。複製した剣は宝具としてのランクが1つ落ちるが、魔術による剣の「強化」でカバーしたり、形状を変化させ「矢」として射放ったりと、アーチャーの技能でカバーが利く他、剣に宿った意思・経験・記憶を読み取ることで本来の担い手の技量までも再現し、「真名開放」も可能(もちろんオリジナルには一歩及ばない)。さらに代えが利く投影宝具の強みを利用し、宝具を敢えて破壊することでその魔力を爆発的に解放する、「壊れた幻想(ブロークン・ファンタズム)」を使用することもできる。これらの能力から、ギルガメッシュは彼を「贋作者(フェイカー)」と蔑む。
Fate/stay night – Wikipedia

3位 アサシン(Fate/EXTRA)

真名:李書文


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413486125182103

身長:166cm / 体重:60kg
属性:中立・悪
性別:男性
イメージカラー:橙
特技:とくになし
好きなもの:鍛錬、試合、家族 / 嫌いなもの:写真、タタリ
天敵:ヴラド三世

武芸者の姿をした男性のサーヴァント。基本的に義を通すが悪もまた良しする性格。体術のみでの透明化と気配遮断を有す、拳法の達人中の達人。
真名は李書文、字は同臣。八極拳の一派、李氏八極拳の創始者。本来ならランサーのクラスなのだが、マスターとの相性から若く猛々しい時の書文として再現されアサシンとして現れた。気を使って天地と合一し、姿を自然に透けこませるスキル「圏境」により、気配はおろかその姿や匂いさえも消失させる瞑想の極意の使い手であり、魔術理論に生きる者たちにとって“絶対に感知できない”。第五次聖杯戦争のアサシン同様、魔術を使わず人の業のみで成し得た魔技である。宝具は「无二打」。気で自らのテリトリーを作り対象の「気を呑む」ことで、勁力だけでなく相手の迷走神経反射を誘発させショック死させる。「二の打ち要らず」という彼の称号がカタチになったもので、明確には武術の神髄であり宝具ではない。
Fate/EXTRA – Wikipedia

能力

最大の特徴は「圏境」と呼ばれる技。これは本来気を巡らせることで周囲の状況を把握するものだったが、彼はこれを極めており、完全な体術によって気を支配して世界と一体化することで存在を消滅させる。この状態にある書文は一切認識することができず、結界や魔術、その他の探知手段も全く通じない。

その上、彼の拳はサーヴァントを即死させるほどの力があり、もし直撃を避けても当たりさえすれば回路をズタズタに破壊されて立っていることすら出来なくなり、マスターからの魔力供給も受けられなくなって消滅してしまう。

この圏境も彼にとってはあくまで拳法の一環であり、真っ向勝負でも最強クラスの強さを持つ。本人に言わせるところでは八極拳とは六合大槍の扱いを学ぶための前段階に過ぎないというのであるから、ランサーとして召喚された場合の実力は相当なものと推測される。
アサシン(Fate/EXTRA) (あさしん)とは【ピクシブ百科事典】

2位 ランサー(Fate/stay night)

真名:クー・フーリン


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413489225265903

身長:185cm / 体重:70kg
地域:アイルランド
属性:秩序・中庸
性別:男性
イメージカラー:青
特技:魚釣り、素潜り、山登り
好きなもの:気の強い女、無茶な約束 / 苦手なもの:回りくどい方針、裏切り
天敵:ギルガメッシュ、アーチャー

槍兵の英霊。高い瞬発力と白兵戦の能力を備え、紅い魔槍を持つ。マスターから偵察任務を命じられており、主に単独で行動する。根は実直で、口は悪いが己の信念と忠義を重んじる英霊らしい英霊と言える。物語の始まりにおいて、戦いを目撃した一般人として聖杯戦争の掟に則り士郎を殺そうとした。
真名はケルト神話における大英雄で、アイルランドの光の皇子・クー・フーリン。死力を尽くした戦いを求めて召喚に応じた。
宝具は、必中必殺の呪いの槍を使用して因果を逆転し、「敵の心臓に命中している」という事実(結果)を作った後に攻撃(原因)を放つ対人宝具「刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)」と、この槍の呪いの力を最大解放し助走から高々と飛びながら投擲し、炸裂弾のごとく使用する対軍宝具「突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)」
Fate/stay night – Wikipedia

刺し穿つ死棘の槍

ランク:B
種別:対人宝具
レンジ:2~4
最大捕捉:1人

ランサーが編み出した対人用の刺突技。
真名解放すると槍の持つ因果逆転の呪いにより「心臓に槍が命中した」という結果を作ってから「槍を放つ」という原因を作る。つまり必殺必中の一撃を可能とする。生物の急所である心臓を穿つ為、仮に「約束された勝利の剣」に耐える者でも確実に相手を死に至らしめることが可能。
それでいて、魔力消費も少なく、一対一ならば六連戦(自分以外のサーヴァント全員と対戦)しても魔力を補充しなくて良いことから、対人戦に非常に効率がいい。
なお、その因果操作を回避しても、ランサー自身が放つ神速の槍さばきを躱さねばならず、負傷と回復阻害の呪いを残される。

ちなみに、発動したと同時に「心臓を貫いたという結果」が成立している為、仮に放った直後でランサーが死んだとしても、槍はひとりでに動いて相手の心臓を貫く。芸達者なアーチャーですら、発動体勢になったら発動されないよう必死に下がるしかない。

防ぐには槍の魔力を上回る防壁を用意するしかなく、回避に必要なのは敏捷性ではなく、幸運の高さ。
刺し穿つ死棘の槍 (げいぼるく)とは【ピクシブ百科事典】

彼がこの順位なのは性格のよさや裏切りの心配は絶対に無く、魔力消費は低く、耐久性が凄く高く、尚且つ一撃必中の宝具や対軍宝具も備えている点を評価してます。

1位 黒のアーチャー(Fate/Apocrypha)

真名:ケイローン


https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001/2149413492125374003

身長:179cm / 体重:81kg / 血液型:不明 / 誕生日:不明 / 属性:秩序・善
パラメータ: 筋力:B / 耐久:B / 敏捷:A+ / 魔力:B / 幸運:C / 宝具:A
保有スキル: 対魔力:B / 単独行動:A / 千里眼:B+ / 心眼(真):A / 神性:C / 神授の智慧:A+
Fate/Apocrypha – Wikipedia

性別:男性
イメージカラー:草色
特技:分かりやすくてたちまち力がつく授業
好きなもの:人を教える / 苦手なもの:酔った者同士の争い
天敵:ヒュドラ

広大な森のような清冽な気配を持つ青年。真名はギリシア神話に登場する半人半馬の怪物ケイローン。多くの英雄達を育ててきたケンタウロス族の大賢者。本来は神を両親に持つ神霊だが、不死性を捨てたことで完全な「神性」を失い、英霊として召喚可能になっている。本来の姿では真名が容易に露見してしまうため、一部ステータスの低下を代償に人の姿で召喚された。誰に対しても礼儀を持って接する好青年で、常に柔らかな物腰を崩さない。黒の陣営では参謀役を務め、マスターだけでなく、サーヴァント達からの信頼も厚い。自身のマスターのフィオレとは教師と教え子という良好な関係を築けている。
夜空に燦然と輝く射手座の原型である彼は、世界で最も有名な弓使いであり、弓の使い手として最高水準の能力を持つ。また神々から様々な智慧を授かり、医神と謳われたアスクレピオスを育て上げた彼もまた熟練した医術の知識を心得ており、専門外であるはずのホムンクルスの状態を正確に把握し、彼の余命まで診断する。また、戦術眼も極めて高く、黒のランサーから前線の指揮を任されている。
Fate/Apocrypha – Wikipedia

ギリシャ神話において多くの英雄たちに教えを授けた、ケンタウロス族随一の賢者である。
彼の教えを受けた英雄はいずれも名高く、ヘラクレス、カストール、イアソン、アスクレピオス、そしてアキレウスなどがいる。ユグドミレニア陣営においても彼の智慧は重視されており、陣営トップの”黒のランサー”からも「大賢者」と呼ばれ、大戦における参謀役として作戦立案、現場指揮に携わる。
また後に医神とまで謳われたアスクレピオスを教育しただけはあって、医術については練達している。
ケイローン(Fate/Apocrypha)とは (ケイローンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

宝具

天蠍一射(アンタレス・スナイプ)
ランク:A
種別:対人宝具
レンジ:5~99
最大捕捉:1人
天空の射手座から放たれる矢によって相手を射抜く。威力と精密性においては彼の持つ攻撃手段の中でも随一。

更に特筆すべきは、空にある射手座は「既に矢を番えて引き絞っている」ため、ただ標的を定めるだけで良く、本来は弓という武具には必ず存在するはずのタイムラグをゼロにした射撃が可能。また、ケイローンが死亡した際も、1ターン後に自動発動する。
ケイローン(Fate) (けいろーん)とは【ピクシブ百科事典】

彼の1位は作品を読んで頂けると間違いが無いと思えるでしょう。性格、実力は勿論、魔力消費の激しく無さそうな点も素晴らしく医術スキルも高いところです。彼こそが最も優良なサーヴァントで決まりだと思います。

https://matome.naver.jp/odai/2148014122651748001
2017年05月18日