エンタープライズ向けCMS比較 2016年度版

tanaka76

コンテンツ管理システムとは

コンテンツ管理システム(CMS、または「ウェブコンテンツ管理システム」の代わりにWCMS)は、ウェブサイトのコンテンツを管理および展開するために使用されるシステムです。通常、CMSは、HTMLを知らないコンテンツマネージャまたは作成者が、ウェブサイトを更新する開発者の専門知識を必要とせずに、サイトからコンテンツを作成、編集および削除することを可能にする。 CMSは、ブログ、ニュースサイト、eコマースサイト、イントラネット、または企業Webサイトの実行によく使用されます。本まとめ記事では、主にTrustRadiusとG2Crowdのデータを使用されていますので詳細にご興味のある方は直接各社のHPをご確認ください。

CMSのフィーチャーと機能

一般的に、CMSにはコンテンツ作成を簡略化する機能が含まれているため、技術者以外の人が、インターフェイスの操作やコード作成に慣れるのではなく、コンテンツの配信に集中することができます。 WYSIWYG (what-you-see-is-what-you-get) エディタ、ページテンプレート、およびWebサイトテーマのライブラリは、コンテンツ作成に役立ついくつかの機能です。その他の機能:

・コンテンツのバージョン管理とアーカイブ
・モバイル最適化/レスポンシブデザイン
・ワークフローの公開
・フォーム生成
・コンテンツスケジューリング

エンドユーザーにコンテンツを迅速に配信するためのページキャッシュや機能、コンテンツの海にある特定のアイテムの検索を容易にする検索ツールや分類機能(タグ付けなど)が一般的です。コンテンツの管理に関連するその他の機能には、

・資産管理(画像、記事など)
・SEOのサポート
・ブラウザの互換性
・バルク管理
・電子商取引/ショッピングカート機能
・コミュニティ管理(コメントなど)

さまざまな顧客ベースや複数のロケーションにまたがる多くのエンドユーザーにアプローチするために、一部のCMSベンダーは、コンテンツのローカライズ、地域化、パーソナライズ、マルチチャネル、マルチ言語、モバイルアクセス可能なコンテンツの提供を可能にします。その他のプラットフォームとインフラストラクチャの機能は次のとおりです。

・ユーザー権限
・API
・アナリティクスツール
・コンテンツのインポート/エクスポート

グローバルでのソフトウェアの比較サイトです、以下の比較がWebやPDFで見ることが出来ます。


https://matome.naver.jp/odai/2147926929390754101/2148057975426606703
CMSスコアマップ
購入希望者によるエンドユーザーの満足度と調査頻度に基づいて製品を比較する2次元のグラフです。中小企業や企業は非常に異なるニーズを持つことができるため、企業規模でデータをフィルタリングできます。
高評価のCMSはWordPress, Kentico Software, Acquia, Adobe Experience Manager, Sitecore, Drupalなどが含まれています。そのうち日本市場にもよく聞かれるものは:Adobe Experience Manager, Sitecore, Drupal, WordPress, Concrete5, Kenticoなどがあります。

https://matome.naver.jp/odai/2147926929390754101/2148057975426607103
CMS比較一覧
TrustRadius社の調査によるデータです。
※会員登録が必要です

※TrustRadiusは、購入者とベンダーの両方にサービスを提供するビジネステクノロジ分野て最も信頼できるレビューサイトの一つです。購入者は、不偏で洞察に満ちたレビューに基づいて、より良い製品決定を下すことができます。また、販売店やマーケティングチャネルを通じて、顧客の本物の声を拡大し、活用することもできます。ソフトウェアディレクトリとは異なり、TrustRadiusはコンテンツの品質とデータの整合性を最適化します。TrustRadius社のレビューは平均して400語を超え、業界平均の約4倍です。 TrustRadiusのすべてのレビュー担当者は認証されており、公開前に調査チームによって審査されます。また、選択バイアスを訂正することで、真の顧客感情を表す製品スコアを確実に提供します。
TrustRadiusについて

日本で使われている主なビジネス向けCMSを比較してみましょう。


https://matome.naver.jp/odai/2147926929390754101/2148057975426607603
2016年日本語対応クローズドソースCMS比較

比較対象ソフトウェア:

・Kentico Software
・Oracle Webcenter Content
・Adobe Experience Manager
・Opentext Teamsite
・Sitecore Web Experience Manager

各CMSの公式サイトへのリンクは本記事の下に引用されています。

様々なCMS比較は上記のサイトで比較できます。

ビジネス向けCMSカテゴリーに分類できるために、製品は以下の条件を満たす必要があります。

・ビジネスコンテンツを複数のファイルタイプに格納する
・ユーザーが文書にアクセスしたり、編集したり、同期したり、共有したりするための事前設定されたオープン環境を提供する
・顕著なコラボレーションツールの機能
・共通のECMおよびDAM製品へのAPIによる統合を提供

クローズドソースCMSの主な利点と欠点について

クローズドソースCMSの長所

・セキュリティ:このタイプのCMSソフトウェアは独自のものであるため、これらのアプリケーションはより厳密なテストプロセスを経るため、トロイの木馬やその他のセキュリティ上の欠陥に対する脆弱性が低くなります。

・カスタマイズされたサポート:サイトの問題のトラブルシューティングに役立つ、継続的なパーソナライズドサポートを受けることができます。多くの場合、このサポートは追加費用がかかります。

クローズドソースCMSの短所

・コスト:CMSの範囲と規模に応じて、コストは数千ドルから数十万ドル以上に及んでいます。

各CMSの主なメリット・デメリットについて

メリット:
•開発者向けの強力な開発プラットフォーム
•コンテンツエディタで使いやすいフル機能のソリューション
•カスタマイズ/統合しやすい
•高スケーラビリティ
•グローバル化(多言語対応など)
•複数サイトのサポート
•手厚いサポート
•コストパフォーマンス
•7日間バグフィックスポリシー

デメリット:
•国内ではまだよく知られていない
•バージョン9まで稼働スピードが遅いときもあった

メリット:
他のWCM製品のページ中心アプローチに対するコンテンツ中心のアプローチ
•複数サイトのサポート
•テンプレートデザインの柔軟性
•自動デバイス検出によるモバイルサポート、およびそれを無効にするオプションにより、ニーズに適したアプローチの選択を制御できます
•バニティURLはサポートされています
•開発者ツールはサポートしています
•動的機能のためのJavaベースのカスタムコーディングのサポート
•幅広いパーソナライゼーションサポート
•スケーラビリティが高い
•高価格堅牢性

デメリット:
•時には読み込みに失敗する管理者のアプレットの使用。
•資産を構築するためのSalesforceのようなオブジェクト管理ウィザードの欠如。
•同期処理を非常に面倒にする資産属性の同期に依存する。
•手動の努力が必要な同期のための継続的な統合サポートの欠如。
•キャッシングにはいくつかの問題があります。
•高価格

メリット:
•開発者にとって大きな柔軟性を提供する
•スケーラビレィティー
•作成者用インスタンスは非常に使いやすい
•シームレスなワークフロー
•マルチサイトのMSMサポート
•デジタル資産管理
•直感的なインターフェイスとモジュール化

デメリット:
•外部のコンサルタントが非常にコストがかかるため、社内でのトレーニングが必要
•スコープによると導入するには時間が掛かる
•コストが高い
•ウィジェットのカスタマイズは難しい
•カスタムダッシュボードを作成する機能がありません

あまり評判の情報が無いので、Wiki を御覧ください。

メリット:
•柔軟性が高い
•マーケティングオートメーション
•パーソナライゼーションと関連性が高い
•Webエンゲージメントマーケティング
•予測分析
•トラフィックの多いサイトでの使用が可能
•コンテンツエデ機能が使いやすい

デメリット:
•導入しにくい
•導入コストが高い
•トレーニングが必要
•中小企業向け製品ではありません

https://matome.naver.jp/odai/2147926929390754101
2016年12月08日