金沢行ったら食べてみまっし!のどぐろ飯【いたる】

ties.mirai
北陸新幹線の開業で東京からも日帰りで金沢へ観光に行けるようになりました。金沢へ行ったら是非食べて欲しいのが「のど黒めし本舗いたる」の、のど黒めしです。超有名店なので予約して行ったほうが良いと思います。

金沢にある有名店で名物の高級魚、のどぐろの専門店です。金沢駅から車で10分ほどのところにあります。大きく描かれたのどぐろの絵が飾られた店内は和の雰囲気と広々としたキッチンカウンターが特徴的。
のど黒めし本舗いたる(金沢/釜飯) – Retty

のど黒めし本舗いたる
「のど黒めし本舗いたる」の“売り”はもちろん「のど黒」。暖簾には店名ではなく「のど黒」と。覚悟のほどが感じられます。
「のど黒めし本舗いたる」の店内
店内へは靴を脱いで入ります。入るとまず長いカウンター。奥にテーブル席。
オープン以来、観光客を中心に人気で休日には行列が出来るほどです。

人気メニューの「のど黒めし(2800円)」は、ひつまぶしのように最初はそのまま、次に薬味を添えて、最後にのど黒の出汁でいただきます。釜飯のようなスタイルで提供され、ふたを開ければ、ご飯が見えないくらいにびっしりとのどぐろの炙りが並べられています。
のど黒めし本舗いたる(金沢/釜飯) – Retty

のど黒飯
蓋を開けると目に飛び込んでくるのど黒の炙り。釜ぎっしりに詰まったのど黒は食欲を刺激します。

新鮮なのど黒を切り身にしてご飯に並べ、珠洲の塩を振ってバーナーで炙ってありますので、口に入れた瞬間押し寄せてくる香ばしさったらない。「白身のトロ」と言われるだけに、身に脂を蓄えているため、炙って滲み出した脂がご飯に絡むのも美味。塩で引き立てられたのど黒の甘さが、炙りの香ばしさに合わさってバーンと口の中に広がります。
“のど黒めし本舗いたる”北陸新幹線金沢開業の本日オープン!炙りのど黒めしはひつまぶし方式で!|あすかりんの恋味敬食(こみにけいしょく)

ひつまぶしのように3通りの食べ方で食べるのど黒めし。美味しく大満足の料理で本当に食べて良かったと思いました。
[Å] 金沢グルメ のど黒めし本舗「いたる」ののど黒めしは食べなきゃ損! | あかめ女子のwebメモ

脂が程良く乗ったのど黒。香ばしい香りが一口食べるだけで口の中に広がり、自然と心の底から「おいしい!」の一言が出ました。

炙ったのど黒の香ばしさや、脂身の上品な甘みがご飯と絡まって、極上の味わい。
のど黒めし本舗 いたる(ノドグロメシホンポ イタル) のスポット情報 | 金沢日和

ご飯は柚子胡椒と大葉と味噌を混ぜ込んでいます。その上には、炙られてノドグロの脂が上品に、かつ香ばしくなった「白身のトロ」とも称されるホクホクの身が「これでもか!」という具合に並べられています。見た目も豪華な「のど黒めし」です。
いまや石川の名物!?高級魚ノドグロの専門店柿木畠「のど黒めし本舗 いたる」は三度楽しめるのど黒めし: あさぴーのおいしい独り言

二杯目は、薬味を乗せて食べます。とくにワサビとの相性がよかったです。
3杯目は、土瓶に入れられた、薬味+ノドグロの骨などから余すことなくとった出汁をかけて食べます。

お昼はのど黒めし一本で勝負の様子。でも、骨せんべいも馬鹿ウマなので是非とも。
のど黒めし本舗いたる「のど黒めし一本で勝負の様子。でも、骨せんべいも馬鹿ウマなので…」:金沢

Information
のど黒めし2,800円
住所
石川県金沢市柿木畠2-8
問い合わせ先
076-233-1147
詳細データ
営/12:00~14:30(L.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.20:30)
休/日曜(月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)
席/カウンター14席、テーブル19席
公式サイト
『のど黒めし本舗 いたる』のサイトへ
のど黒めし本舗 いたる(ノドグロメシホンポ イタル) のスポット情報 | 金沢日和

https://matome.naver.jp/odai/2147917661531779001
2016年11月17日