宮﨑駿がドワンゴ川上会長に激怒!「極めて不快」「生命への侮辱」裏に鈴木Pの策略?

chikuwaaaaan
宮﨑駿がドワンゴ川上社長のプレゼンを一刀両断!AIが作る気持ちの悪い動きというものを見せたドワンゴ川上に対し生命の侮辱だと一蹴した宮﨑駿に賞賛の嵐!さらに実は鈴木Pの策略だったのではという話も!

2016年11月13日のNHKスペシャル「終わらない人 宮﨑駿」

引退したと思われている宮﨑駿氏に密着したドキュメンタリー
実は短編アニメを製作中の宮﨑駿

その中のワンシーンでドワンゴの川上社長がプレゼン

ドワンゴのアニメーションの説明をしにきたドワンゴ川上
自信満々で挑んだようです。
AIには痛覚がなく頭が大事という概念を省いた動きができる
すると、人間には想像がつかない動きをアニメに再現できる。気持ち悪い動きが出来ます!と自信満々の川上会長
これをゾンビゲームに使えます!といった内容でした。
もしかしたら宮﨑駿監督作品の生物の気持ち悪い動きに使えるんじゃないかと思ったのではないでしょうか。
なんであんな作例だったのか不思議だけど、ドワンゴ川上会長側としては「宮崎駿はナウシカの王蟲とかもののけ姫のタタリ神とか気持ち悪いの描いてるからこういうの好きなんじゃね?」と思って見せたのかも。でも本質がわかってなかったという #NHKスペシャル
タタリ神・王蟲は気持ちわりいからゾンビもいけるでしょ!と思ったんだろうという意見
コレに対して不快感を表す宮﨑駿
宮﨑駿はこうした痛みのない、人間性の乖離したものを嫌うのは作風を見れば分かること。
「極めて不愉快ですよね」
「障がいのある友達とはハイタッチも困難である」というエピソードを交え、「人の痛みのわかっていない」と激怒。静かに淡々と不愉快と述べた。
「勝手にやってくれ、手を組む気はない」
「極めてなにか生命に対する侮辱を感じます」
言葉に詰まるドワンゴ社長の川上さん

「よく言った」「スカッとした!」と賞賛の嵐

つかれてるひと@hiroukonpai

ドワンゴ川上「GCでこんなん出来ますよwwドュフフww(地面を這い回る気持ち悪いゾンビのCG)」
宮﨑駿「僕はこれ全く面白いと思わない、生命に対する侮辱です。」
ドワンゴ川上「コレハ…ソノ..アクマデジッケンテキナモノデ。。。」

クソワロタ

@sinobintage

あんな醜悪な映像を「命」を描き続けてきた宮崎駿に見せたらどんなレスポンスが来るか、一瞬でも頭を過らなかったあと、自信満々なドワンゴ川上さんの表情がみるみる強張っていくのを見ながら思いました。#NHKスペシャル
パヤオに不愉快とバッサリ切り捨てられて、青ざめるドワンゴ川上の顔を見てざまーみろとは思いました(ニコ厨感

kin_me@kin_me

ドワンゴの代表取締役・川上量生が身体障害者を連想させるCG動画を作成し、宮崎駿に見せたところ、宮崎が「私にも身体障害者の知り合いがいる」と言って不愉快であると主張した。これについては宮崎駿の言う事が説得力ある。
ドワンゴの川上が宮崎駿にキモいCGドヤ顔で見せてブチ切れられた後青ざめて泣いててワロタwパヤオGJだわ最高にスカッとした
しかしあのアホはこうなることが予測できなかったのかな小物過ぎる

ぽつねん@POTU_NEN

(颯爽とドワンゴ川上会長が表れて宮崎駿に下品だときっぱり言われたこの特集番組にまったくもって必要ない一連の流れは見てて面白かったです)
9時半からそれ見てたんやけどさ
ドワンゴの川上さん達が作った人工知能のやつを宮崎駿に見せてパヤオ激おこやったね
生命の痛みを考えることしてないやろ的なこと言ってさ
最終的にやる気になってたね

hayuru@trustnoone_u

ドワンゴ川上氏が「人工知能は痛みの感覚がないので早く動くという命令に頭や手の甲でも使う気持ちの悪い面白い動きをする」と得意気にCGのプレゼンをした。薬の副作用で思う様に身体が動かない時の自分の様で哀しくなった瞬間宮崎さんが不快で人間に対する冒涜だと言ってくれた。#NHKスペシャル

コード@clodostudioisot

ドワンゴの川上さんとやっぱりぶつかってる正反対なんだよみやざきさんと
宮崎駿の私も観てたんだけど、宮崎駿があまりにも真っ当にドワンゴ川上にキレてて、宮崎駿そこまで好きじゃないけど流石と思った。

かつかつ主夫@katsu2_shufu

宮崎駿にキレられた川上量生他ドワンゴの面々、多少同情する部分はあるけど、人の形態をした生物の身体表現としてああいうものをパヤオに見せちゃうってのはさすがにちょっとなぁと思う。
#NHKスペシャル

鈴木敏夫が長編アニメーションを書かせるモチベーションアップのため、わざと見せたのでは?という意見も!

たられば@tarareba722

Nスペ『終わらない人 宮崎駿』すごい。ドワンゴ川上会長からAIで作った「痛みを感じないから早く移動するために地面との摩擦を厭わない、這いずるゾンビのCG」を見せられて「これは生命の冒涜であり、自分の作るものに繋げようとはまったく思わない。やりたければ勝手にやって」と一喝してからの

たられば@tarareba722

長編企画案を鈴木敏夫プロデューサーへ提案。川上会長、単に宮崎監督に怒られただけでなくって、あの「痛みを感じない不気味な動きへの不快感」が宮崎駿監督を再起へと動かしたのかもしれないと思うと、いい仕事したんじゃないかと思えるなー。
鈴木敏夫が若いCGアニメーターとドワンゴを生贄に捧げて宮崎駿をその気にさせるまでを描くドキュメンタリーでしたね。悪魔の所業! 最高! #nhk
そして事前に知っていただろうに追い打ちをかける鈴木敏夫。
宮崎駿の元気がなくなるとどこからか生き餌を持ってきて食べさせ元気にする鈴木敏夫

KO.ma.@koma14

ドワンゴ川上氏があれを宮崎駿を見せた件に自分は鈴木敏夫の深謀遠慮を感じたりもするわけですよ。川上氏と鈴木敏夫を師弟関係なんでしょう、だったらもう何だか推して知るべし。宮崎駿の深奥に再び火をつけたと。嗚呼。また宮崎駿の新作長編を見ることが出来たら幸せだなあ。#NHKスペシャル

宮﨑駿 この1件で火がついた?長編アニメーションの可能性

長編映画の現場から身を引くと宣言した宮崎だが、その創造への意欲は実は衰えていなかった。新進気鋭の若きCGアニメーターとの出会いから、初めてCGを本格的に使い、短編アニメで新たな表現への挑戦を始めた。だが、映画作りは難航し、制作中止の危機に直面する。宮﨑アニメ初となるCG短編制作の舞台裏を、カメラが2年にわたって独占取材した。
宮﨑駿監督引退宣言から3年、新たな挑戦をカメラが追った | マイナビニュース

宮﨑駿、20年前から映画化を望んだ毛虫の「ボロ」の企画をCGで制作へ pic.twitter.com/ou8tFhjN6f
幻の企画「毛虫のボロ」をCGで!
現在作成中のCG短編アニメ「毛虫のボロ」はジブリ美術館で公開予定
宮﨑駿がドワンゴ川上への怒りを長編アニメーションへの動機に!?
Nスペ内では2019年公開を匂わせるシーンもありました。
引退したと思われた宮﨑駿の長編アニメーションを再び見れる日が来るかも!

終わらない人 宮﨑駿
再放送 2016年11月16日(水)午前0時10分~0時59分(15日深夜)総合
NHKスペシャル

再放送は11/16の0:10〜です。

https://matome.naver.jp/odai/2147904192348170901
2016年12月14日