「AK-69」 Def Jam Recordingsと契約!!!!!!

せいかつやさい
Def Jam Recordings

AK-69がヒップホップレーベル、Def Jam Recordingと契約を結んだ。

Def Jam Recordingsは1984年にラッセル・シモンズとリック・ルービンによって設立されたレコードレーベル。Public Enemy、Beastie Boys、Run-D.M.C.、LLクールJ、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、リアーナ、ジャスティン・ビーバーら、多くのアーティストの音源を発表している。2000年代には日本支社・Def Jam Japanが設立されるも近年は休止状態にあったが、このたびDef Jam Recordingの名前で再始動し、第1号アーティストとしてAK-69と契約した。

今回の契約についてAK-69は、自身の活動を「『インディペンデント』であること、つまり『自分にしか出来ないこと』」にこだわるものだと評しながら、「俺がガキの頃から憧れ続けてきたこの金看板も、元はNYの片隅で産声を上げた『インディペンデント』なヒップホップレーベル。そのレーベルとしかサインは考えられなかった、と改めて思います」とコメントしている。

左からフェイゼル・デュラーニDef Jam Recordings 取締役、AK-69、スティーヴ・バーテルズDef Jam Recordings CEO。
https://matome.naver.jp/odai/2147849836484972501
2016年11月07日