鳥取県で震度6弱の地震発生 さらなる大地震の予兆の可能性もあるので注意しましょう

knowledgium

平成28年10月21日14時12分 気象庁発表
21日14時07分頃地震がありました。
震源地は鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.6と推定されます。
気象庁|地震情報

地震による津波の心配はないという。
鳥取で強い地震、震度6弱 – 産経WEST

気象庁によると、震度4以上が観測された地域は次のとおり。

■震度6弱=鳥取県中部
■震度5強=鳥取県東部、岡山県北部
■震度5弱=鳥取県西部、島根県隠岐
■震度4=京都府北部、大阪府北部、兵庫県北部、兵庫県南西部、兵庫県淡路島、島根県東部、島根県西部、岡山県南部、広島県北部、広島県南東部、広島県南西部、香川県東部、香川県西部、山口県東部
鳥取県中部で震度6弱の地震 – 西日本新聞


https://matome.naver.jp/odai/2147702703263095601/2147702743263422403

震源は浅いようですが広範囲で大きな揺れを観測しています。今後の情報に注意してください。

中国電力によると、21日14:20現在、鳥取県の広域で停電が発生しています。現在、復旧作業が行われています。

鳥取県で震度6弱の激しい揺れを観測した地震について気象庁は午後3時40分から会見を開いて地震のメカニズムや今後の警戒点について説明することにしています。

https://matome.naver.jp/odai/2147702703263095601
2016年10月21日